2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 釈迦ヶ岳(残雪)(平成25年3月3日) | トップページ | 鬼面山(那須)(平成25年3月20日) »

2013年3月 9日 (土)

ヨシ沼園地から前黒山(残雪)(平成25年3月9日)

前回は釈迦ヶ岳に登った。今回は前黒山を予定。ネットで見てみると新湯富士の南にあるヨシ沼園地から前黒山に行った記録があった。無雪期には2008年9月にポピュラーなルートから登っているので、今回はヨシ沼園地から行ってみた。気温上昇によるものか雪は柔らかく、ワカンを履いたものの踏み抜きというかラッセルと言うか、とにかく難渋して登った。まあ下りも難渋したな。

前黒山(1678.3M)

ヨシ沼園地まで道路に雪はなかった。今日もワカンを背負って歩き出す。5分ほどで林道入口。ここからは除雪されていない。

P3090312

(帰りに撮影)

ツボ足で歩いていくがだいぶ足が潜るのですぐにワカンを装着。ワカンでもかなり沈む。スノーシューの方が良かったか?仕方ないがこのまま進む。今日は時間がかかりそうだ。風が強いが、冷たさはない。15分くらいで取り付き場所に到達。トレースらしき所から入っていく。かなり薄いトレース。

P3090184

適当に登っていく。ワカンは役に立っているのか分からない。だいぶ沈み込む。しばらく行くうちに伐採地に出た。

P3090192

競馬の馬がラチに頼るがごとく、フェンス脇を進んでいく。木が邪魔な場所もあるが強引に進む。伐採地からおさらばする時振り返ると、日留賀岳から大佐飛山にかけての山並みが見えた。ここからも適当に進む。トレースはもうない。

P3090201

しばらく登っていくと赤やピンクのテープが見えてくる。その近辺を歩いていく。どうにか1480m付近の北側から来る尾根に乗った。木の間から山が見える。会津駒ケ岳のような気もしたがどうだろうか。

ここからは西側が雪の少ない場所が少し続く。笹も見えている所がある。雪のない方が歩きやすいのでそちらを進んでいった。

P3090215

雪はなくていいのだが、凍っていてうっかりすると滑る。いつまでも楽はできない。いつしか雪で覆われた。1550m付近では七ヶ岳や男鹿山塊がよく見える場所があった。

P3090229

(七ヶ岳)

P3090231

(中央 日留賀岳 右 鹿又1846m峰) 

この先も沈み込みが続く。木も少し邪魔なところ有り。休む頻度が多くなる。地形図では分からない微妙なアップダウン有り。

P3090241

それでもどうにか進み、前黒山が見えてきた。もうひと踏ん張り。

P3090243

どうにか山頂に着いた。日光方面は霞んでいた。黄砂の影響か?

P3090249

最近登ってきた形跡はどこからもないようだ。しばし景色を楽しむ。

P3090257

(霞んだ日光の山々)

P3090262

(左から釈迦ヶ岳、となりに中岳、西平岳、御岳山、鶏頂山)

P3090266

(東に見える1700m峰)

北側は木に遮られて全貌は見えない。荒海山、大嵐山などは見えている模様。アンパンを食べてさっさと下る。

沈み込みは続く。自分のトレースを辿るようにして下る。はまり込んでワカンが脱げてしまうこともあり。足が攣るといけないのでゆっくりと下っていく。さっきの景色のよく見える場所で少し休む。行きの時には気がつかなかったが遠くに飯豊連峰が見えているようだ。

P3090281

(中央 たぶん家老岳、その右後ろ遠くに飯豊連峰)

上りで雪の少ない所を歩いたが、下りも雪のあまり付いていないところを歩いたら、凍っているところにワカンをのせてしまい、滑って転倒しお尻を硬いところに打ち付けてしまった。モロに尾てい骨直撃だ。10秒間くらい動けず。この痛みは骨折ではなさそう。気をつけねば。その後もより慎重に降りていく。自分のトレースを辿って戻っていった。でもやっぱり沈んでしまったなあ。林道におりて駐車地に向かうがここでも相変わらずだ。やっとの思いで林道入口に到達。ワカンを外し手に持って駐車地まで戻った。

登る時期を間違えたようだ。もうちょっと前に登れば良かったかな。まあ尾てい骨は打ったがそのほかは大したトラブルもなかったのでよしとしよう。

登り4時間25分 下り2時間15分

Photo

« 釈迦ヶ岳(残雪)(平成25年3月3日) | トップページ | 鬼面山(那須)(平成25年3月20日) »

男鹿山塊・高原山」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
前黒山、ご苦労さまでした。北からの、そんなコースあったのですか。自分も歩いたことがある山だけに、興味があるルートです。
しかし、野球親爺さんもすごい根性ですね。私なら、沈み込み歩き、1時間も持ちませんよ。

尾てい骨の檄打のご様態はいかがですか?
尾てい骨って、意外にも、わりと簡単にヒビが入ってしまうのですよね。私も、打った翌日に整形に行ったらヒビ入りで、痛み止めの薬をもらっただけでしたが、しばらくはドーナツ座布団のお世話になっておりました。

