2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月22日 (火)

狭間山、寺山(平成24年5月20日)

地域の行事が朝にあって早出ができなかった。9時過ぎに家を出発して向かったのは塩原温泉。しぼれさんの報告を参考に地形図無名峰の狭間山と寺山をつないで歩いてみた。シロヤシオの木は沢山あって、最盛期ならば見事に違いないと思った。残念ながら少し早すぎたかもしれない。しかしトウゴクミツバツツジを満喫できたので満足。花盛りの時でもこれらを目にする人間は果たして何人くらいいるのだろうか。もったいないような気もした。

狭間山(1122M)、寺山(1213M)

妙雲寺あたりに車を停めようと考えていたが、ぼたん祭りのためにぎわっていて駐車できなかった。車の誘導をしている人に聞いたら、上にある塩原小学校に停めるように言われたので、坂を上って停めた。

他の人とは明らかに違ういでたちで妙雲寺の中に入るのも何となく気がひけたので、国道に出て箒川沿いに北に向かった。沢に出合うところには釣り堀があって先に進めない。少し戻って進入禁止の所から上に行くと妙雲寺の敷地内に出たようだ。沢沿いに上流に向かうと橋があって渡ると立ち入り禁止の看板が出ていたが、失礼してしまった。ごめんなさい。

旧遊歩道のような道や階段などもある。適当に登っていくと、左から登ってくる尾根と合流。ここからずっと高みを進んでいく。しっかりとした道になっているところもあった。

Dsc06815_2

ちらほらとツツジのつぼみも見られる。小さな花はフデリンドウだろうか。かなり小さい。踏まないように歩かないと。いつ見ても気味の悪いギンリョウソウもあるね。

Dsc06829

Dsc06823_3

結構急登なのでバテてしまう。今日は大分暑いようだ。この時期標高1000m以下はさすがにきついな。周囲にはシロヤシオと思われる木があるが、下のほうでは咲いてなかった。

Dsc06827_3

(シロヤシオだと思います)

山頂近くになると灌木が多少目立ってくる。シロヤシオやトウゴクミツバツツジが少しずつ咲きだしてきた。ピークには名板の類はなし。シロヤシオとミツバツツジがお出迎え。

Dsc06843

Dsc06849

これだけでも満足だ。もうかなり疲れている。水分の消費も夏並みで多い。でも立ち入り禁止の看板の所に戻るのは気がひける。当初の予定通り、北東の1171ピークへ向かう。

ピーク手前の鞍部付近にクマのものと思われる糞を2,3か所見つける。やっぱりなあ。でもこの時間はいないでしょう。ピークへの登りは灌木が少しうるさくなるが、踏み跡はしっかりしている。ピークは何もないところ。少し息を整え北の鞍部に進んだ。笹が出てくる。右(東側)を見るとおそらく破線路の道がしっかりとしていた。

Dsc06876

弥太郎山へ行くことも最初は考えていたが、疲れ具合とシロヤシオの状態を見ると行っても期待薄と判断し、1213ピークの寺山に向かうことにした。ここから寺山までは笹が主体になる。ここはかつては遊歩道だったのだろう。案内板が倒れていた。

Dsc06883

南側に咲いているツツジに吸い寄せられてつい寄り道してしまう。1120m級ピークではミツバツツジとシロヤシオに呼ばれて南に行きすぎてしまい、ふと気がついて軌道修正。寺山との鞍部ではちょっと南に寄りすぎたようで一旦沢に下りて登り返した。登り返したところに何やら建造物があった。

Dsc06893

ここから先は寺山までのつらい登り返し。笹の中に踏み跡があるようだが、休み休み高みを目指して直に登っていく。どうにかピークに着いたが、ここも何もない。木の一部が何となく赤い。ピークを示すマーキングだろうか。

Dsc06905

この先は987図根点まで尾根下り。少し下って右手の開けたところから日留賀岳が見えた。雪はもうないのかな。

Dsc06913

この尾根は倒木が多い。あまり美しくはないな。

Dsc06924

西側にはツツジが所々咲いていて、ここでも吸い寄せられてしまう。仕方ない。図根点でちょっとひと休み。

Dsc06926

南に下りる尾根に進まなければならないので、目を凝らしていくと、何となく踏み跡が続いているように見えた。急な斜面を下りていくとアンテナが見えてきた。どうにか間違わずに来られたようだ。

Dsc06927

ここから三角点まではNHKの所有物らしきものがいろいろあった。取り付けられたロープもそうじゃないかなあ。別にお世話にならなくても下りていけるので特に触りませんでした。三角点はうっかりすると見過ごしそう。事実ちょっと先に行ってしまい、振り返って白いポールを見つけて戻った。

