2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 平成22年4月11日 松倉山、片倉山、鎌倉山 | トップページ | 平成22年4月25日 飯盛山(那須) »

2010年4月19日 (月)

平成22年4月18日 於呂倶羅山

栃木の山の中でも最難関の部類に入るであろう高薙山に登ろうと検討した。残雪期の今頃が最適か。山王峠から於呂倶羅山に登り、稜線伝いに高薙山へ行くルートがいいと思われた。やんちゃオヤジさんと相談し日程を決めた。懸念材料のひとつは林道が光徳ゲートで通行止めのため、於呂倶羅山の登り口まで歩かなければならないこと。さらには16日から17日にかけて雪が降ってしまったことだった。

結局は慣れない雪道歩き、スノーシュートラブル等々あってやっと於呂倶羅山に辿りつけただけだった。もし一人で歩いたら林道歩きで帰ってきていただろう。やんちゃオヤジさんにただただ感謝感謝の一日だった。

於呂倶羅山(2020.4M)

前夜いつもよりかなり早く床についたが、何故か殆ど眠れず、ボーっとした頭で起き出し、約束の時間を間違え、30分以上も早く待ち合わせ場所に到着してしまった。幸いやんちゃオヤジさんも早く姿を現し、予定より早目に出発した。

まだ暗い中光徳のゲートに到着。スノーシューを装着して歩き出す。林道を行けばよかったのだが、山王峠と光徳を結ぶ遊歩道?を歩こうと右往左往してしまった。さらにスノーシューの固定がうまくいかずすぐ脱げてしまうというトラブルでその都度立ち止り装着しなおしたりして焦ってしまった。

スノーシューはあきらめつぼ足でやんちゃオヤジさんのトレースを追うことにした。はっきりした道も分からず、道らしき所を歩いていくが、GPSで確認するとどうもおかしい。ここでも行ったり来たりしながら結局林道まで行こうと適当に登って行った。1575m付近で林道に出合い、そこからは林道を歩いていく。2,30cmもぐる雪道は足をいつもより高く上げなくてはならないので消耗してしまった。

途中からショートカットしながら進んで行く。太郎山登山口さらに山王峠の標識を過ぎるとと前方に於呂倶羅山が見える。左のほうに高薙山らしき頂も見える。自分の中ではもうこの頃には高薙山はあきらめていた。於呂倶羅山も行けるかどうか。やっとの思いで旧栗山村と旧日光市の境界の於呂倶羅山の登り口に着いた。 歩き始めてから2時間半近く経っていた。

少し休んで取り付く。鉄塔までは巡視路を行くので歩きやすかった。その先からはテープ頼りに登る。大岩に右から登ると先に進めなくなってしまったのでこわごわと引き返して、左(南)をまいて尾根を進んだ。ここからもテープを案内に進む。雪に滑って登りづらい。雪の下の笹も厄介だった。急登をやんちゃオヤジさんの後を休み休み進む。木や笹をつかんで体を押し上げないと登るのが難しい。途中でアイゼンを装着した。10mくらい登っては休むの繰り返しでやんちゃオヤジさんに迷惑をかけながら何とか進む。

傾斜が若干緩くなると東の肩と言われている場所に到達。ここで一息つけると思ったが、あまり楽にはならなかった。これほどまでにバテるとは情けない。思わず弱音を吐くが、やんちゃオヤジさんの「おぶってでも山頂に連れていく」の言葉に自分を奮い立たせる。ザックの重さもバテの原因だろう。水分を3L近く持ってきた。殆ど用をなさないピッケルまで持ってきてしまった。ここで水1.4Lとピッケルをデポしていく。(スノーシューは既に林道にデポ)

だいぶ楽になった。あとわずかな登りだ。山頂手前の東のピークを過ぎ、前方の高みを左から注意して登って行くと木に山名板が二つあるのが見えた。やっと於呂倶羅山山頂に着いた。ここに来るまで足も攣った。これほど消耗したのは久しぶりだった。10時ちょうどだった。歩き始めてから5時間20分以上かかってしまった。

Dsc03921

山頂は絶景だ。高薙山と思われる頂が見える。かなり遠そうだ。温泉が岳の左には真っ白な白根山、その左には皇海山が見える。もちろん男体山も見える。疲れも一気に飛んでしまいそうだ。エネルギー補給をしてしばし休憩。30分近く周囲の景色を楽しんだ。

帰りは来た道を戻るだけだ。自分たちの(やんちゃオヤジさん)のトレースを辿って下りていく。東の肩から先はかなりの急傾斜で何度も5mくらい滑り落ちながら進んで行く。大岩の右を巻き終わると最後の登りで、これが疲れた身には結構きいた。鉄塔に着くと一安心。巡視路を下りて林道に下り立ちやっと人心地着いた。山頂から1時間ちょっとで下りた。

ここからさらに林道を下りていかなくてはならない。途中でデポしたスノーシューを回収。山王峠への登りもクリアし、適当にショートカットしながら下りて行った。林道には明らかに我々とは違う人の歩いた跡があった。途中からは林道を歩いていき、ゲート傍の車に戻った。朝、雪に覆われていた道も一部路面が露出していた。於呂倶羅山登り口から約1時間半だった。

今日は一人だったらすぐに引き返していただろう。山頂を踏むことができたのはやんちゃオヤジのおかげである。ずっとラッセルをしていただき、本当に有難うございました。

Photo

« 平成22年4月11日 松倉山、片倉山、鎌倉山 | トップページ | 平成22年4月25日 飯盛山(那須) »

日光の山」カテゴリの記事

コメント

野球親爺さん、こんばんわぁ~~~
今頃は布団の中で熟睡ですよね。
いやーー未熟なルートファイリングのせいでしょっぱなから出鼻を挫いてしまい申し訳なかったです。
今にして思えば、林道を辿って適当にショートカットしてればもう少しは楽だったにと反省してます。
それにしても、於呂倶羅山からの眺めは最高でしたね^^
おかげ様で想い出に残る山行となりました。
ありがとうございます。
次回の高薙山も楽しみましょう。

やんちゃオヤジさん。こんばんは。
どのみちあの雪では私には高薙山は無理でした。
確かに於呂倶羅山山頂からの眺めは良かったです。
晴れ男さんのお陰です。
高薙山の無雪期の藪こぎもまた楽しからずや、でしょうか。
よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/34299449

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年4月18日 於呂倶羅山:

« 平成22年4月11日 松倉山、片倉山、鎌倉山 | トップページ | 平成22年4月25日 飯盛山(那須) »

最近のトラックバック