2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 釈迦ヶ岳(残雪)(平成27年3月21日) | トップページ | 神籠ヶ岳(平成27年4月12日) »

2015年3月28日 (土)

権太倉山(平成27年3月28日)

時間的な制約があり、かと言って栃木の山は花粉が多そうなので、福島の山ならそれほど花粉も飛んでいないのではと勝手に思い込みをして、それほど時間がかからないかもしれないと白河市と天栄村の境にある権太倉山に行ってきました。思いの外雪が残っていてちょっと迷走しましたが、山頂からの眺望にも恵まれた歩きとなりました。幸い花粉症の症状の悪化はありませんでした。

権太倉山(976.2M)

県道58号線を西進し羽鳥湖方面に向かうと、事前情報通り、権太倉山登山口のだいぶ手前で通行止めになっていました。その近くにスペースがあったので車を停めました。

P3280001_2

ゲートを左から抜け、看板に登山道入り口まで1.7kmとありました。道端のふきのとうを見たりしてゆっくり歩いて25分で登山道入り口に着きました。

P3280005

ここから田之沢林道に入っていきます。第2号橋の上流には小さいながらも何段かに落ちる滝が見えました。

P3280010


標高600m付近の左右が切れ立った場所では東側の法面が崩落したのか、落石が見られました。この林道で危険個所は多分ここだけだったと思います。

P3280012

そのうち道に残雪が飛び飛びに出てきました。田之沢林道を45分歩いて権太倉山の登山口に着きました。遊歩道の案内図や山の由来の書かれた看板もありました。

P3280021

ひと息入れて登っていきます。5分ほどで展望台に着き、登ってみますが、大していい展望ではありませんでした。さらに登ると道は左右に分かれます。残雪で進路がよく分かりません。とりあえず右に行ってみたらどうやらしっかりした道のようです。

P3280031

林の中なので残雪があるようです。ちょっと想定外でした。それほど危険な感じはなかったのですが、右上に崩れたらちょっと危ない岩が見えました。

P3280032

針葉樹林帯を抜けると雪はなくなります。900m級ピークは「つかぬ間の喜び」の板がありました。この板を下って来て見るのでは喜びにもなりませんので、今回のルートは反時計回りにした次第です。

P3280036

山頂に近づくにつれて残雪も多くなってきました。

P3280044

登り切って山頂です。

P3280047

下には立派な山名板が設置されていました。枝がちょっと煩いですが周囲の山々がよく見えます。いい時に登ったようです。

P3280050

(二岐山)

P3280052

(磐梯山と櫛ヶ峰)

P3280055

(羽鳥湖と大戸岳?)

P3280063

(遠くの白いのは飯豊山?)

P3280073

(旭岳と大白森山?)

P3280074

(小白森山?)

P3280075

(那須岳)

しばし景色を楽しんで腹ごしらえ。下りは聖ヶ岩登山口方面に向かいます。残雪がある所は道が途切れてしまうので分かりにくいですが、どうにか拾って下りて行きます。権太倉山1kmの板の場所に到着しました。ここから進路はザル山山腹のトラバースになります。

P3280084

地形図の破線路を通るのは高度感がありそうです。ここからしばらく迷走してしまいました。谷を下りて尾根を乗り換えて道に出たと思って下ったら、道は消失してしまいました。GPSを見ると道はもう少し標高の高い所にありそうでしたので登り返していくと本来のルートに出合いました。ああよかった。しかしこれから進む道は雪こそないもののだいぶ狭そうです。滑落注意です。

P3280091

どうにかクリアしていくと残雪のトラバースです。高度感はないので問題ありませんが、大きく踏み抜きました。

P3280093

そこを抜けるともう危険個所はありませんでした。帰ってきて調べると下る途中に風穴があったらしいのですが、完全に見落としたようで気がつきませんでした。下に道が見えてきて数分で登山道入り口に到着です。

