2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 大入道、剣ヶ峰(ミツバツツジとシロヤシオ) (平成23年5月29日) | トップページ | 那須連山めぐり (平成23年6月12日) »

2011年6月 6日 (月)

社山(またまたシロヤシオ)  (平成23年6月5日)

今年はまだ奥日光の山へは行ってなかった。中禅寺湖畔のシロヤシオは終わっているだろうか。それを見がてら社山に行ってみた。予想以上にシロヤシオの見事さに感激した。

社山(1826.6M)

歌が浜の駐車場は釣り人のものか車が予想以上に多かった。狸窪までの道ではミツバツツジは散っていたが、シロヤシオは咲き残っていた。湖には釣り人が結構はいっていた。

Dsc03142

阿世潟まで行かずに半月峠を経由してみた。これがこの日のポイント。半月峠までシロヤシオ、それに上のほうにはミツバツツジも咲いていた。

Dsc03151

半月峠から右に針路をとる。すぐのピークに中禅寺山の山名板が。いつの頃からここにそんな名前がついたのか、はたまた誰かがつけたのか、正式名称ではないでしょう。

Dsc03167

ここからは笹道の下り。道はあるが笹の中を歩くほうが歩きやすい。いけないことだろうが。阿世潟峠までシロヤシオ、ミツバツツジは満開状態。シャクナゲも少しだけ。

Dsc03172

Dsc03181

Dsc03187_2 

Dsc03189

Dsc03190

Dsc03193_2

阿世潟峠からは400mの登り。ここからは団体さんが多い。周囲の景色は悪くないのだが、霞みがかって日光白根山はくっきり見えない。残念だ。登りも緩急があり、ひと息つける平らな場所もあるのが助かる。でもバテる。こんなところでバテるようじゃなあ。ミツバツツジは消えたが、まだシロヤシオは健在だった。

Dsc03227

南からの尾根を合わせるとすぐに山頂。樹林帯の山頂は景色が良くないが、男体山は見える。ここでは記念撮影だけ。今まで見た記憶のない山名板があった。(記憶違い?)

Dsc03218

少し西側に降りると黒檜岳に続く稜線と左には大平山が見える。今日はあちらに行く気力も体力もない。ここで一休み。そのうち団体さんでにぎやかになってしまった。

Dsc03219

ここのシャクナゲももう終わりでしょうかね。

Dsc03221

帰りは阿世潟峠から下って行った。木の階段の残骸があったが、ないほうがましの階段。意外にあっけなく阿世潟に到達。峠から阿世潟までの道にはシロヤシオはまったく見られなかった。登りに半月峠への道を使ったのはナイスプレーだったようだ。そこから駐車地までが思いの外長かった。この程度で疲れているようでは今更ながら先が思いやられる。

登り 約3時間10分   下り 約1時間50分

Photo

 

« 大入道、剣ヶ峰(ミツバツツジとシロヤシオ) (平成23年5月29日) | トップページ | 那須連山めぐり (平成23年6月12日) »

日光の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/40291082

この記事へのトラックバック一覧です: 社山(またまたシロヤシオ)  (平成23年6月5日):

« 大入道、剣ヶ峰(ミツバツツジとシロヤシオ) (平成23年5月29日) | トップページ | 那須連山めぐり (平成23年6月12日) »

最近のトラックバック