Dsc06938

あとはジグザグにつけられた道を進むと平和記念塔のある場所に出て、5分ほどで駐車地に戻れた。

シロヤシオを目当てに歩いたが、それなりに楽しめた。ミツバツツジは見事だった。時期を間違わなければツツジを愛でながら周回できる。テープ類がまったくないところを見ると歩く人は殆どいないのではないだろうか。

今回のコースは殆どしぼれサンの歩いたルートをいただいてしまいました。いつもいつもありがとうございます。山名も教えていただき重ね重ね感謝いたします。

駐車地(100分)狭間山(15分)1171P(45分)寺山(35分)987m図根点(15分)748.6m三角点(25分)駐車地

Photo_2

2012年5月15日 (火)

細尾峠から薬師岳、三ノ宿山(アカヤシオ、トウゴクミツバツツジ、シロヤシオ)(平成24年5月13日)

ネット情報によると日光の薬師岳付近はアカヤシオの時期のようだ。細尾峠から薬師岳に登り、東に延びる尾根を伝って三ノ宿山へ向かい、やしおの湯方面に下りてみた。思惑通り、アカヤシオ、トウゴクミツバツツジ、シロヤシオを見ることができた。

薬師岳(1420.1M)、三ノ宿山(1229M)

細尾峠にはマイクロバスも停まっていて、車はゆうに10台以上はあった。道標に従い登っていくが、下のほうでは花はなかったが、傾斜が急になって間もなく、アカヤシオに出合う。

Dsc06608

目を転じると富士山もくっきり見えた。そのはるか北には名前の分からない雪山が見えた。傾斜が緩やかになって三つ目方面からの道を合わせたところから富士山を見る。

Dsc06620_2

そこからすぐに山頂。10人超のパーティーが休憩中。男体山や女峰山が近い。山頂周囲にはやはりアカヤシオが咲いていた。山名板も多数あり。

Dsc06625

ここから東へ向かう。1124Pからの尾根と合流するところの木にはピンクテープが巻かれていた。歩いている尾根の北側はしばらくはアカヤシオが咲いていた。1221P付近ではつぼみのトウゴクミツバツツジがちらほら見え出す。1221Pを下って行くと右手(南)には夕日岳がどっしりと構えていた。

Dsc06653

先の鞍部には苔むした石祠があった。ここからはトウゴクミツバツツジが花開いてきて、アカヤシオにかわって主役になるが、満開というほどではない。シロヤシオもほんの少しだけ見られた。

Dsc06656

1242Pの手前では日光白根山が遠くに見える。どうしてもこの山を捜してしまう。

Dsc06665

1242Pは丸山。RK山名板。

Dsc06667_2

南東へ尾根の方向は変わり、進んでいくと三角点峰の大木戸山に到達。

Dsc06674

山頂は眺めがよくないのでほんのちょっと先に進んだ場所で休憩。大真名子山、小真名子山、女峰山、赤薙山が目の前。高原山も見える。

Dsc06680

ここから三ノ宿山まではあまり花は見られない。右手には有刺鉄線があって何だか怖い感じだ。登り切って北に向かうと三ノ宿山。ここも山名板はにぎやか?

Dsc06703

次は1188Pへ向かう。やしおの湯方面の板が案内してくれる。道もしっかりしているので間違うことはないと思うけど。

Dsc06705

1188P、1158Pへの道はトウゴクミツバツツジが最盛期かも。シロヤシオも少しずつ見えてきたが、ミツバツツジが主体だ。

Dsc06713

Dsc06722_2

1188Pからの屈曲も道がしっかりしていて迷うことはないだろう。1158Pからさらに北進して、1047.7m三角点を目指す。ここからはシロヤシオが目立ってくる。

Dsc06742

手前に案内板があって、進路としては三角点へは行かなくても良かったが、折角なので寄ってみた。

Dsc06754

Dsc06755

ここで休憩して先のほうを見るとシロヤシオが満開状態。思った通り標高の低いところではもう咲き誇っているようだ。ここからは道がやや分かりにくいといった程度。とにかくしばらくシロヤシオの世界だ。

Dsc06761

Dsc06779

Dsc06780_2

Dsc06789

鉄塔が近づいてくるとシロヤシオはおしまい。鉄塔の所にはヤマツツジがいっぱい。

Dsc06795

ここからは巡視路を下って行く。掘れてしまって歩きにくいところもあった。巡視路口に出て歩きは終了。

Dsc06798

歩きとしては下り基調で楽をしたようだ。思っていた通り色々なツツジを堪能できた。今年もお気に入りのシロヤシオは外れ年ではなかったみたいだ。今回歩いたルートはしっかりしていて、漫然と歩かずにピークで注意すれば間違える所はないように思った。ツツジ好きの人にはおススメのコースです。

細尾峠(35分)薬師岳(80分)丸山(30分)大木戸山(25分)三ノ宿山(45分)1158P(25分)1047.7三角点(20分)巡視路入口

Photo

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

最近のトラックバック