2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

金原山 (平成22年12月30日)

佐野にある金原山は車で林道をつめれば往復30分くらいで行ける山のようだ。林道の運転が嫌いな野球親爺にはその選択肢はない。三床山からの縦走も候補に挙がったが、2年ほど前に三床山は登っていて取りあえずはもうしばらくは行かなくてもいいだろう。「オッサンの山旅」で梅園集落から登っている報告があったので、梅園集落から登る心づもりで出かけた。

登り口近くで例によって便意を催し、コンビニを探すが見つからない。以前に根古屋森林公園で用を足したことを思い出し、ちょっと遠いがそこまで車を走らせた。また引き返したが、梅園地区まで戻るのも何となく億劫になり、閑馬地区に適当な駐車地を見つけたので、そこから歩き始めることにした。

金原山(427.4M)

駐車地から舗装道路を東に向かい、山の方に行く道を辿って行く。宅地がなくなり山道になる。登りやすそうな所から取り付いて、急登をこなして尾根に乗った。北に向かって行くと315Mピーク。正面にピークが見えるので直進しそうになるが、コンパスで確認すると進路方向は左。北斜面で動物の動く音が聞こえた。まさか熊じゃないだろうが。ここからはアップダウンを繰り返し、進路は北から北東に変わり、三床山からの縦走路との合流地の400m級ピークに到達。木に「林山」の山名板がつけられていた。

Dsc01585

ここから進路は北になる。少し行くと岩場があり、そこからの眺めは良かった。良く分からないが雪の山が見えた。

Dsc01591

380ピークを下ると東側が伐採されている。鞍部には6体の石仏が並んでいた。見ると「長谷場」の文字が見え、東側の集落の名で、かつては道があったのだろう。

Dsc01595

金原山の2つ手前のピークは急傾斜でかつ落ち葉が積もって登りづらかった。登りきったところにまだ新しい石祠があった。「平成12年3月 奉納」と赤く書かれていた。

Dsc01599

ひとつコブを越えてまた登った所が三角点のある山頂だった。山名板は計3個。ここでおにぎりタイムとした。

Dsc01601

ここからどのように下りようかと考えた。金原山だから金原集落に下りようと尾根を適当につないで歩いた。漫然と踏み跡と藪の薄そうな所を歩いているうちにこのままでは宮内集落に下りてしまうことにやっと気づく。林道まで戻ってカーブミラーのある所から金原集落に向かって下りて行った。幾分枝がうるさかったようだ。集落に近づくと小さな川が見えてきた。どうにか民家と川の間にうまく下りられた。そこからは舗装道路を時々後ろを振り返って今歩いてきた山並みを眺めたりして 駐車地に戻った。

駐車地(942)-林山(1127・1129)-金原山(1210・1220)-金原集落(1310)-駐車地(1352)

Photo

2010年12月26日 (日)

飯盛山、高舘山、大網山 (平成22年12月26日)

篠井富屋連峰は歩いたことはあるが、飯盛山の南の353mピークは行ったことがない。大網山というらしい。ここだけ行くのも淋しいので、飯盛山を歩いてから大網山に登ろうと出かけた。ついでと言っては何だが、高舘山まで足を伸ばした。はっきり言って準備不足。下調べもいい加減で、いらぬ藪こぎをしてしまった。

飯盛山(501M)、高舘山(476.7M)、大網山(353M)

地形図の神社マークを頼りに行くと、下篠井公民館がそばにあってそこに停めさせていただいた。地形図の破線路を目指して戻る形で歩き出すが、道はなく明らかに民家。仕方なく戻って作業道のようなところから入って行く。何のことはない。歩いていくと神社の裏手に出た。とりあえず破線路に近づこうと高みを目指して進み尾根に乗る。330m級ピークには石の鳥居と祠があった。

Dsc01498

ここからは破線路を辿るが、殆ど人は歩いていないようで藪化していた。道標に出くわすが、あまり人は歩いている感じはしない。頼りなく見える道標に出合うと道はしっかりして、そのまま進むと飯盛山手前の鞍部に着く。ここからは急登を行き、飯盛山手前で振り返ると男体山の左に白根山が顔をのぞかせていた。

