2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 日留賀岳(残雪)(平成25年4月13日) | トップページ | 茶臼岳(平成25年5月3日) »

2013年4月29日 (月)

巣神山、小法師岳(平成25年4月28日)

アカヤシオのたよりもちらほら聞こえる。花を愛でようと足尾の山に出かけてみたが、見事空振りであった。10日か2週間後あたりが見頃になるのだろうか。

巣神山(1226.0M)、小法師岳(1593.1M)

ななころびさんが3月に登られている。ツツジの時期に登ろうと少し早目ではあるかと思ったが、今年は開花が早いのではないかと思い、5月の声を聞く前に登ってみた。

庚申ダム奥の駐車場に停めて歩き出す。宇都野橋まで行ってしまい、どう見ても間違っている。少し戻ったところの沢の右岸から進んでいく。しばらく行くと左岸に行く道があったが、何を思ったかそのまま右岸を直進。歩きにくいところを先に進んでいき、右と左を行ったり来たり。そのうち左岸から上の方に進んでみると立派な道に出合った。(家に戻ってななころびさんのブログを見ると、左岸に渡るべきことがノラさんのコメントに書かれていた。)この道を進んで行くと1030m付近で尾根に出た。

ここからは尾根を進む。風は思ったほどは強くはなかった。草刈スキー場跡の看板が折れた木と共に横たわっていた。山頂とは思えない巣神山に到達。山名板は4つほど。ちょっと離れたところに控えめな板があった。

P4280017

ここから先は笹の道。踏み跡はあって、やっぱりそこを歩いたほうがいいようだ。ふと木を見るとつららだ。

P4280020

1380m付近のツツジもまだまだのようだ。

P4280030

男体山が見える。

P4280031_2

ここから笹が深くなってくる。踏み跡にも笹が覆いかぶさっている場所もあって歩きづらい。

P4280033

1425P付近で見たつぼみが一番早く開きそうだが、まだだいぶ先なのか。

P4280036

1526Pへの登りが結構きつい。笹も丈が高くなり、踏み跡もわかりにくい。ピークに着くと枝越しに周囲の山が見える。少し進むと皇海山も見える。どうにか小法師岳に到達。

P4280058

もう少し西にも三角点があるので行ってみる。山部山名板は健在だ。

P4280062

こちらは周囲の木で眺めがあまり良くないので東の山頂に戻って休憩。鋸十一峰の向こうに皇海山。鋸山は名の通りギザギザだ。

P4280072_2

帰路は元来た道をしばらく戻り、沢筋の下りではしっかりした道をそのまま下った。上りで左岸に渡ってジグザグの道を進んでいれば余計な労力を使わずに済んだのにね。

花の時期をドンピシャで行くのは非常に難しい。ネットで最新情報を収集することが大切だが、この辺りの山は歩く人が限られているのでさらに困難かもしれない。

駐車地(105分)巣神山(110分)小法師岳(75分)巣神山(80分)駐車地

Photo

« 日留賀岳(残雪)(平成25年4月13日) | トップページ | 茶臼岳(平成25年5月3日) »

日光の山」カテゴリの記事

コメント

野球親爺さん こんにちは。やはり左岸を行きすぎましたか。私もやっているので。帰りで気が付くのです。余計な労力使わなくて済んだのにって。私は地理院の三角点も見て無いのです。ま,主三角点の方が景色はいいし,達筆も昔はあったので間違ってしまうのです。そのうち法師岳に行ってみようと思ってますが,なかなか機会がなくって。アカヤシオは5月の2週目くらいでしょうか。

健脚何より

当地の山で将来登山したいものがあれば、列挙してみてください。
バーチャル登山しておきます。

ノラさん こんばんは。
ノラさんも間違われましたか。多分間違った人達の踏み跡が誘うのでしょうね。右往左往して結構危なそうなところも歩いてしまいました。
ネット情報で西側の山頂にも行ってきましたが、主三角点の方が落ち着きますね。
法師岳はどこから行くにしろ遠いのでなかなか足が向きません。
アカヤシオは今年はハズレなのでしょうか。つぼみの状態だと2週間後くらいですかね。咲けばかなり見ごたえがありそうです。

Keroさん こんばんは。
ご無沙汰してます。
そろそろご当地の山を検索します。
早めにお知らせいたします。

こんにちは。 
つつじはまだ早かったようですね。でもコース全般は爽快なので、楽しめたのでは。今の時期1300m超の標高はまだつつじの開花は厳しいみたいですね。
お写真のぼろいほうの神巣山山名板、前回今にも飛びそうな別の小枝についていたのを、私が鉄ひもをよじって補強したことを思い出し、懐かしかったです。

ななころびさん こんばんは。
ななころびさんの後追いをさせていただきました。少し端折ちゃいましたけど。
コースの雰囲気は尾根に出てからは確かに爽快でした。多少笹がうるさかったですけどね。
ツツジは1300m以下ですか。この先考えて登らないといけませんね。
山名板はななころびさんが補強されたのですか。なかなか気づきにくい場所にある奥ゆかしい板でした。

小法師岳お疲れさまでした。
草刈スキー場の標識は健在でしたか。私が見た時は、まだ木も元気でしたけど。
いずれ、久しぶりに行って、付け直しでもしてきましょうかね。
巣神山のルートですが、皆さん、沢の右岸、左岸だのという記載が気になりますけど、私、そんなところを歩いたことはありませんね。大方、いい加減に、上に向けて適当に歩いているだけなんでしょうか。一度だけ、下りでその沢を下ってみようと思って、沢に近づいたところ、クマのうなり声を聞き、そそくさと退散したことはあります。それ以外の時にも、クマが横切るのを見て、逃げ腰にとんでもない沢に入り込み、県境の方まで下ったことはあります。自分には、巣神山=クマのイメージです。
ツツジはやはり早かったようですね。袈裟丸を含めて、足尾山塊は5月半ばの例年通りといったところなんですね。

たそがれオヤジさん こんばんは。
草刈スキー場跡の看板は健在でしたが、木に巻き付く形で横たわっていました。
ルート取りはみなさんの歩きを参考にできるだけ労力を使わないようにと考えたんですけどね。一気に尾根に上がるのも疲れるかなと思いまして。
クマさんの件はたそがれオヤジさんの記事で警戒しておりましたが、臭いも音も感じませんでした。
足尾山塊のツツジは5月半ばですか。行くのがだいぶ早すぎたようですね。
今後の参考にさせていただきます。有難うございました。

こんにちわ。
お疲れ様でした。小法師は未踏なので、花の時期にでもと考えているところです。たいへん参考になりました。頂上に大粒のつぼみ有りだったんですね、5月中旬は花で行きたいところが多くて悩ましいところです。

みー猫さん こんばんは。
尾根に出る1030m付近から山頂まで、いろいろなツツジがありそうです。
ある程度の期間楽しめそうですよ。
みー猫さんなら袈裟丸から小法師尾根なんていうルートも簡単に歩けそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/51419069

この記事へのトラックバック一覧です: 巣神山、小法師岳(平成25年4月28日):

« 日留賀岳(残雪)(平成25年4月13日) | トップページ | 茶臼岳(平成25年5月3日) »

最近のトラックバック