2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 家老岳(平成25年11月9日) | トップページ | 大日向山(平成25年12月1日) »

2013年11月24日 (日)

釈迦ヶ岳(初冬)(平成25年11月23日)

1週間前ころから23日はどこに登ろうか考えていた。足尾?日光?塩原?22日夜になって頭がこんがらがってしまい、23日に再検討して山歩きは24日に変更しようとその日は寝てしまった。朝起きてしばらくしてやることもないので山に行こうかと思い、出だしも遅くなったので塩原の倉下山辺りにしようかと家を出た。

車を走らせると、天気が非常にいいではないか。高原山もくっきり見える。こんな日は眺望のいい所がいいなあ。国道4号線を横断する時には行き先変更を決定。今年3回目になるが釈迦ヶ岳にしよう。倉下山界隈はずっと興味のあるところなのだが、後回しにしよう。もう来年かな。そんな訳で日塩道路に進んだが、道路が濡れていてうっすら白い。これだとやっぱり釈迦ヶ岳への道は凍っているよな。まあどうにかなるだろう。ダメなら戻ればいいだけだ。あれこれ考えながらかつては赤かった鳥居前の駐車地に到着。2台車が停まっていた。

釈迦ヶ岳(1794.9M)

鳥居をくぐり歩き出す。道にはうっすらと雪がある。昨夜少し降ったのだろうか。笹がそれほど濡れていないので助かった。旧ゲレンデトップを過ぎて弁天沼に到達。沼には水がなかった。

Pb230013

鶏頂山への道を右に分けて左に進む。この辺りの木々の佇まいはなごむ。

Pb230022

刈払いのされた道に雪が薄く積もって多少滑る。今履いている靴のソールがだいぶ磨り減って溝のなくなったタイヤのようだ。買い替えないといけないな。

Pb230023

(登りは右から、下りは左を選択)

稜線近くは急でロープがつけられていた。向こうに見えるのは鶏頂山だな。西側が白い。

Pb230025

左に進む。改めて鶏頂山を眺める。今日は行かないぞ。

Pb230028

ここから御岳山までが急登。雪がついていて危ない。慎重に進む。まあ下りよりはいいけど。釈迦ヶ岳までの間に好展望の場所が処々ににある。

Pb230033

(富士山)

Pb230044

(明神岳の向こうに日留賀岳)

釈迦ヶ岳までは小さなアップダウンがあり下りが危険。北斜面は切れ落ちている感じ。うっかりスライディングしたらアウトだ。

Pb230102

(帰りに撮影)

Pb230046

前を見ると釈迦ヶ岳も白い。

Pb230045

もう危険地帯はないかと進んでいったら、地形図は嘘をつかない。剣ヶ峰からの合流部の手前50m程は急傾斜でここにもロープがあった。下りが思いやられる。

Pb230060

休み休み登り剣ヶ峰の道を合わせ数分で山頂。山頂は雪はなくプチ泥濘状態。予想に反して10人くらいいた。大間々台からの人が多かったのかな。期待通りの好展望。言葉はいらない。丁度12時間近くなので食事休憩。食べるのもそこそこに眺望を楽しむ。予定を変更して良かったかな。

Pb230071
(手前鶏頂山、右明神ヶ岳、奥の白い山燧ヶ岳、その手前は鬼怒山や黒岩山か)

Pb230073

(中央日光白根山)

Pb230082

(奥に会津駒ケ岳から三岩岳、その手前中央右寄り枯木山)

Pb230091

(しつこく富士山)

山頂はそれほど寒くもなかった。風があまり吹かなかったからかもしれない。絶好の山日和だった。

下りはピストン、慎重すぎるほど慎重に進んだ。危険地帯も無事通過し、弁天沼を超えゲレンデトップを過ぎたところで滑ってこけた。ありがちなことだ。最後まで気を抜かないことだな。

駐車地(55分)弁天沼(60分)釈迦ヶ岳(55分)弁天沼(45分)

帰りに倉下山への取り付き地付近に行ってみた。下から見ると山は屹立している感じだ。雪の降り積もる前に行けるだろうか。また年越しかな。

« 家老岳(平成25年11月9日) | トップページ | 大日向山(平成25年12月1日) »

男鹿山塊・高原山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/54035282

この記事へのトラックバック一覧です: 釈迦ヶ岳(初冬)(平成25年11月23日):

« 家老岳(平成25年11月9日) | トップページ | 大日向山(平成25年12月1日) »

最近のトラックバック