Dsc01510

飯盛山に着くと石祠がお出迎え。何故かかなり高い位置に山名板がかけられていた。周囲は枝越しに見えるが、羽黒山は良く見えた。

Dsc01512

飯盛山からは急降下。落ち葉がやっかいで滑りやすい。ロープが張られているので大助かりだった。

Dsc01520

当初は青嵐峠から下って行く予定だったが、折角だから高舘山まで行ってみた。枝越しに男体山や白根山が見えた。ここでお昼休憩とした。

Dsc01531

Dsc01532

青嵐峠まで戻って作業道を南に下るが、道が良く分からなくなり、西の方に進むと道がなくなる。前方に高みがあるのでそこに道があるはずと藪こぎすると舗装道路に出た。そこからは道路を歩く。道が南西から南東に屈曲するところあたりから353mピークに取り付こうと思ったが、少し傾斜の緩い所から登ろうとさらに進んで、分岐を右に進んだ。そこから上を見ると作業道があってそこから登って行くが、また道がなくなる。高みをめがけて登るうちに段々藪度が増してくる。うっすらと道はあるようだが、今はあまり人は歩いていないだろう。やっと平坦になり南に向かって進むと山名板だけがそれと示す大網山山頂に着いた。

Dsc01540

ここから南に進めばいいものを、北に鉄塔があるのを地形図で見て、そこに行こうと北へ進んだのが大間違い。鉄塔手前は藪が濃く、少し戻って西側の実線路に出た。そこからは大人しく道を歩いて駐車地に戻った。

大網山へは西側から登るか南側から登るかあるいは道路の屈曲部から登るかのどれかがいいかもしれない。野球親爺の辿ったルートは最悪の部類に入るだろう。最低限の下準備は必要だったようだ。下篠井からのルートは破線路はあるものの歩く人は変わり者くらいしかいないようで大分藪化していた。                  

休憩込み4時間20分

Photo

2010年12月24日 (金)

中尾根から古賀志山、坊主山 (平成22年12月23日)

前日の忘年会のため、起きるのが遅かった。遠出はしたくない気分で、しばらくぶりに古賀志界隈を歩こうと考えた。古賀志山には色々なルートがあって、マニアが沢山いらっしゃるようだ。小僧っ子の野球親爺はたいしてルートを知らない。比較的よく歩くのが中尾根と呼ばれる所で、今回もそこから登り始めた。

古賀志山(582.8M)、坊主山(395M)

森林公園の駐車場の道路側に停めた。橋を渡ってすぐに細野ダム方面への踏み跡があり、そこを辿る。いつもは南東側の鎖場から登るのだが、やや東側にも別の鎖場があったように記憶していたのでダムの方に進んで行くが、良く分からなかった。そのまま進むと「火気に注意」の看板があり、そこから踏み跡がついていたので、そこから山に入って行った。

Dsc01448

少し登り始めて、どうも考えていたルートと違うことにすぐ気付いたが、そのまま進んだ。岩が見えてきて、ここを左に行ってみる。右の岩は見覚えがある。左に行って探索すると、どうやらエスケープしてしまったようだ。引き返して岩に取り付く。縄や鎖には頼らないようにと考えるが、安易な方にすぐ流れてしまう。いくつかの鎖場や縄場を辿って行く。所々に好展望の場所はあって、筑波山が間近に見える。さらに行くと待望の富士山が見えた。親爺のデジカメではうっすらとしか映っていないのが残念だ。

富士見峠からの道との合流点の手前のピークに登る所の右手にエスケープするような道があったので、ここで楽をしようと進んで行ったら、枝尾根になり、結局本来のピークに遠回りして戻るはめになってしまった。安易な道は選ぶべきではないようだ。

分岐からは559ピークに進む。6,7人休んでいた。寒暖計は12℃だった。ここでお休み。結局、周りの人と話が弾み30分以上も休んでしまった。かなり風が冷たくなりわずかな時間で温度は8℃になっていた。お話をした人達と古賀志山までご一緒しましょうということになり、3人で歩き出した。2人は直接古賀志山に向かったが、親爺は東稜見晴らしに寄って富士山を見ようと思ったので、分岐の所で別れた。

思惑通り富士山を見て古賀志山山頂に向かった。山頂傍の展望地に行ってみたら、ここからも富士山が見えていた。初めて知った。この山頂で休むことは殆どしないので気づかなかったのだ。まあ、無粋な建造物もあって、休みたくなる場所ではないからなあ。

Dsc01473

下りのルートはその展望地の左脇から下りる道にした。ここは急な道ではあるが、東稜と違って鎖場などなく、比較的安全なコースなので最近はよく利用している。階段からのコースと合流するとすぐに林道に出合う。舗装道路を歩くのも面白くないので、標識に「200m」とある坊主山に寄ってみた。

