2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 平成22年10月17日 高薙山 | トップページ | 平成22年10月31日 官公山(旧黒羽町) »

2010年10月26日 (火)

平成22年10月24日 地蔵岳、夕日岳

地蔵岳(1483M)、夕日岳(1526.1M)

古峰神社の駐車場に停めて歩き出す。10分弱でゲートのある林道入口に着く。ここからは35分ほど退屈な林道歩きが続く。林道終点と思われる場所から道は狭くなっていく。少し進むとトレイルランナーが二人駆け下りてきた。さらに進むと道を倒木が塞ぐようになり、左の斜面側に延びている道を行くことになる。

基本的には沢筋を進んで行く。何回か渡渉しながら登って行く。林道終点から1時間弱で稜線に辿りつく。ハガタテ平の標識があるのでここで一休み。多少は紅葉しているようだ。地蔵岳に向かう。最初は稜線伝いに行くが、途中でロープのある薙を渡り、南西斜面をジグザグに登って行く。南尾根に乗りそのまま北上すると、山頂手前で石祠が出迎えてくれる。少し進むと山頂標識がある。展望は良くない。周囲はカラマツだろうか。多少色づいているが、間もなく黄金色に輝くのかもしれない。

Dsc01183

長居するところではないのですぐに先に進む。三つ目では夫婦連れが休んでいた。枝越しに近くに夕日岳が見える。

Dsc01197

一旦下ってゆっくり登って行くと三角点のある夕日岳山頂に着いた。北西側が伐採されていて、女峰山から男体山、日光白根山から錫が岳が良く見える。特に男体山の大きさは圧倒的だ。

Dsc01205

Dsc01218

(男体山と大真名子山)

Dsc01219

(大真名子、小さく小真名子、帝釈山、女峰から赤薙への稜線)

Dsc01216

(日光白根山、右端にちっちゃく金精山)

今日の主目的である景色を堪能しながら、腹ごしらえ。晴れではないが、遠望は利いていた。

帰りは同じ道をそのまま戻った。

夕日岳も侮ってはいけない。GPSのデータから歩行距離13km超、累積標高差1100m超だった。

古峰原P(822)-林道終点(907・912)-ハガタテ平(1005・1010)-地蔵岳(1039・1042)-夕日岳(1111・1140)-地蔵岳(1205)-P(1345)

Photo

« 平成22年10月17日 高薙山 | トップページ | 平成22年10月31日 官公山(旧黒羽町) »

安蘇・前日光の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/37403393

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年10月24日 地蔵岳、夕日岳:

« 平成22年10月17日 高薙山 | トップページ | 平成22年10月31日 官公山(旧黒羽町) »

最近のコメント

最近のトラックバック