2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 三岩岳~窓明山~巽沢山(平成26年10月11日) | トップページ | 関山(北から南から)(平成26年10月25日) »

2014年10月19日 (日)

大博多山(山開き)(平成26年10月19日)

今回はどこに行こうか前日の夜遅くになって決めていたが、明け方に目が覚めてあまりにも眠いので山歩きはやめようかと思った。うだうだしているうちに時間は経って、今日を逃すとさらに2週は山に行けないかもしれない。天気もいいと気象情報は言っている。やっとこさ起き出して、南会津の大博多山に行くことにした。(予定ではちょっと違う山だったのだが。)山開きの情報はネットで確認していたのだが、興味半分で行ってみた。やはり人が多すぎた。

大博多山(1314.9M)

三岩の時は中山峠経由だったが今回はカーナビは駒止トンネル経由を指示。それに従って奥会津博物館伊南館を目指していくと、その近くで臨時の駐車場に誘導された。だいぶ人が来ているようだった。もう7時半を過ぎているからなあ。駐車地から形の良い山が見えたので係の人に聞くと尾白山だと。うーん、来年登ろう。

伊南館が受付になっているようでそちらに促されて行ってみると、シャトルバスを待つ長蛇の列。100人以上いたかな?とりあえず受付に行くと登山カードを書くように言われ、それを受付に持っていくと、バッジと登山コースと書かれた紙と温泉の割引券をくれた。今日は急遽決めたこともあり、地形図のコピーは持ってきていなかったので多少は助けになるだろう。

気が短いのでじっとバスを待つことなんかできる訳がない。受付してすぐに歩きだした。久川を渡ってすぐに左折するのが登山口への道のようだ。確認して先に進んでいくと後ろから足の速い男性が来て、すっと追い越していく。足早について行って色々聞きだした。秋田出身の白河在住の方でこの山はもう何度も来ているそうだ。その他色々福島の山のことをお聞きした。非常に有難かった。バスのUターン場所まで行く間に2台ほどのシャトルバスに追い抜かれたが、もしあのままバスを待っていたらまだあそこで立っていたんだろうな。さらに川沿いの林道を歩いて行ってやっと登山口に到達。ここで男性とはお別れした。(山に入ってからも簡単に追い抜かれました。)

Pa190004

(ここから山歩き)

少し行くと標識が立っていたようだ。帰りに気がついた。

Pa190090

(帰りに撮影)

いきなりの急登で、すぐに渋滞発生。下の方ではまだ葉っぱは緑のままだ。

Pa190010

しばらく行くと緩やかになって1062P近くに到着。この辺りは色づいていた。

Pa190021

ここから左折し西に向かう。人もばらけてきて、歩きやすくなる。紅葉(黄葉)は大博多山手前のピーク付近までで、その先はもう終わっていた感じ。那須連山や二岐山、日光連山は見えたが他はよく分からなかった。

Pa190022

Pa190044

何となく「ななころびさん」らしき人とすれ違ったが、人違いだろうか?また、下りてくる人が「まっちゃんさんは・・・」なんて言葉を口にした気がして、あのまっちゃんのことかなあなんて思いながら歩いていた。手前のピークへの登りは急でなかなか先に進まなかった。一旦下って登り返して山頂。ごった返している。狭い山頂に30人くらいはいただろうか。

Pa190051

360度の好展望との情報から期待していたのだが、この人の多さでは景色を愛でることはあきらめた。何とか一角を確保して腹ごしらえ。降りている時に聞いた話だと山頂に3時間も滞在する人がいるらしい。はっきり言ってどうなんだろうかと思ってしまう。まあ勝手と言えば勝手にして下さいですが。まあそれでもこちらは15分ほど休んでから下りた。

下りる途中で東京から来た30人の団体さんが登ってくるのに遭遇。何も好き好んでこんな日にと思うが、こちらも好き好んでこの日に登っているので人のことは言えた義理ではない。下りは滑らないように気をつけるだけ。ロープが設置してあるが、ただ流してあるだけのものが多いので頼りすぎない方がよさそうだ。

シャトルバスが停まっていたがここでも待つよりは歩いたほうがいいとそのまま林道を歩いて行った。途中でやはりバスに抜かれたが、1台だけだった。受付で下山カードに記入している時に発砲音が聞こえた。(それまでも何回か聞こえたが。)多分熊かなんかの駆除のためだろうが、登山道のない所を歩いているとズトンと撃たれることもこの時期にもあることを覚えておかないといけないようだ。伊南館の駐車場は車はだいぶ少なくなっているようだったが、自分の車を置いて臨時駐車場はさらの車が増えていた。