Dsc01477_2

寄るというよりは通過するだ。その先に行くと道はないので引き返すようにとの看板があるが、自己責任で先に進む。林道を目指して適当に下りやすそうな所を下りて行く。作業している音が聞こえてきたので、作業人に出会わないように音から遠ざかるように進んで行き、小さな沢を2つまたいで林道に出た。林道を少し歩くが、また適当に道から外れ破線路に向かってごく薄い篠竹藪を行くと、破線の道に出、そのまま整備された道を歩き、駐車地に戻った。

駐車地(1035)-559ピーク(1207・1241)-古賀志山(1312)-坊主山(1331)-駐車地(1418)

Photo

2010年12月21日 (火)

百村山、三石山 (平成22年12月19日)

山に行く時間はないと思われたが、短いながら山へ行ける時間がとれた。あまり遠出はしない方がいい状況なので、車で30分ちょっとで行ける百村山にした。百村山そのものを目指して山に登る人はそれほどいないのではないか。黒滝山や大佐飛山のついでに登る山の感もある。春先はカタクリが咲くのでそれを目当てに来る人もいるだろうか。最近は黒滝山、大佐飛山へは百村山を通らずに行けるルートもできて、百村山近辺のカタクリを保護する人たちにはいいことかもしれない。

百村山(1085.2M)、三石山(1257M)

車は林道入口近くの路肩の広い所に停めた。ここに停めたのは今回で3回目くらいだろうか。支度していると犬の鳴き声とキーキーといった動物の鳴き声。ふと見ると人家の庭先にお猿さんが悠然と食べ物をくわえて歩いていた。出発して、揺れている電線を見ると同じ猿かどうかは分からないが、こちらを気にしながら動き回っていた。どうでもいいが、こちらに寄って来ないことを願う。

光徳寺脇の道を行き、数分で山道になる。つづら折りの道を行く。木は間伐されていて幾分明るい雰囲気。30分ほどで林道に出合う。ここから白笹山、南月山や流石山から三倉山への稜線が見える。少し右に行くと石の階段があって百村山登山口だ。以前より笹刈りがきちんとしてあるようだ。

ここからは尾根伝いに歩く。木の間からは塩那道路が見える。946mの展望地からは八溝山が見えるが、以前は意識していなかったので見えていたのに見なかったようだ。鉄塔を過ぎるとぶらぶら梯子からの道、巡視路が南から登ってくる。工事は終わったようで以前にあったワイヤーなどはなくなっていた。

日当たりの悪い場所は少し雪が残っていたが滑ることはない。ちょっとだけ急な所を登ってよっちゃんの山名板のある百村山に着いた。板はかなり頑丈に木に括りつけられていた。

Dsc01410

ここで引き返すのもあっけないので先に進む。雪が少し多くなったようだ。雪には良く分からない動物の足跡がいくつもあって鳥のようでもあり、猿のようでもあり、熊?のようでもあり、色々なものがあった。思わずラジオをつけて、時々声を出して歩く。

Dsc01420

近年利用度の高くなった大佐飛への新登り口への案内がしっかりあった。平成の大ブナの板はなくなっていて、寂しくブナがたたずんでいた。そこから少し登って行くとやはりよっちゃん作の山名板が風雪にさらされたのか幾分痛んで木に巻きつけられていた。

Dsc01433

長居しても仕方ないので百村山まで戻る。枝越しに旭岳(赤崩山)が見えるのを楽しみながら下って行く。百村山でおにぎりを食べて戻る。林道の手前で振り返ると大佐飛方面が見えるが、大佐飛山が見えているかは良く分からない。忘れっぽいのです。

Dsc01443

山から下りて林道を歩いていると猿が斜面を奇声をあげて駆け下ってきた。びっくりして思わず近くにあった大きめの石をつかんだが、親爺の近くにいた猿に合図を送っていたのだろうか。こちらを襲ってくる訳ではなかったようだ。車に戻ると傍の木の上で烏が人を馬鹿にしたように盛んに鳴いていた。

駐車地(953)-登り口(1001)-林道出合(1026・1027)-百村山(1109・1117)-三石山(1144・1148)-百村山(1206・1215)-林道出合(1244)-駐車地(1308)

Photo

2010年12月 5日 (日)