P3280101

迷走しましたが、面白いと言えば面白くもありました。帰宅して考えてみるとザル山を直登して東方面に下って行けばあまり危険な目に会わなかったかも知れないと思いました。相変わらずの下調べ不足でした。まあ下調べしすぎても歩きが面白くなくなることもありますので。

あとは2.7kmの道を辿って駐車地に戻りました。時間的にも迷走した割には予定通りにすみました。ザル山と風穴の宿題が残りました。また機会があれば今回とは反対周りで歩きましょうか。

駐車地(25分)登山道入り口(45分)登山口(30分)つかの間の喜び(15分)権太倉山(1時間50分)聖ヶ岩登山口(30分)

Photo

« 釈迦ヶ岳(残雪)(平成27年3月21日) | トップページ | 神籠ヶ岳(平成27年4月12日) »

福島の山」カテゴリの記事

コメント

野球親爺さん こんにちは。権太倉山のふもとまでまだ県道は開通してないのですね。今年は山開きをやるような事が書いてあったような?つかの間の喜びってなんなのですか?山頂と間違えるみたいな場所でしょうか?
その内,表から登ってみないといけないですね。そのあたりまだ未踏の山が一杯あるのでいつになるやらですが。

ノラさん こんばんは。
県道の開通は今年7月のようです。山開きは県道再開通後の7月中旬に何年か振りに開催される予定ともネット情報にありました。
「つかの間の喜び」は特に景色がいい所ではありません。林道終点から登ってくると最初のピークなので、山頂と勘違いして喜んだら、西に山頂の高みがあるのでぬか喜びに終わるということでしょうか。

こんばんは。
権太倉山はつい最近知りました。白河方面の山には入ったことがないので、行ってみたくなりました。(山頂からは、名だたる山が見えるようなので)
この山、地形図を見ると急傾斜も多そうですね。つかの間のよろこび”などの命名など、地元の人に愛されている山なのでしょう。
これからの季節、福島の山に行くのが楽しみな時期ですね。

ななころびさん こんばんは。
私もこの山を知ったのはそれほど前ではありません。
山頂からの眺めは思いの外良かったです。
地形図で見るほど急な所はなかったような気がします。

展望台もあるくらいですから、旧大信村では力を入れていたのではないでしょうか。
今年もななころびさんは福島の山開きツアーでしょうか?
私も山開きはともかく、福島の山を歩く機会が多くなりそうです。

この時期に権太倉山と聞いて、鳳坂峠から往復か?と思いましたが、そんなに雪ないようですね(笑)

昨年9月に隈戸川源流を遡行しようとしましたが、通行止めで帰されてしまいました。登山口まで、林道はまったく崩壊していないのに、通行止めは意味不明です。

でも、林道を歩くという選択はなかったなあ(笑)

権太倉山に行く時は、隈戸川源流遡行か、聖ヶ岩クライミングか、鳳坂峠からスノーシューのいずれかですね。

NYAAさん こんばんは。
権太倉山の登り方は今回のルートしか考えませんでしたよ。
鳳坂峠からのルートはノラさんが歩かれていたので知っていましたが、他は知りませんでした。クライミングなんて遠い世界です。
林道歩きは得意なんですよ(笑)。

こんにちわ。
通行止め、結構長い期間になっているみたいですね。赤面山からこのお山を見まして周囲に何もないのできっと見晴らしがよいのだろうと思ってましたが、想像以上に良いですね。野球親爺さんには通行止めは障害じゃないところが自分は見習うべきところです。静かでよさそうですし。

みー猫さん こんばんは。
通行止めと言っても、歩くには問題ないと聞いていましたので行ってみましたが、道が崩れているような所には行きませんよ。
赤面山から見えるのは初めて知りました。以前に撮った写真を改めて見たら赤面山のパノラマ板に権太倉山が書かれてました。いつも旭岳の方に目がいってしまって意識の外でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/59440234

この記事へのトラックバック一覧です: 権太倉山(平成27年3月28日):

« 釈迦ヶ岳(残雪)(平成27年3月21日) | トップページ | 神籠ヶ岳(平成27年4月12日) »

最近のトラックバック