2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 会津駒ヶ岳~中門岳~大津岐峠~キリンテ(平成26年8月15日) | トップページ | 小野岳(湯野上から大内)(平成26年8月31日) »

2014年8月23日 (土)

季節外れの古賀志山周辺徘徊(初見のレンゲショウマ)(平成26年8月23日)

今年は天候不順で山の天気も読みにくい。23日も午後には雨が降るとの予報だ。近場にしよう。那須も高原山も最近歩いているのでいささか飽きた感じもある。ネットを漁るとしぼれさんが22日に古賀志山を歩かれ、レンゲショウマの写真を載せていた。レンゲショウマという花を知ったのも1,2年前で、実物を拝んだことがない。これは早速見に行かねばと思い、実行した。

今回の歩きの目的は二つ。一つはレンゲショウマを見ること。もう一つは古賀志山の北西にある408.9m三角点の山名板を確認すること。2年前に三角点峰を歩いた。その時山名板を見るのを忘れたか、掛かっていなかったかは定かではないが、確認できなかった。「又手山」と呼ばれていたと思うが、その確認をしてみたかったのだ。

東北道で氏家辺りで雨に降られたが、宇都宮森林公園の駐車場に着いた時には雨はあがっていた。冬と違って閑散としている。やはりこの時期登る山ではないのだろう。殆ど登りでは使ったことのない北コースを歩くことにする。しぼれさんの情報から釣り堀の周囲を見てみるとお目当ての花が群生していた。人為的なにおいがするなあ。

P8230007

北コースを進み、富士見峠に登りつく手前にありました。うーん、なかなか品のある花だ。

P8230028


P8230023

蕾のものもあるのでもう少しの期間楽しめそうだ。

富士見峠からは古賀志山には向かわず、そのまま北に進み下りて行く。滑りやすいので要注意。ここからは林道を歩いて、西登山口と言われていた場所まで進む。そこから北上して444P(三峰山)を目指す。つい2年ほど前に登ったと思うがあまり記憶にない。ピークの肩に着いてちょっと西の方に行ってみたら椅子のような岩があり、これに登ると好展望で二股山、次石山、羽賀場山などが見えた。雲がかかっているので遠くの山は見えなかった。

P8230060

444Pに山名板はなかった。ちょっと先まで行ってみたが何もなし。駆除されたのか。とりあえず、408.9m三角点に行ってみよう。鉄塔付近は篠竹が煩い。三角点の傍の石祠の所にカワスミさんの「雷電山」の山名板があった。周囲を見てみたが他には何もなかった。

P8230066

ここからは迷走が続いた。藪のなさそうな所を進んで東に向かい、作業道を進んでまた藪を避けていくと444Pの方に戻ってしまうので適当に修正して444Pから383Pへ向かう尾根に到達した。さらに東に進むと送電線が見える場所に着く。以前はここは植林地で薄暗く尾根をそのまま進んで行った記憶があったが、鞍部の東西が伐採され、そのあとに藪化したのだろうか。道が見えない。よーく見ると踏み跡のようなものがあったので仕方なく直進した。いやまいった。痛いとげのある草だか木だかに指を切られてしまった。両腕を頭の上に掲げて歩いた。でもやっぱり痛かった。鞍部からの登りは北側を巻くように巡視路があって383Pは北から登る格好になった。

この先はルート変更はなく、古賀志山から鞍掛山への縦走路に合流。少し進んだのち東側の踏み跡に従って林道に出た。そこからは林道を歩いて北西側から長倉山に行ってみた。以前、倒れた木の所にあった山名板はきちんと掛かっていた。

P8230114

この先もうっかりミスは続き、道をはずしてしまい、また両手を掲げて歩く場面もあった。最後は予定よりだいぶ早く林道に出てしまった。

今日はだいぶ迷走してしまったが、二つの目的を果たすことができたので良しとしよう。いやあこの暑い時期の低山の5時間超の歩きは堪えます。

約5時間半

Photo

« 会津駒ヶ岳~中門岳~大津岐峠~キリンテ(平成26年8月15日) | トップページ | 小野岳(湯野上から大内)(平成26年8月31日) »

