2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 鬼面山敗退(はるか前方に熊) (平成23年6月19日) | トップページ | 咆哮霹靂の滝、雷霆の滝 (平成23年7月10日) »

2011年6月27日 (月)

八溝山(大田原市磯上から)(平成23年6月26日)

夕方から仕事があり、天気もすっきりしない。遠出もしたくないので、黒羽10名山の最後である八溝山を登ろうと決めた。黒羽と名前がついているので、登り始めはやはり黒羽がいいだろう。「黒羽山の会」で紹介されているルートを山桜の磯上から歩くことにした。

八溝山(1021.8M)

八溝山の山頂は福島と茨城の県境にあって、栃木県境からは少し離れている。栃木県側からわざわざ登ることもないのだが、簡単に登れる山も難しく登るのが野球親爺の得意技?山桜で有名な磯上から歩くのも3回目。八溝山は初めて。

神社の左から歩き始め、1時間も経たずにゲートのある舗装道路に出合う。舗装道を少し歩いて、棺蓋ボッチに寄り道しようと巡視路のポールを見ながら歩くと、ピンクのテープの巻かれたポールを発見。巡視路は階段状になっていたのだが、藪化していて不明瞭だった。

Dsc03561

足を踏み入れるとすぐにずぶ濡れ状態。鉄塔が棺蓋ボッチと思い込んでいたので、鉄塔まで行って右往左往するが何もなし。少し手前の突起が棺蓋ボッチのようだが、例によってのいい加減な情報収集で通り過ぎてしまったようだ。舗装道路まで戻るのもなあと思い、よく見ると尾根の北側に踏み跡らしきものが見える。これが八溝古道の名残なのか。とりあえず辿っていくとそれほどのきつい藪につかまらずになんとか県境の771.2M三角点に到達。「入会山」というらしいが山名板の類はなし。三角点も草に覆われてさらに一部が欠けていた。

Dsc03568

ここからは笹薮が酷くなっていく。所々で道を間違えながら修正する形で進むが、全身ずぶ濡れで気力減退。

Dsc03574

結局3県ロータリーの手前で舗装道路に出て、大きな木の下でパンツ以外は脱いで絞りまくり。ついでにコロッケパンを食べる。

Dsc03590_2

ここからは濡れたくないので舗装道路を歩く。しばらく行くと何やら物音が聞こえる。一目で自衛隊の車とわかるそれがあった。災害派遣と書かれていた。そばに電波塔のようなものが霞んで見えていた。これと関係あるんだろうか。ちなみに人は見なかった。

Dsc03578

近くを覗くと何やら踏み跡が見える。探ると展望台への近道のようだ。ちょっと笹がうるさいようだが、それほどでもないだろうと足を踏み入れた。それはやはり間違いだったようだ。。

Dsc03588

えぐれた道はあるが、ここを歩く人はおそらく殆どいないだろう。笹が道を覆っていた。今更戻っても仕方ない。すでにビショビショなんだから。

Dsc03579

笹の海を泳いで登り、右手に建造物を見て進むと山頂に飛び出した。立派な標柱と手前には三角点となぜかケルン?が。

Dsc03582

お城のようなものがあるが、あとから来た団体さんが展望台だといって登って行った。そんなものには関心がなかったので、まったく視野に入っていなかったと言っていい。ずぶ濡れ状態をどうしようかと、それしか頭に浮かばなかった。山頂には人がいなかったので、またパンツだけの草彅某もどき状態で靴下、ズボンを絞りまくる。どうにか落ち着いてひと息ついた後に団体さんが来た。自分が山頂に来るのが5分遅れていたら、どこで濡れ鼠状態を始末しようか頭を痛めていただろう。

帰りは舗装道路を歩き、来た道を素直に戻った。

野球親爺は汗かきなので、よく着ているものを濡らすが、今日のようにずぶ濡れになったのは初めてだ。雨具も必要かな? とりあえず地元の10名山を登り終えたので良しとしよう。

往路 3時間50分  復路 2時間

Photo

« 鬼面山敗退(はるか前方に熊) (平成23年6月19日) | トップページ | 咆哮霹靂の滝、雷霆の滝 (平成23年7月10日) »

八溝山系」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
濡れネズミの野球親爺さん、ご苦労さまでした。合羽無しで歩かれたようですね。敬服いたします。
ちなみに、余計な話ですが、草彅某はサルマタまで脱いで騒ぎまくったはずだったと記憶しております。

さて、八溝山。どこかで最近、見た山だなと思っていたら、ハイトス氏が一週間前に歩かれていたのですね。こちらは茨城ルートですね。オレ的には、野球親爺さんルートにひかれますね。味があっていいですよ。雨のしたたるヤブ歩き。最高ですよ。自分には真似できませんがね。昔、「マタンゴ」という映画がありましたけど、あの世界ですかね。ご存じなければ、さっと流してください。

「お城のような展望台」。気になってハイトス氏の記事を見直しましたら、写真付きでしたね。あれでは、濡れネズミも興ざめかと。確かに、あれを見てしまったら、それまでのすべてが無に帰してしまうでしょう。

「簡単に登れる山も難しく登る」。これいいですね。ぜひお続けください。いずれ、私も後追いさせていただきます。

たそがれオヤジさん。こんばんは。
藪漕ぎする予定はなかったので合羽は持っていきませんでした。はっきり言ってバカですよね。

「マタンゴ」。調べました。だいぶ古い映画ですね。たそがれオヤジさんは記憶力が素晴らしいようですね。私なんか前の日に読んだ山行記も覚えていなんですが。

後追いされます?面白味のないコースと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/40574334

この記事へのトラックバック一覧です: 八溝山(大田原市磯上から)(平成23年6月26日):

« 鬼面山敗退(はるか前方に熊) (平成23年6月19日) | トップページ | 咆哮霹靂の滝、雷霆の滝 (平成23年7月10日) »

最近のトラックバック