2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 釈迦ヶ岳(初冬)(平成25年11月23日) | トップページ | 鴫内山、古倉山(平成25年12月8日) »

2013年12月 1日 (日)

大日向山(平成25年12月1日)

旧栗山村の山にはまだ登っていない山がいくつかある。そのうちのひとつを登ってきた。大日向山。山名事典によると「だいひゅうがさん」らしい。常識的には「おおひなたやま」だろう。この山の北の麓のいくつかの集落をひっくるめて「日向」地区と称する。もう少し鬼怒川を上流に遡ると「日蔭」地区。これはどう読んでも「ひかげ」。ひかげに対してひゅうが?どう考えてもひなたでしょ。まあどうでもいいことですが。

「おおひなたやま」なのでやはり日向地区から登るのが良かろう?「栃木の山紀行」さんが以前に歩かれた逆コースを歩いてみた。まあ後追いには違いない。相変わらずの独創性のない歩きにまたなってしまった。

大日向山(1176.5M)

「やしお霊園」なる墓地に停めさせていただく。日向地区なのに日が当たらず少し路面は凍結気味。新しい靴を買ったので今日は靴の山デビューだ。ところが山に取り付いてそれほど登らないうちに靴擦れでかかとが痛くなった。カットバンで応急処置を施したが登り斜面では最後まで痛かった。今後どうにかしないとなあ。

Pc010003

(駐車地から北方面、波遊山方面)

まず西に道路歩き。上に道が見えたので行こうと思ったが乗り越えられる場所がなく多分「栗山館」の裏から登った。すぐに神社らしきものがあり、そこから取り付こうと思って行ってみたが、その先はどう見ても民家なので不法侵入になってしまうので引き返してまた道路歩き。あまり急ではない場所から取り付いた。斜面を登りきるとやはりさっきの民家の南側に出た。まあ仕方ないか。

Pc010007

(取り付き場所)

しばらくは笹尾根。道はなんとなく有り。高度が上がると後ろに波遊山や栗山の盟主、明神ヶ岳が見える。

Pc010012

937Pで平坦になったのでかかとに応急処置。あまり役には立たなかったな。950m付近から岩の痩せ尾根っぽくなる。嫌な予感が。一番苦手な所だ。

Pc010026

さらには傾斜が増してきて緊張度が増す。ここは自分にとっては下りの方がよっぽどいいわ。

Pc010029

何とか手と足を駆使して1020m付近まで登った。良かった。でも先がどうなっているか分からないので安心はできません。ここで女峰山が見えてきた。馬老山も近くに見える。先に進むとまた急な斜面が見えてきた。1143Pへの登りも冷や汗たらたらだ。でもさっきよりはまだましだろうか。

Pc010054

しっかりとした木を掴みながら岩っぽい所を登りきると女峰山が更に近くなったようだ。目を転じると高原山が見えてきた。

Pc010060_2

(木の間から高原山)

大日向山へ向かう道は笹の道だ。

Pc010059

途中、馬老山がすっきり見える場所があった。

Pc010066

(たぶん馬老山)

大日向山山頂手前の西斜面は笹の斜面で危険箇所はない。

Pc010070

振り返って見た女峰山などの山並みが一番良く撮れてたかな?それでも大したことありません。

Pc010071

笹の斜面を登りきって北に少し進むと山頂に到達。山名板は1個と30分の1くらい?

Pc010073

少しだけ休憩して当初の予定通り東側から降りていくことにした。笹はそれなりに深い。踏み跡はあるようなないような。正面に高原山を見るような感じで降りていく。段々高原山を見上げるようになっていった。木の間から明神ヶ岳や波遊山は見えていた。

Pc010095

(左日向明神、すぐ右明神ヶ岳、その右湯西明神と思われる)

1090Pの北の1070m級Pから西に進路変更。前方がしっかり見えるので間違えずに済んだ。

Pc010117

(こんな所を下っていった)

右手にやしお湖と八汐大橋が見えた。水の色が何か不気味。

Pc010118

940m級付近で石祠に出合う。

Pc010123

ここから下には道型らしきものが出てきた。参道のようなものか、はたまた仕事道か。

Pc010124

あまり信用できなそうなので適当に下りていった。結果的にはこの道を辿れば何の困難もなく取り付き場所に出られそうだ。道型を辿らなくとも踏み跡のようなものがあり、そこを下っていくと柵が出てきた。少し西に行くと明瞭な道があって向かいに神社のある所に出た。ここからは予定では舗装道路を南に向かい大人しく戻るつもりだったが、間違えて北進してしまい更に西に曲がって少しして気づいた。戻るのもなんなのであまり傾斜のきつくなさそうな所を進んでいったらロープが設置されている斜面になった。ここを利用させてもらって下りていくと橋の東側に出た。あとで確認したら「栃木の山紀行」さんはここから登ったようだ。いつもながらいい加減にしか人の書いたものを見ていないのでこんなことになる。今回は結果オーライだった。駐車地にはまだ日が当たっていないようだった。

登り 2時間30分 下り 2時間10分

Photo

« 釈迦ヶ岳(初冬)(平成25年11月23日) | トップページ | 鴫内山、古倉山(平成25年12月8日) »

日光の山」カテゴリの記事

コメント

野球親爺さん こんばんは。野球親爺さんが登りに使われたルートは私は最初にトライして1057mの先でどうにも急斜面が怖くて撤退した記憶があります。それで田茂沢側から林道を入って東側から尾根を登ってます。おおひゅうが山ですか。なんかピンときませんね。おおひなた山が正解かと思いますね。栗山周辺の山は笹が印象に残ります。

ノラさん こんばんは。
ノラさんも歩かれていたのですね。今回の登りのルートは1057Pと1143Pへの登りが怖かったです。四つん這いになったり、木や岩に掴まって強引に身体を持ち上げてました。早く通過しようと一気に登ったら息が切れてしまいました。
やはりおおひやた山が妥当のように思われますか。
栗山は山が多くて最後に残ってしまいました。残りも笹でしょうかね。


こんばんわ、野球親爺さん。
自分はお気軽ルート?ですが、4月末に訪問しましたが、山名板は1/30のほうだけを見かけたようで、そのあと設置されたのですね。そっちは怖そうですが、自分のほうはというとあちこちで鋭い爪痕を見て震え上がり、何者かがヤブを移動する音に慄きましたです。最後にはマダニが這い上がってきて・・・やはりこの時期が良さそうです。

みー猫さん こんばんは。
事前にみー猫さんの報告は拝見させていただいてました。
帰りの夫婦山までが登り基調になるのと笹が厄介そうなのとでやめました。
クマさんの存在もちょっと気になりました。
春よりも今頃の方が変な動物に遭遇する可能性は低くなりますが、ハンターさん達に気を付けないといけませんね。

こんばんは。私は、大日向山の尾根をスノーシューの時期に歩いたら、楽しいだろうなと思って狙っています。

でも、結構、笹でそれなりに歩けるのなら、無雪期もありなのかなとも思えます。

NYAAさん こんばんは。
大日向山を雪の時期に登ることは想像すらしませんでした。面白いかも知れませんね。
ただかなりの急登部位がありますので、ルート選定が難しいでしょうか。

今後もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/54117350

この記事へのトラックバック一覧です: 大日向山(平成25年12月1日):

« 釈迦ヶ岳(初冬)(平成25年11月23日) | トップページ | 鴫内山、古倉山(平成25年12月8日) »

最近のトラックバック