2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月25日 (土)

両部ヶ滝、露払いに茶臼岳(平成27年7月25日)

やはりなかなか遠出する気になりません。早起きをするのが億劫になってます。ということで今回も近場です。何年も前から気になっている両部ヶ滝に行ってきました。以前に入り口を見つけたような気がしたのですが、どこだったか忘れてしまいました。もしかしたら見つけてなかったのかも知れません。今回はしっかりリサーチしました。それでも一発で見つけられませんでしたけど。

両部ヶ滝だけだとあっけなく終わりそうだったんで、露払いにまず茶臼岳に登ってから滝を見に行きました。丁度いい時間に滝を見ながら食事をすることができました。(食事をしながら滝を見る?)

茶臼岳(1915M)、両部ヶ滝(約1320M)

2週間前とおなじように峠の茶屋の駐車場に停めます。8時半を過ぎていますが、駐車スペースはまだありました。指導センターの所で促されて登山届を書きます。2週間で道脇に咲いている花も違ってきますね。樹林帯を抜けると強風です。那須はやっぱり強風がないと那須ではないと思いながら登っていきました。峰の茶屋の避難小屋で少し風を避けて休憩し茶臼岳に向かいます。夏休みですし人は多いですね。山頂には証拠写真を撮るだけで、お鉢めぐりに進みます。

P7250035

適当に寄り道しながら峰の茶屋に戻り、西に下って行きます。前回は飲まなかった延命水を今回は行きと帰りで1L補給しました。その場でも500mlくらい飲みました。今回も結局2.5L以上水分を摂りましたよ。どう考えても摂りすぎですね。沼原分岐を過ぎて左手に注意して進みますが、見落としたようでどうも通り過ぎたようです。また戻って「雪の多いしるい」という案内板のある場所から20数歩ほど東に進んだ所に赤いテープの巻かれている木がありました。ここから突入です。下に踏み跡があるように見える笹薮を抜けるとテープが案内してくれますが、笹を嫌って適当に進んで行ったら道が分からなくなってしまいました。まあいいやと藪のなさそうな所を東に修正して進んで行きました。すると前方に何かが動いたように見えました。立ち止まって注意深く見ると黒いような茶色いような物体が西の方に駆けていくのが確認できました。サルでしょうかね。クマでしょうか。深追いはしませんでした。東に進んで行くと踏み跡発見。

P7250082

踏み跡を進み、分かりにくい所でテープを確認しながら進んで行くと水の音が大きくなってきます。枝越しに滝の一部が見えてきました。急な斜面を下りて、最後に笹藪を抜けると沢に出ました。沢の向こう岸に行き、滝の良く見える場所に移動。滝を見ながら休憩しました。

向かって右は雌滝のようです。

P7250093


P7250095


P7250099

向かって左は雄滝のようです。

P7250092

P7250102

P7250105


P7250114

P7250115

(同じような画像ばかりですみません)

P7250118

沢の左岸から姥ヶ平方面に行く道もあるようですが、よく分からなかったので来た道を戻りました。途中枝越しに茶臼岳方面の見える場所がありました。

P7250128

道に出る手前の笹薮は鬱陶しいですが仕方ないですね。避難小屋でちょっと休憩しましたが、そこに戻るまで2週間前には殆ど人に会いませんでしたが、今回は7,8パーティーとすれ違いました。三斗小屋温泉に泊まるんでしょうかねえ。避難小屋から峰の茶屋への向かうガレ場に黄色い花が沢山咲いてました。コキンレイカでしょうか。この日一番お気に入りの花でした。

P7250070


P7250067

また次回は別のルートから行ってみましょう。

7月は滝見物月間でした。

両部ヶ滝入口(30分)両部ヶ滝(40分)両部ヶ滝入口

2015年7月22日 (水)

おしらじの滝と竜化ノ滝(平成27年7月20日)

海の日絡みの連休でしたが、何となく気乗りがしないというか、天気もすっきりしないしということで近場の滝を見物に行っただけで終わりました。帰ってきて歩き足りないので近くの運動公園で10㎞以上早足で歩き、熱中症になりかけました。那須辺りに行って来れば良かったと思った次第です。

おしらじの滝

あまり知られていない滝のようです。駐車地から10分とかからない場所にそれはありました。写真撮影をされている方がおひとりいらっしゃいました。

滝壺の色が神秘的です。滝が水面に反射して見えるのが珍しいのではないかと思いました。

P7200015

P7200024

P7200025

P7200039

竜化ノ滝

こちらは遊歩道が整備され、サンダル履きの人もいらっしゃいました。滝の上部まで行ければ良かったのですが。こちらも駐車地から10分ほどで観瀑台に行けます。

P7200056

P7200058

竜化ノ滝の手前に小さな滝がありました。

P7200047

次週も山に行く気力が起きるかどうか分かりません。登りたい山は沢山あるんですけどねえ。

2015年7月14日 (火)