県央部・県東部の山」カテゴリの記事

コメント

野球親爺さん おはようございます。
暑い中お疲れ様でした。レンゲショウマは森のランプと呼ばれているようで近間で見られるのはいいものです。矢板の宮川渓谷、未確認ですが尚仁沢遊水地付近、八溝山でも見られるようです。
下から3番目の画像は腰掛岩と呼んでいるそうです。やっぱり見たまま、感じたままですね。
先週Pさんの退場方針(極々軽い)確定で群馬の浅間隠のランプ探索はいつもの先送りですが、その南の鼻曲山の群落は大きなものでした。

野球親爺さん おはようございます。今夏はほんとに天候が読みにくいです。昨日も猪苗代まで行って朝から雷雨で林道で撤退して帰りの途中で南会津の低山にちょっと寄り道してきました。レンゲショウマは古賀志でも見られるんですね。那須や日留ゲ岳で見たことあります。古賀志とは。長倉山の名板見たことないのでその内に。

しぼれさん&Pさん こんばんは。
レンゲショウマの情報、大変有難うございました。
八溝山でも見られるのですか。来年探しに行ってみますか。
腰掛岩。ホント見たまんまですね。自然の造形でしょうか。
帯状疱疹は場合によっては後々まで痛みが残るのが厄介ですね。どうかお大事になさって下さい。

ノラさん こんばんは。
会津地方も朝から雷雨でしたか。遠路はるばるお出かけになられたのにそれは災難でした。
古賀志のレンゲショウマはしぼれさんに感謝です。
日留賀岳や那須にもあるのですね。古賀志ほどではないにしてもこの時期の日留賀岳も暑そうです。
長倉山は駐車場から30分もかからずに行けるおよそ山らしくないピークですので、ついでの時にいらしてください。名前がついているのが不思議です。


昨年古賀志山馬蹄形をやった時に情報収集不足で444mPの南の崖地の切れ目にある赤テープに引き込まれて降りてしまって岩を見ていませんでした。
暑い季節のこのエリアはちと苦手なので涼しくなったら再訪してみたいと思います。
岩崎の無名峰群は岩崎観音の裏手から取り付いて、359mP、408.9mP、444mP、392mPと繋げたことがありますが、408.9mPに雷電山の山名板は当時無かったような気がします。
雷電山というと、宇都宮市と今市の境の下小池町にあるほうを思い浮かべてしまいます。

まっちゃんさん こんばんは。いつも有難うございます。
この暑い時期に歩くエリアではありませんよね。今回は汗を掻きに行ったようなものでした。
あの岩(腰掛岩)はたまたま踏み跡を行ってみたらありました。
私も以前歩いた時は見ていませんでした。鹿沼の山が良く見えました。岩には腰掛けはしませんでしたけど。
408.9Pもまっちゃんさんと似たようなルートを2年ほど前に歩いたのですが、その時は山名板は見てません。
確かに雷電山と言えば寅巳山の傍の雷電山が思い浮かびますね。
昨年馬蹄形を歩かれた記事を古賀志から帰ってきて拝見したのですが、383P西の送電線直下の鞍部は、両サイドが伐採されていましたね。
今回伐採されていたのを知らずに歩き、理解するのにちょっと時間がかかりました。1年半で大分藪化してました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/57166608

この記事へのトラックバック一覧です: 季節外れの古賀志山周辺徘徊(初見のレンゲショウマ)(平成26年8月23日):

« 会津駒ヶ岳~中門岳~大津岐峠~キリンテ(平成26年8月15日) | トップページ | 小野岳(湯野上から大内)(平成26年8月31日) »

最近のトラックバック