おはようございます。
前黒山、しばらくぶりに覗いてみたくなりました。5月までは近間のお山ですが、花粉避けにいいかもですね。お加減はいかがですか。

たそがれオヤジさん おはようございます。
北コースはネットで調べて初めて知りました。テープがあったので今までも登られていたんでしょうね。
別に根性がある訳ではありませんよ。あまり雪の所を歩いたことがないので、どの程度の困難さかは分からないんです。
経験豊富な人にしたら大したことないと思います。
尾てい骨って簡単に折れるんですね。ご心配して下さり有難うございます。普通に座れるので問題ないかなと思っております。
この歳でまた骨折したら笑いものです。

しぼれさん&Pさん おはようございます。
前黒山の北コース、もう少し雪が締まると登りやすいと思います。
雪がなくなるとヤブがうるさいと思いますが。
この時期花粉に曝露されないように登る山を決めてます。
ご心配をおかけ致しましたが大丈夫のようです。
間隔的にはそろそろ骨折の時期かなと危惧してますが。

野球親爺さん こんにちは。うーん,ハードなコースのようですね。私は雪の上は苦手なので,今はなるべく雪の無い所へ行ってます。このコースは雪が無くなったら行ってみます。なんか面白そうです。ストックしました。尾てい骨は打ったら痛いですね。よく私がやるのは木に乗って滑って打つやつです。10秒間動けない,よく分かります。大事にしてください。

ノラさん こんにちは。
熟練者ならハードな山ではないような気がします。
今年は何回か雪の上を歩いていますがない方がいいですね。
ただ、今の時期は花粉症の症状が出るのが鬱陶しいのでなるべく飛散がない所を選んでます。
藪の程度はどうなのか雪の下で分かりませんが、歩いている人はあまりいないような気がします。ノラさんならあっという間に登っちゃいますね。
お心遣い有難うございます。座ると痛い程度なので大丈夫です。確かに木に乗らないようにしてても乗って滑ることはよくありますね。藪山なら尚更です。ノラさんもお気を付けください。

こんにちわ。
お疲れ様でした。金曜日から、気温が高かったので、雪が緩めだったのはどこも同じようでしたね。昼過ぎには戻るよう心がけましたです。北からの侵入、画期的です。もし気温が低いままだったら、1700mも周回できたかも知れませんね。不用意にこけると痛いですよね。ひどくはなさそうで幸いです。ところで痛打の直後の10秒間って体はナニをしているんでしょうかね。自分も昨年、倒木で滑って痛打してから思うのですが・・・。

みー猫さん こんばんは。
朝早く起きるのが辛いので遅くなってしまうんですよ。やはりこの時期気温の高くなる前に山歩きを終わらせてないとダメということですね。
今は痛みがだいぶ治まって良かったです。打撲のあとに体はどうしてるんでしょうね。思いは痛いのとその後の苦笑でしょうか。
昨日は雪にはまっての苦笑が頻発してました。

野球親爺さん  多分、書き込みは初めてだと思います。  ブログはいつも拝見してますので、初めてとは思えないのですが。

今日、野球親爺さんに倣ってヨシ沼園地から前黒山に登りました。9日に歩かれたワカン跡がくっきり残っていました(ワカンでは沈みが大きく苦労されたようですね)。
お陰様でルーファンの必要がなく楽して山頂に到達しました。スノーシューを利用したのと、早朝に歩いたのが功を奏して全然沈みはなかったです。
前黒山までは予想よりも短縮できたので、明神岳へ足を伸ばし空沢左岸尾根を周回することも出来ました。
とりあえずはお礼まで。

烏ヶ森の住人さん。コメントして下さり誠に有難うございます。
拙ブログをご覧いただいていたとのことで烏ヶ森の住人さんがHPを開設されてからの
熱心な読者の一人として、感激するとともに恐縮しております。
さて小生、ワカンとスノーシューの違いがよく理解できてないのです。シューだったら少しは沈み込みもなかったのですね。
以後よく考えて使い分けたいと思います。
私は前黒山まででバテバテでしたが、明神岳まで足を伸ばし周回されるとは恐れ入ります。
レポートを心待ちにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

野球親爺さん、はじめまして。
時々覗いて、色々参考にさせて頂いてました。先程ふと見たら私のアップしたヤマレコレポートの事らしいので、思わずコメント残させて頂きました。
私が登った時もずっとズブズブの新雪でかなり体力奪われました。また植林地帯が煩わしくて、ザック引っかけながらもフェンス沿いを突破した記憶があり懐かしいです。

野球親爺さんとは歩くエリアが近そうなので、どこかでお会いする事もあるでしょう。
どうぞ宜しくお願いします。

Shaminekoさん ご訪問、コメント有難うございます。はじめまして。
おっしゃる通り、ご参考にさせていただきました。
登り3時間と書かれていましたが、登り始めてすぐにレベルの違いに気づきました。
でも何とかShaminekoさんに導かれて登頂できました。有難うございました。
これからも参考にさせていただきますね。
本当にお会いできると嬉しいです。でも分かるかどうかが微妙なところですけど。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/50677090

この記事へのトラックバック一覧です: ヨシ沼園地から前黒山(残雪)(平成25年3月9日):

« 釈迦ヶ岳(残雪)(平成25年3月3日) | トップページ | 鬼面山(那須)(平成25年3月20日) »

最近のトラックバック