2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 社山南尾根から中禅寺山南西尾根(平成25年5月5日) | トップページ | ミツモチ(平成25年5月19日) »

2013年5月14日 (火)

三枚石新道~深山巴の宿~行者岳~地蔵岳~夕日岳(平成25年5月12日)

昨年は今の時期に薬師岳から三ノ宿山を歩いてツツジを愛でた。今年はどうだろうか。色々ルートを考えてみた。蕗平から地蔵岳に登り夕日岳から夕日新道を下って戻るルートはいつも考えているのだがなかなか実行にうつせない。今回は深山巴の宿を見てみたいので、行者岳経由の地蔵岳、夕日岳でも歩いてみようか。古峯神社駐車場から道路歩きで古峰が原峠まで行くのも味気ないので、三枚石新道を辿って、多分まだ見ていない三枚石北の三角点も見てこよう。そんな訳で三枚石経由深山巴の宿経由行者岳・・・というルートになった。深山巴の宿から行者岳へはルートミスしてしまい、時間をロスしてしまったが、どうにか夕日岳まで行くことができた。

ななころびさんも似たようなルートを歩かれていて、どこかですれ違ったかもしれないが、一向に思い出せない。微妙にずれたのだろうか。ハガタテ平からの上りはちゃんとしたルートを歩いたんですけどねえ。時間を照らし合わせてみれば分かるでしょう。それにしても残念でした。

行者岳(1328.7M)、地蔵岳(1483M)、夕日岳(1526.1M)

古峯神社の駐車場には1台しか車は停まっていなかった。今日はお約束の行事はなく出発。道路歩き数分で三枚石新道入口。地図や看板がある。健脚向きと書かれているがそうでもないと思う。新緑のしっかりした道を歩く。

P5120004

何年か前の冬、この道を辿って横根山を往復した時にはこの先でハンターに出会いびっくり。発砲音を聞きながら登り、三枚石と方塞山の間で仕留めた鹿を引きずって歩くハンター達を見てまたびっくりしたことを思い出してしまった。道が血だらけだったなな。

今日の天気はいいはずだがガスっている。花もこのあたりはあまりないようだが、よくわからない花が数株は咲いていた。

P5120012

しっかりとした道を進む。1260m付近から直登ではなく左に向きが変わる。前回は直登してしまい、天狗の庭のちょっと北に出てしまった。今回は間違わないだろうと進んだが、やっぱり間違えたようで木のうるさいところに出てしまった。その手前で嘲るように鹿が走り去っていった。やれやれ。この道は下るときは間違えないと思うがどうも登りは・・・。三枚石周辺は不思議な空間だ。色々な神様がまつってある。石も色々。夫婦石なんてものもある。しばし周囲を徘徊。今日はこのあとも余計な徘徊が待っていた。

P5120030

(やっぱり不思議)

古峰原峠に向かうとすぐに三角点の案内があった。これがないと素通りだよ。さすが栃百だ。誰かが付けたようだ。名板まであったのには驚いた。

P5120045

(三角点は奥、名板は古峰原となっていたが三角点名は違うようだ)

さらに少し北に行くと天狗の庭。ここは前回も来ていたらしい。

P5120047

ここから峠への道は歩きにくい階段があったりするが、下りなので足早に進む。何組かの人たちとすれ違った。峠まで車だろうな。鳥居をくぐってあずまやのある峠。車が5、6台有り。深山巴の宿へ向かう。途中にはこれもお初の古峰ヶ原高原ヒュッテ。傍らのトイレらしきものあり。なんか催してきそうだったが大丈夫のようだ。

P5120058

半信半疑で先に進むと深山巴の宿の案内があって左の鳥居をくぐっていく。

P5120061

奥に行くと石祠やら御神木?やらがあって由緒正しき場所のようだ。

P5120063

(鳥居の先に御神木らしき木があった)

手前の沢で釣りをしている人がいた。このまま峠に戻ってから行者岳へ行くのもつまらないので、案内板の横の踏み跡をたどってみると、大きな木の下に頭だけの石祠があり、木には御札が打ち付けられていた。この道は昔の修験道だったのだろうか。

P5120070_2

木のすぐ後ろは舗装道路。向かい側に渡ってショートカットして行者岳方面へ行こうとしていたのだが、結果的には回り道になってしまった。鹿沼市と日光市の境界付近から進入。

