2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 平成22年8月13日 中山、東山(佐野) | トップページ | 平成22年8月16日 日光白根山 »

2010年8月16日 (月)

平成22年8月15日 龍蓋山(旧黒羽町)

以前しぼれさんが黒羽10名山を完登したと報告されていたような記憶があった。改めて見てみるとすべて登られていた。そのうち龍蓋山が近くて取り付きも簡単そうだった。ネットで検索すると黒羽山の会が最近HPを立ち上げたようで、そこにももちろん10名山は載っていて、龍蓋山も書かれてあった。どちらの報告も流し読みをして、地形図を見て大体のルートを思い描いてみた。

龍蓋山(371.1M)

たぶんしぼれさんたちが駐車した場所の近くに停めたと思う。山の方には墓地があってそこを歩いていくと墓地の先は踏み跡があって進むと尾根に乗った。山頂の手前に岩があって好展望になっていた。生憎、遠望は利かなかったが、岩があるとは思ってなかったのでしばし開放された気分であたりを見回していた。(名前のある岩のようです。案内板は見かけませんでした。)そこから少し登るとあっけなく三角点峰の龍蓋山に着いてしまった。山名板はカワスミさん、RKさんのものが同じ木につけられていた。ふと下を見ると裏返しになった黒羽山の会の山名板が倒れていた。記念撮影をして立てかけておいた。

Dsc00326

このまま戻るのもあっけないので372ピーク、414ピークまで行ってみた。414ピークまで杣道だか分からないが、道型があった。372ピークの東の下には作業道があった。火の用心の看板が何カ所かに見られた。どちらのピークにも名前を示すものはなかった。

帰りでは390ピークから南に向かう尾根が350mで分岐する所で西に引き込まれやすいかもしれない。372ピークからは南に向かう。道はしっかりしているが、うっかりすると間違えそうだ。最後の西に向かう尾根から下りる所は竹が伐採されて転がっているので非常に歩きにくかった。地形図実線の林道側に下りようと思って下に向かったが、小さな沢が見えたので南側の急斜面を下りて行ったら下に祠が見えたのでそこを目指して下りたら何とか無事に下りられた。 

足慣らしのつもりで歩いたが2時間を超えてしまった。歩いている時はそれほど暑いとは思わなかったが、家に帰ると猛暑を実感した。一昨日に続いて登るべき時期を間違えている。

Photo

« 平成22年8月13日 中山、東山(佐野) | トップページ | 平成22年8月16日 日光白根山 »

八溝山系」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。駐車場所は東に向かって左の路肩で同じと思います。手前の岩は「水神岩」の小さな板がありましたがなくなってしまったようですね。414mピークから3kmほど北上した尾根末端の373m評点ピークは地元名で羽黒山、要害跡でお城のジャンルでは羽黒山城と呼ばれているようです。
合間見て南の神社マークから歩いてみようと思っています。

しぼれさん&Pさん。有難うございます。
373mピークは周囲が川で囲まれているようにも見えますね。
今度の冬にはこの界隈を徘徊して見るのもいいかも知れません。
ハンターさん達の餌食にならないように気をつけながらですが。
あ、それと「水神岩」の名板は単に見落としただけかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/36192945

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年8月15日 龍蓋山(旧黒羽町):

« 平成22年8月13日 中山、東山(佐野) | トップページ | 平成22年8月16日 日光白根山 »

最近のトラックバック