三本槍岳、流石山、大倉山(ニッコウキスゲを見に)(平成27年7月12日)

久しぶりに裏那須のニッコウキスゲを見たくなり、峠の茶屋から三本槍岳を経由して三倉山三角点峰まで歩いてきました。前回は7年前の山開きの翌日に日暮の滝付近から三倉山山頂までピストンしています。今回ニッコウキスゲがかなり見事に咲いているように思いましたが、前回の写真を見返してみると、前回も結構咲いていました。ニッコウキスゲは年によって当たり外れの差が大きいように感じていますが、今年は当たり年なのでしょうかね。その道のエキスパート?の方にお聞きしないといけませんでしょうか?いやあ花もいっぱいでしたが、人もいっぱいでした。

三本槍岳(1916.9M)、流石山(1822M)、大倉山(1885M)、三倉山三角点(1854.1M

ある本によれば1888m峰を本峰(二ノ倉)、そのすぐ北西のピークを一ノ倉、三角点峰を三ノ倉として三つのピークを合わせて三倉山と呼ぶとなっています。そう言われればまさしくそういう風に思います。三倉山本峰には唐沢山(空沢山)側からと大峠側からと1回ずつ登っています。本峰は福島側にありますので栃木側から登る理由はないのですが、三倉山三角点峰は栃木と福島の県境にありますから、できれば栃木側から登ってみたいなあと思いました。実は9年前に峠の茶屋から大倉山まで歩いています。その時には栃木側から登るとか、県境尾根を歩くとかまったく拘っていなかったので、三倉山方面にわざわざ行くことはしませんでした(花も期待できそうにないなあと思ったのでした)。その時に歩いていれば今回三倉山三角点峰まで行かなくても良かったのですが・・・。

前回は今回とは逆に三本槍岳を後に登って戻っています。9時間半ほどかかりました。その時の登り返しがえらく堪えた記憶があって今回は先に三本槍岳に登ってから流石山方面に登ることにしました。でも大峠から三斗小屋温泉経由で峰の茶屋に行くまでもかなり登り返しがあるんですよね。昨年経験しているのに甘く見積もってましたというかもう忘れてました。まあそれだけの理由ではないですけれど、予想では10時間ちょっとかと思っていたのが、11時間近くの歩きになってしまいました。峰の茶屋まではいつまでもあると思うなお金(?)と体力との言葉が頭の中で反復しながら歩いてました。

前置きが長くなりました。6時頃に峠の茶屋の駐車場に着きました。結構車は停まっています。快晴です。歩き始めるともう降りてくる人がいるんでね。4時に歩きだし三本槍岳まで行ってきたと言うご婦人もいらっしゃいました。峰の茶屋から見る流石山から三倉山へと続く稜線ははるか遠くにあるように見えました。あそこまで行くのかあ。

P7120010

朝日岳には寄らずに進みます。所々にヒメシャジンが咲いてました。オトギリソウやニガナもあります。三本槍岳には8時過ぎに着きました。この時間ですから数人いるだけです。

P7120055

ここから見るとこれから辿る稜線はだいぶ近くなってきました。なんか圧倒されます。

P7120059

遠くに見える飯豊連峰はまだたっぷり残雪があるようです。磐梯山、吾妻連峰、安達太良山は霞んで見えました。会津駒ヶ岳、燧ケ岳、日光の山々も遠目に見えます。旭岳はこの日色々な角度から見えましたが、三本槍岳から見る形が一番いいような気がしました。

P7120070

腹ごしらえをして先に進みます。下り始めてすぐにハクサンチドリがありました。鏡が沼を見ながら大峠に向かいます。ここはニガナ街道と言っていいようなニガナの宝庫?ですね。道の両脇に沢山咲いていました。

P7120135

下って行くとお花畑の様相でヒメシャジン、ハクサンフウロ、ウスユキソウ、さらにはニッコウキスゲのお出ましです。大峠が見える場所に来て、そちらを見るとあらら団体さんでごった返しています。まあ仕方ありませんね。こちらが大峠に着くと団体さんは出発した後でした。時間調整のためもあり、またここで休憩しました。

P7120163

さあ登り返しです。色々な花が咲いています。少し上の方に行くとお目当てのニッコウキスゲが咲いていました。

P7120208

P7120211

一旦少なくなってまたさらに登るとまた群生していました。

P7120236

今が見頃なんでしょうかね。傾斜が緩くなって稜線に出ると空中散歩といった感じの歩きになります。団体さんの後ろについて歩いているうちに両方の太ももが攣りそうになってしまいました。脱水症でしょうか。この日は4Lの水分を背負ってきています。もう2L近く消費してしまいました。目的地まで行くと足りなくなるのは目に見えていますが、また別の機会に来るもの大変ですから行ける所まで行きましょう。流石山の標柱のある場所は20人ほどはいたでしょうか。