P5120072

(ガードレールの切れたところから入った。この時点で既にミスしてた)

獣道か踏み跡はあったのでそこを進む。地形図もGPSも見ないで進んでいったが、だいぶ歩いたのに古峰ヶ原峠からの道と合流しない。こりゃ変だとGPSを見るとあらぬ方向を進んでいる。どうりで道に出合わないはずだよ。気づいてからは適当にトラバースしながら歩いていくと今度は行き過ぎてしまったようでちょっと何か違う。しっかりした道があったなあと少し戻って破線路にやっと乗れた。疲れがどっと出てしまった。先は長いよお。この道は雰囲気は悪くないぞ。と自分を慰める感じですかね。

P5120091

でも本当にいい雰囲気の道だった。やっとこさ行者沼そばの鳥居に到達。二人連れがちょうど降りてきたので花の状況を尋ねたらすぐそこから引き返してきたので分からないとのつれないお言葉。またどっと疲れが。

P5120092_3

疲れを癒すべく休憩。30分以上は余計にかかってしまったかも。ハガタテで帰ろうかなあ。気を取り直して再出発。比較的なだらかな道でも足取りは重い。左手に皇海山などの足尾の山が木の間から見える。平らな行者平を過ぎた次のピーク付近でやっとアカヤシオが見られた。咲いている株はまばらだけど満足。

P5120113_2

行者岳ではRKさんの山名板がお出迎え。珍しく標高だけでなく山名も書かれてあるわ。

P5120123

東にも西にも踏み跡がある。男体山は今日は半分以上が雲の中にあって、最後まで全体を見せることはなかった。その代わり皇海山や白根山は勇姿を見せてくれていた。大岩山の周囲でもチラホラとアカヤシオが咲いていた。あっけなく大岩山。

P5120155

なかなか進まないね。素通りして唐梨子山。「からりこさん」、「からなしやま」。なんて読むのかねえ。「からなしやま」を採りたいが。

P5120170_2

ちょっと休んで大休止を予定しているハガタテ平へ向かう。途中に竜の宿。この先もなかなか着かないわ。思った以上にここでも時間が掛かりやっとハガタテ平に到着。やはり木に御札が付いている。

P5120180_2

ここで大休止。おにぎりとお湯を注いで3分間待って食べられるナポリタンを食した。今日は水は3Lも持ってきているので大丈夫だろう。まだ半分は残っているからねえ。お湯を沸かしている時に地蔵岳の方から二人連れが降りて来たのでツツジの状態を聞くとどこもパラパラとのこと。仕方ないね。休んでいる間にその他パーティーを含めて4、5人来たが、どうもななころびさんではなかったと思うけど。若くなかったから。

これからどうしようか。ここから降りてはどうしようもない。何しに来たか分からない。取り敢えず三ツ目までは行ってみるか。地蔵岳へは直登ではなくガレたところをトラバースする場所がある。直で登ったほうが危なくない気もするが。ガレ場に行く前で誰かとすれ違ったかなあ?その先では多人数のパーティーとすれ違う。地蔵岳には5,6人のパーティーが休んでいたので山名板を写して先に進む。

P5120190

三ツ目に着いて夕日岳を見ると斜面にアカヤシオが咲いているのが見える。これは見られそうだぞ。躊躇なく夕日岳への道に入る。夕日岳に近づくにつれてアカヤシオが目立ってくる。あまり花付きが良くないとの指摘もあるが、私にとっては十分及第点だ。写真を撮りまくるが腕の未熟さから見られたもんじゃない。あちこちに行ったり来たりしながらゆっくり登って山頂到達。誰もいない。

P5120223_2

夕日新道を示す板も木に括られていた。よく頑張った。夕日新道方面に行ってみるとこちら側のアカヤシオが綺麗だ。こちらから登ってきたら良かったかもなあ。

P5120235

P5120236_2

新道方面で人の声がする。登ってくるのかと思ったが、しばらくしても聞こえていた。下の方のどこかで休んでいるのかなあ。それとも下っているんだろうか。以前に比べてだいぶこの新道も人が歩いている様子だ。景色のいい所で休憩。やはり男体山はご機嫌ななめのようだった。