平成22年12月5日 半蔵山

12月2日に鎖骨バンドを外しても大丈夫と医師に言われた。12月5日を逃すと23日まで山には行けない。完治はまだだと思うが、リハビリを兼ねてちょっと歩こうかと考えた。いろいろ検討した結果、それほど遠くなくあまり長時間歩かなくてもすみそうな半蔵山にした。平成20年の1月に男抱山登山口から半蔵山に登り、羽黒山経由で下りている。途中でしぼれさん&Pさんにお会いした。(掲示板で半蔵山に登るのを知り、おっかけをした訳です。その時は山頂は雪があり、会った場所も休める所ではなかったのでほんの数分話しただけだった。もう少しゆっくりお話ができていればと今でも思っております。)今回は石那田方面から登り、周回しようと計画した。

半蔵山(502.1M)

車を停めるスペースを探していたら、仲根公民館の前にスペースを見つけ停めさせていただいた。舗装道路を東に進み6,7分で鉄塔巡視路の入り口から山に入る。そこから10分ちょっとで赤白鉄塔に到達。振り返ると男体山、大小真名子山、女峰山がくっきり見えた。

Dsc01340

そこから適当に上を目指す。途中で那須連山も見えた。425Pからの下りがやや分かりづらく、途中で篠竹もあり、それを避けるように進んだ。第2の鉄塔の先は尾根伝いに行く。480m級ピークには団体さんがいて、地図読みの講習らしく、講師の話にみんなが聞き入っている脇を通り過ぎた。半蔵山の山頂手前には道標があって、男抱山への案内もあった。そこからすぐに山頂で、三角点にはチップが埋め込まれていた。

Dsc01353

Ppdsc01355

休みながら地図を見て、これからのルートを確認していると。さっきの団体さんが来たので慌てて歩き出した。枝越しに男体山などを見ながら、羽黒山の山名板のあるピークに着く。493mと書かれているが、それは隣のピークでここは490mくらいだと思う。祠があるが前回見ているのでパス。493Pに向かう。ここからの下りが難しそうだ。コンパスをあわせると向かうべき所に赤いテープが巻かれていた。

Dsc01363

このまま下るのは藪がありそうで右から少し廻り込むように下りて行くと、左に何となく尾根らしきものが見えてくるのでそこを意識して下る。急な下りで落ち葉の滑り台になっているので注意して下りる。ここで転倒したら目も当てられない。岩の右を下って行った。

Dsc01365

(岩の左の木の間から下りてきた。下から見たところ)

下りきってから直進しないように注意。右に曲がり鞍部から登って行くと岩がありこれを登って行くと石祠があった。

Dsc01367

やせ岩稜を進み、わずかな残りもみじなどを見ながら進んで471Pに到達。池ノ鳥屋の山名板があった。

Dsc01373

少し戻って西に進む。緩いアップダウンを繰り返し、鞍掛峠への道を左へ分けて北西方向に行くと、目の前に岩があった。

Dsc01375_2 

左側から登れる。この410m級ピークから327Pへ向かう予定だ。ここでコンパスを合わせる。何回か合わせて無事正しいルートに下りられたようだ。ここからは微妙な尾根の分岐があって、コンパスで見定め、しばらく進んでGPSで確認するといった作業をして間違わずに鉄塔に到達。すぐ下に別の鉄塔があり、そこからの眺望は良かった。足尾から日光、栗山の山が良く見えた。たぶん明神ヶ岳なんかも見えているのだろうが、良く分からなかった。

Dsc01388

下の鉄塔からは数分で林道に下りられた。林道を進み舗装道路を駐車地まで戻った。

今回このルートを歩いた理由は逆コースよりもルートファインディングが難しそうだったから。また、鞍掛峠まで行くと舗装道路を歩く時間が長くなってしまうと思ったからだ。410m級ピークからの市境北上ルートは、コンパスと地形図を見ながらの歩きとなった。慌て者の野球親爺にしては全ルートを予想外にも?ほぼノーミスで回れた。右肩も多少の痛みを感じる程度で問題なかった。いつもより慎重になり却ってよかったかもしれない。こういうのを怪我の功名・・・とは言わないか。

仲根公民館(919)-赤白鉄塔(938・944)-半蔵山(1031・1038)-羽黒山(1053・1055)-池ノ鳥屋(1132・1138)-410m級ピーク(1200・1204)-公民館(1248)

Photo

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

最近のトラックバック