山開きも登る場所を選んだ方がよさそうです。やはり少なくとも山頂は広いほうがいいですね。

駐車地(10分)奥会津博物館伊南館(50分)登山口(1時間30分)大博多山山頂(55分)登山口(55分)駐車地

Photo

« 三岩岳~窓明山~巽沢山(平成26年10月11日) | トップページ | 関山(北から南から)(平成26年10月25日) »

会津の山」カテゴリの記事

コメント

野球親爺さん こんばんは。ななころびさんとすれ違っったんではないのでしょうか?ななころびさんも大博多山がどうとうかいわれてましたから。私も昔,間違って山開きの日に行ってしまって,狭い山頂で写真だけさっと撮って降りてきたことがあるのですが,その時降りてくるしぼれさんとすれ違っているのをしぼれさんの記録見て知りました。私が行った時は今回のように紅葉は進んで無かったような気がします。温泉割引の券を配っているとか聞きましたが,私が行った時は遅くてもらいはぐれました。

ノラさん こんばんは。
ノラさんが知らずに山開きの日に登ったのは記事を見て知っていましたが、しぼれさんとすれ違ったのは山から戻って改めて記事を拝見して知りました。人があまりにも多かったので、山開きも選ばないとだめですね。
温泉の割引券はもらいましたが行きませんでした。窓明の湯と赤岩荘が対象のようでした。
ななころびさんも多分山開きに行かれるかなとは思っていました。10時ちょっと前に下りてくる方とすれ違い、何となくななころびさんではないかと思ったのですが、声をかけることはできませんでした。今から思えば、間違ったとしても呼び止めるべきでした。
来年は南会津の山をノラさんの記録を参考に歩こうかと思っております。

こんばんは。
大博多山の黄葉は綺麗でしたね。私も行ってました、黄色・灰色シャツのメガネ男です。たぶん野球親爺さんが見たのは、私だと思います。
私はまったく野球親爺さんに気づきませんでした。すいません。
わかっていれば、当日最大の楽しい出来事になったと思います。私は挨拶はしましたかね?。
なお、当日は、偶然私の山友(いつもブログ登場の)4名にも各4回、山中で出会いました。
私のブログも福島復興に貢献してますかね。(笑)

ななころびさん こんばんは。
やはりそうでしたか。黒縁メガネをおかけでしたよね。
丁度、坂の所でした。私は何人かの後ろについておりました。
お互い挨拶はしましたよ。足早に下って行く後ろ姿を見て、ななころびさんじゃないかと思いましたです。
声をかけれずに残念です。また機会があるでしょう。お顔も何となく分かりましたし。
黄葉は綺麗でしたね。それ目当てでもありました。
あの時間だともう一山登られるのではないかと思っていましたが、なんかハプニングがあったようですね。レポ楽しみです。
福島復興への貢献は十分にされていると思います。

野球親爺さん こんにちは
私も好き好んで行ったうちのひとり(+1)ですが、多人数を飲み込めるお山ではありませんね。あの後、三岩岳への案内はがきが3年ぐらいきていたでしょうか。バッジも魅力ですが静かなお山が好きなので、最近は山開きの前後に登るようにしています。とはいえ今年は昭和の日にブッキングして元大臣殿を間近に見る余禄にあずかりましたが。
紅葉・黄葉も連荘でいい色だったようですね。

しぼれさん&Pさん こんばんは。
確かに山開きも大きな山なら人口密度もそれほど高くならないのでいいかも知れませんね。
栃木の山で山開きをしている所はそれほど多くないと思いますが、福島の山はいたる所でやっているようですから、登る時は確認が必要になりそうです。
今年は紅葉(黄葉)に恵まれました。もうすぐひだまりハイクの時期です。冬枯れもまた楽し、です。

静かな山に団体で押し掛けて大騒ぎみたいのは、何なんでしょうね?

まあ、そうは言っても、山開きに関しては、独特の雰囲気があって、楽しめたりするし、山開きが登山道を維持する地元のモチベーションになったりするのなら、必要なのかなあと思います。

NYAAさん こんばんは
山開きはやはりその地域の人達にとっては大事なイベントになっているのではないかと思います。
わざわざ山開きの日に大人数の団体さんで登らなくてもいいとは思いますが。まあ、それぞれの考えがありますからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/57727920

この記事へのトラックバック一覧です: 大博多山(山開き)(平成26年10月19日):

« 三岩岳~窓明山~巽沢山(平成26年10月11日) | トップページ | 関山(北から南から)(平成26年10月25日) »

最近のトラックバック