P5120244

三ツ目へ戻る途中で皇海山。

P5120250_2

三ツ目への登り返しと地蔵岳への登り返しがちと辛かったが何とかクリア。地蔵岳からは適当にショートカット。この時間では登ってくる人は皆無。ハガタテ平からはやや薄暗い道を下る。少し分かりづらい所もあったがどうにか迷わずに進む。作業道が以前よりだいぶ延びてきているようだった。林道をトボトボ歩いて舗装道路へ。歩いている傍を馬鹿が結構スピードを出して追い越していく。頭悪いやつが多いなあ。最近は。駐車場には数台の車が停まっているだけだった。自分としてはアカヤシオを見られて満足だった。

ななころびさんも同じようなコースを歩いていたらしい。それらしき人は会わなかったような気もするがどうでしょうか。記事で見ておぼろげにはお顔は分かっているつもりだったんですけどね。すれ違う時にマジマジと見れませんからね。まあニアミスだったかもしれませんし。

古峯神社駐車場(639)-三枚石(818・824)-深山巴の宿(905・908)-行者岳(1044・1049)-大岩山(1119)-唐梨子山(1148・1149)-ハガタテ平(1204・1228)-地蔵岳(1254)-夕日岳(1323・1340)-地蔵岳(1407)-ハガタテ平(1423・1428)-林道終点(1505・1508)-古峯神社駐車場(1545)

Photo

« 社山南尾根から中禅寺山南西尾根(平成25年5月5日) | トップページ | ミツモチ(平成25年5月19日) »

安蘇・前日光の山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
同じようなルートとおっしゃるので、同じようなルートを想像していましたが、南方向の大回り歩き。さすが健脚の野球親爺さんと驚きました。記事を見て、三枚石方面も超久しぶりに今の自分の趣向の目で見てみたくなりました。
私の降りたあとの夕日岳周辺は幾分、天気も好転したようで、ラッキーでしたね。あの周辺の赤ヤシオの咲きかた、周りでは結構不評のようでしたが、自分的には充分〇でした。

ななころびさん おはようございます。
迷走もあり大回りになってしまいました。
三枚石は2回目でしたが、なんか不思議な雰囲気が漂ってました。
ななころびさんと同じように夕日岳近辺のアカヤシオは私としても満足でした。
不満に思う人がいたということは本来ならばもっとすごいということなんでしょうね。

おはようございます。
えらいロングで歩かれたようですね。私なら2分割のところです。夕日岳を付録にすることはなかったでしょう。地蔵岳への登りがせいいっぱいです。
迷われた付近、何となく分かりますよ。私も右往左往したことがあります。
ツツジ、きれいじゃないですか。毎年、毎年、思うのですけど、「今年は不作」と、よく目にしますね。年毎に、ツツジも元気がなくなっているのでしょうかね。この程度で十分といった感じが強いのですけど。
恒例行事もなく、建屋を見ても、気配なし。野球親爺さん、体調は大丈夫ですか?アウトドアでは付き物。そしてたまにはハプニングとトラブル。それがあって、充実の山行になるものと確信いたしておりますが。皆さん、どう済ませていらっしゃるんですかね。
しかし、いい気分で下ってきたら、バカどもが騒いでいた。そのお気持ち、分かりますねぇ。

たそがれオヤジさん こんばんは。
迷走が余計でした。でも迷い歩いた道は雰囲気はよかったです。
相変わらず、簡単なところも難しく登っております。
アカヤシオはななころびさんも書かれてますが、十分咲いてたと思いますよ。
体調は悪くないんでしょうね。そこそこ歩けましたから。
最近は有り難いことに歩き始める前に済ませることができております。

こんばんわ。
自分は舗装道路を辿って沢沿いの道を古峰ヶ原高原に歩いたのですが、こっちのルートが良さそうですね。ツツジはどんぴしゃで行くのはなかなか難しいのだなぁと思うようになってきました。歩く時間帯でも違うようですし・・・ツツジトンネルというものを歩いてみたいものです(笑)お疲れ様でした。

みー猫さん こんばんは。
ツツジトンネルは私も歩いてみたいです。
シロヤシオが一番好きなんですが、ちょっと今年はいいタイミングで行けそうにありません。
舗装道路歩きは以前はそれほど苦にならなかったのですが、最近はできれば避けたいと思うようになってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/51629746

この記事へのトラックバック一覧です: 三枚石新道~深山巴の宿~行者岳~地蔵岳~夕日岳(平成25年5月12日):

« 社山南尾根から中禅寺山南西尾根(平成25年5月5日) | トップページ | ミツモチ(平成25年5月19日) »

最近のトラックバック