2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 馬老山 (望外のシロヤシオ) (平成23年5月21日) | トップページ | 社山(またまたシロヤシオ)  (平成23年6月5日) »

2011年5月29日 (日)

大入道、剣ヶ峰(ミツバツツジとシロヤシオ) (平成23年5月29日)

台風の影響による雨。別の山を予定していたが止めにした。時期としては多少早いかと思ったが、大入道から剣ヶ峰のシロヤシオの開花状況を見がてら、出かけてみた。

大入道(1402.4M)、剣ヶ峰(1540M)

小間々の駐車場は雨のためか一台も車はなかった。雨具や傘などの支度に手間取り歩き始めが遅れた。今はもうなにも痕跡がなくなったキャンプ場跡地の道標に従って桜沢に進む。ロープや道標があって迷いようがない。次の沢に下りて行く辺りでミツバツツジが目につきだす。シロヤシオも少し見える。

沢を渡ってから徐々に傾斜が急になって、ジグザグに進んで行く。ミツバツツジ、シロヤシオとも少し見えてきた。大入道の手前で大分多く見えるようになる。期待が持てそうだ。大入道にはちょうど1時間で着いた。

Dsc03021

先に進むとスッカン沢は雲海で覆われていて、その向こうに前黒山方面がかすかに見えた。

Dsc03044

この先からはしばらくミツバツツジとシロヤシオの競演が続く。大体剣ヶ峰までの道のりの半分くらいまでは満開状態だったが、剣ヶ峰に近づくにつれて蕾状態になっていた。見頃は来週かもしれない。

Dsc03016

Dsc03082

Dsc03113_2

Dsc03120

Dsc03122

Dsc03040

Dsc03069 

Dsc03118

剣ヶ峰の手前は笹刈りが最近行われたのだろうか、大分歩きやすくなっていた。滑りやすい道を登って行くと剣ヶ峰に到達。元から眺めは良くない。

Dsc03092

ここから八海山神社を経由して大間々から駐車地に戻るよりも、ピストンで戻ったほうがまた目の保養になるだろうとそのまま元来た道を戻った。途中で転倒して擦り傷を負ったのは仕方ないな。大入道から下りて行く時にこの日最初で最後の人に会う。こんな雨の日に登る物好きはそんなにはいないだろう。ただ、野球親爺はそんな日を選んで登った感もある。駐車場には数台車が停まっていたが、大間々の方に向かったのだろうか。

雨のお陰でまたシロヤシオを観賞することができた。濡れネズミになってしまったが、たまにはいいかもしれない。

小間々(715)-大入道(815・816)-剣ヶ峰(912・917)-大入道(1002)-小間々(1045)

Photo

« 馬老山 (望外のシロヤシオ) (平成23年5月21日) | トップページ | 社山(またまたシロヤシオ)  (平成23年6月5日) »

男鹿山塊・高原山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/40183396

この記事へのトラックバック一覧です: 大入道、剣ヶ峰(ミツバツツジとシロヤシオ) (平成23年5月29日):

« 馬老山 (望外のシロヤシオ) (平成23年5月21日) | トップページ | 社山(またまたシロヤシオ)  (平成23年6月5日) »

最近のコメント

最近のトラックバック