2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 途中山 (平成23年3月27日) | トップページ | 鳥居山(平成23年4月10日) »

2011年4月 5日 (火)

残雪の釈迦ヶ岳 (平成23年4月3日)

釈迦ヶ岳は7,8回登っているが、7月から11月にかけてしか登ったことがなかった。寒いのは嫌だが、天気予報からは今日はそんなに寒くならないようだ。出だしが遅いので、行ける所まで行けばよいと気軽に考えて出かけた。

釈迦ヶ岳(1794.9M)

色々なルートがあるが、この時期に安心して歩けそうなところとして、尚仁沢右岸コースにした。平成16年10月に歩いている。危険な所は殆どなく、急な場所は前山の手前と釈迦ヶ岳山頂の手前くらいなので、何とかなるだろう。

土上平放牧場への道から右に折れて黒沢をこえる。登山口まで舗装されているのでそこまで車で行こうとしたが、関係者以外の立ち入り禁止の看板を見て、黒沢をこえてすぐの空地?に駐車した。ふと見上げると谷筋から釈迦ヶ岳の山頂部分が見えた。

歩き出して10分ほどで登山口。木の階段があり、釈迦ヶ岳まで3時間半の文字が書かれていた。ルートはしっかり刈り払いがされていて歩きやすい。守子神社を過ぎ、緩やかな道を進んで行くと1230m付近から残雪が断続的に見られるようになり、そのうち連続する。ちょっと急な登りを行くと、釈迦ヶ岳林道への分岐の標識。

Dsc02354

この先には前山の標識が立っているはずだが、雪の下になっているのか見当たらなかった。ここで引き返すことも考えたが、もうちょっと進んでみよう。ここまでは何日か前のトレースがあったが、ここから釈迦ヶ岳までは鹿のトレースしかなかった。

適当に稜線沿いに進んで行く。目の前の高みを順々にこなして行くと釈迦ヶ岳が近くなってくる。天気もいいのでここまできたら、山頂で景色を堪能したい気持ちが強くなる。多少踏み抜きはあるが、問題ない程度。山頂が近づくにつれて傾斜が急になり、少し進んでは休むの繰り返しでかなりバテている。やっとのことで南の肩に到達。少し北に向かって進むと山名板。誰もいないし、来た形跡もなし。眺めは360度。言うことなしです。

Dsc02419

Dsc02427_2

思わず声を上げたくなるが、時節柄自重。写真を撮りまくり山座同定を楽しむ。

Dsc02396

(黒滝山から鴫内山への稜線、奥は那須連山で、左のちょこっと白いのは旭岳)

Dsc02397

(奥の中央が大佐飛山、右端の白いのは大倉、三倉か)

Dsc02398

(左は日留賀岳、白いのは鹿又1846M峰?)

Dsc02401

(七ヶ岳)

Dsc02404

(会津駒ガ岳から三岩岳)

Dsc02405

(手前鶏頂山半分、奥の白いのは燧ケ岳、手前やや奥右手明神ヶ岳)

Dsc02408

(女峰山、帝釈山、太郎山、日光白根山)

それほど寒くもなく、風も強くない。絶好の日和だった。復路は踏み抜きがだいぶ多くなり、大腿部までもぐることもあったが、何とか無事に下りて来られた。

駐車地(915)-登山口(926)-前山(1109)-釈迦ヶ岳(1251・1310)-前山(1355)-駐車地(1455)

5月下旬にもなればシロヤシオが楽しめるだろうか。

Photo

« 途中山 (平成23年3月27日) | トップページ | 鳥居山(平成23年4月10日) »

男鹿山塊・高原山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/39502017

この記事へのトラックバック一覧です: 残雪の釈迦ヶ岳 (平成23年4月3日):

« 途中山 (平成23年3月27日) | トップページ | 鳥居山(平成23年4月10日) »

最近のトラックバック