2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今でも思い出す山で会った人たち(その3) | トップページ | 黒尾谷岳、南月山(平成25年11月3日) »

2013年10月29日 (火)

丹勢山(平成25年10月27日)

会津の方の山へ行こうかと思ったが、天気予報を見ると午前中に雨が降りそうだし、風はかなり強そうだ。ちょっと避けたほうがいいかもしれない。那須もまたしかり。かと言って奥日光に行って帰りにいろは坂の渋滞に巻き込まれるのも嫌だな。もしかしたら紅葉が見られるかもしれない丹勢山にでも行ってみるか。となって丹勢山に行ってきた。

丹勢山は色々なガイドブックには載っているものの、栃百にははいっていないようだ。そのせいか通常ルートと思われる(間違えたルートを歩いたかなあ?)所を歩いたのに笹がだいぶ伸びていて、道が不鮮明な部分も結構あって、山頂直下の広場に着くまでに迷走してしまった。また、歩行時間の大部分を林道歩きに費やした。もうひと工夫欲しかったかな。

丹勢山(1398M)

古河電工社宅の最上部付近の建物の脇の駐車スペースに停めさせてもらった。狭い林道を運転するストレスはいかんともしがたく、無駄に歩く時間が1時間あっても、歩く方を選んでしまう。

歩き始めて1分ほどで案内板がある。ここからスタコラ1時間も林道歩きが続いた。「沼ノ平0.5km」の表示のある案内板からすぐに林道が屈曲する部分に、踏み跡らしきが見えるが入口部分には木が置かれていて、入るなの警告かもしれないと半信半疑になる。

Pa270008

(この左脇に踏み跡)

Pa270009

取り敢えず入ってみる。しばらく行くと道が良く分からなくなって、北側に行ってみたが道はないようだ。仕方ないので斜面をトラバースする感じで西に進んでいく。いつの間にか多分初めに歩いた所からつながっていると思われる登山道らしき道に合流した。道なのだが、笹がそれなりにあって、人がいっぱいは入っていないと思われた。

そのうち北に向かって登るようになるが、登りになると右のふくらはぎに何やら前兆らしきピクピク感を覚える。まずいなあ。登っていくうちに道が分からなくなってしまった。このまま直で登ると丹勢山よりも西のピークに行ってしまいそうだ。適当にトラバースして少し北に行くと笹の広場っぽい所に出た。道はあるようなないような。

Pa270015

さらに進むと丹勢山南の平地に到着。林道の向こう側が丹勢山だ。適当に進んで高みを目指す。帰りに見ると、取り付いたところよりほんの少し東側に行けば赤テープが巻かれている場所があって、そこからはしっかりした道を歩けたようだった。登るにつれところどころに景色の見える場所があるが、男体山はその山頂が雲の中だ。大真名子山が近くに見える。

Pa270026

山頂まで道はあるが、枝が道に張り出している所もあり、あまり人は来ないのかなあと感じさせる。山頂に着くと懐かしい山名板が健在だ。この揃いぶみが見られる山はもうたくさんはないだろう。

Pa270029

カラマツの黄金色はもう少し先のようだ。北側が開けていて女峰山が見えた。山腹が白く見えている。雪が降ったのかもしれないな。前女峰の東斜面の切れ落ちた様は凄いな。前女峰と女峰山の間に唐沢小屋と思しきものが見えた。

Pa270030

ここで休憩。ちょっと肌寒い。男体山の雲は最後まで取れなかったなあ。

帰りは東に下っても良かったが、中禅寺湖をもう一度見るために西に下っていった。やはり下りは楽チンだ。

Pa270040

(社山の下に中禅寺湖)

あとは長い林道歩き。ショートカット出来るところは思いっきりショートカットして下る。殆どに踏み跡があって、この辺りはだいぶ人が歩いてるようだ。少し風が冷たくなる頃に到着。

「簡単な所も難しく登る」を実践したような歩きだった。

登り 2時間40分 下り 2時間

« 今でも思い出す山で会った人たち(その3) | トップページ | 黒尾谷岳、南月山(平成25年11月3日) »

日光の山」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
丹勢山、私が歩いた時はガスの中で、景色がまったく見えなかったものですが、結構、いい景色が覗いているのですね。男体山も間近だし。
植林の中は陰鬱で、何やら怖い感もありました。
陽があたっているだけで、随分と山のイメージが変わってくるものですね。

たそがれオヤジさん こんばんは。
確かに男体山はすぐそこといった感じでした。
もう少し遅ければカラマツの輝きが見られたかもしれません。
本当に天候で山の感じ方は変わってきますね。
天気のいい時だけ歩ければいいんですけど。

こんばんわ。
広葉樹の紅葉は適。カラマツはもう少しといったところでしょうか。
当日はちょうど、近隣におりました。天候での行き先変更と渋滞避けは考えることは同じようですね。お疲れ様でした~。

みー猫さん こんばんは。
カラマツの時期にはちょっと早すぎました。
今年は天候の影響で予定変更が多かったです。
まあ天候だけでなく、その時の気分に左右されることも多いんですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/53764334

この記事へのトラックバック一覧です: 丹勢山(平成25年10月27日):

« 今でも思い出す山で会った人たち(その3) | トップページ | 黒尾谷岳、南月山(平成25年11月3日) »

最近のトラックバック