2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 那須連山めぐり (平成23年6月12日) | トップページ | 八溝山(大田原市磯上から)(平成23年6月26日) »

2011年6月19日 (日)

鬼面山敗退(はるか前方に熊) (平成23年6月19日)

昨年、那須の鬼面山を「栃木の山紀行」さんルートで行こうとしたが、取りつく前に撤退した。今回また性懲りもなく同じルートに臨んだが、藪に大分時間を取られ、谷越しに見えた熊にダメ押しされてまたもや敗退となった。

昨年と同じルート。峠の茶屋から堰堤まで行き、昨年はすぐに撤退したが、今回はツツジ藪に入ってみた。濡れた笹とベニサラサドウダンをゆっくりと掻き分けて進んでいったが、滑りまくり。高度計で1600mくらいの高さまで登ったが、取りついてから1時間以上が経過。「山紀行」さんは山頂まで3時間はかかっていなかったが、野球親爺のペースは明らかに遅く、4時間近くかかりそうだ。

谷を越えていかないとと谷の先の斜面を見ると、笹も樹木もないところに黒い物体が見える。最初は何かなと思ったが、目を凝らしてみると明らかに熊!かなり離れているので、恐怖感はない。むしろ感動的ですらあった。あちら側に行くとすると近くを通らざるを得ない。半ば戻ろうと思っていた気持ちが決定的になった。5分ほど遠くから眺めていた。上を向いて何か吠えているように見える仕草もしていた。

Dsc03541

(分かりづらいですが中央の黒いのが熊です。)

あまり眺めていても仕方ないので、戻っていく。下りは早い。滑り降りていくように感じる場所もあった。戻って沢を渡るところでマイズルソウが群生しているのに気がついた。

鬼面山は今後も登れないかもしれない。

往路1時間45分 復路35分

Photo

« 那須連山めぐり (平成23年6月12日) | トップページ | 八溝山(大田原市磯上から)(平成23年6月26日) »

那須の山」カテゴリの記事

コメント

野球親爺さん おはようございます。
親子連れのように見える画像、いるんですねえ。今の時期は竹の子喰いでしょうか。お疲れ様でした。

しぼれさん&Pさん。こんばんは。
遠目だったので分かりにくいですが、1頭だったと思います。
タケノコですか。
沢のほうから登ってきたのでしょうか。
至近距離で遭遇しなくてよかったです。
鬼面山はやはり残雪期に登るしかないですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/40461619

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼面山敗退(はるか前方に熊) (平成23年6月19日):

« 那須連山めぐり (平成23年6月12日) | トップページ | 八溝山(大田原市磯上から)(平成23年6月26日) »

最近のトラックバック