P7120322

(帰路で撮影)

こんな所で休めませんから、先に進み1822P近くの休憩適地まで行って休みました。腰を下ろすとヒメシャジンが咲いているのに気づきました。遠くを見ると調整池とダム湖が目に入ります。

P7120249

ここで改めて水分量を確認すると、もう2Lを切ってしまってました。やばいですね。休んでいると荒い鼻息が聞えました。まさか熊じゃないよねと、恐る恐る振り返ると体格のいい女性でした。ビックリしました。結構大倉山方面から来られる方がいたんですね。失礼いたしました。

先に進みましょう。沢登りをしてきたと思われるパーティーが数組いました。こんな日は沢はいいでしょうね。経験がないので分かりませんけど。ニッコウキスゲはこの付近の道端にも咲いていました。

P7120259

シャクナゲも目につきます。キスゲ小沼付近のコバイケイソウは最盛期は過ぎたようです。

P7120270

近くにはニッコウキスゲが咲いていました。

P7120274

(遠くに三倉山本峰)

道がぬかるむと五葉の泉が近いです。周囲には今は目立った花はありませんでした。

P7120311

(帰路に撮影)

1885Pに大倉山の標柱がありました。日陰で休んでいる人達がいました。休まず三角点峰まで行きましょう。

P7120308

(帰路に撮影)

三角点峰まではアップダウンが少しだけですがあります。これが堪えますね。周囲の景色がいつも見慣れたのとちょっと違って見えます。二岐山はちゃんと二つになってました。旭岳は穏やかな山容に見えました。飯豊も見えるんですね。三角点峰から西に延びる県境尾根を確認します。かといってここを歩くことはない可能性の方がかなり高いですけどね。

P7120293

少し登って三角点峰に到達です。標石しかありません。

P7120296

取り敢えず腰を下ろして休みます。丁度12時です。三倉山本峰が聳えて見えて、歩いている人の姿も良く見えますが、今回は時間切れ、燃料切れでここまでが限界です。

P7120297

(三倉山本峰の雄姿)

水分はセーブして飲んでいるんですけど、残1Lを切りました。厳しいです。後4時間以上はかかるでしょう。頼りは三斗小屋温泉の水ですね。そこまでどうにか頑張りましょう。それにしても暑いです。眺めはいいですけどね。

帰りも大倉山はパス、流石山までの登り返しがきついです。どうにか流石山に到着。人は数人だけなのでここでまた休みます。もう殆ど水はないと言っていいくらい。下りは普段はあまり水分を必要としないことが多いですが、登りで脱水気味だったのがそのまま持ち越しているので喉カラカラ状態で歩いているせいでしょう。殆ど写真を撮る気力もありませんが、それでも大峠への下りで撮りました。

P7120332

(山頂部の欠けた旭岳でごめんなさい)

P7120334

大峠からは三斗小屋温泉に向かいます。水はもうありません。こちらにもほんの少しキスゲはあるんですね。ヤマオダマキが咲いてました。一つ目の沢を渡る時に顔を洗いましたがリフレッシュなどできませんね。右の踵が痛いので靴を脱ぐと靴擦れで皮が剥けてます。別にいつもの履きなれた靴なのですが何ででしょうね。絆創膏などは持ってきていないので我慢するしかないです。3つ目の沢で我慢できずに水を数口飲みました。ここから三斗小屋温泉までの登り返しはきついの一言です。三斗小屋宿跡への分岐に着くともうすぐ温泉です。煙草屋の方にお水をいただきますと声をかけ一気に1Lも飲んでしまいました。

P7120356

生き返りました。ペットボトルにさらに1L水を汲んで進みます。峰の茶屋までの登り返しが懸念材料ですが、ここまで来たらどうにかなるでしょう。延命水くらいまでは殆ど登りはありませんが、その先から徐々に登り、避難小屋からはさらに登りがきつくなります。樹林帯を抜けるとガレた道を登ります。

P7120369

峰の茶屋も人影まばら。当たり前ですね。もう午後の4時半ですから。いつもは足早にここから峠の茶屋まで下りて行くんですが、転倒したらたまりませんから慎重にゆっくりと戻りました。車に戻った時には歩き出してから殆ど11時間もかかってました。予定よりも1時間近くかかってます。

無謀な歩きはしないようにしましょう。いつまでも若くありませんからね。と自分に言い聞かせる歩きになってしまいました。10時間の歩きだと少なくとも5Lの水は必要だということが分かりました。というか今まで分かっていなかったのかと自分でも不思議です。

今回の歩きで見かけた花々です。

P7120040


P7120054


P7120079


P7120119


P7120142


P7120146


P7120169

P7120190


P7120222


P7120237


P7120263


P7120272


P7120276


P7120281

P7120347


峠の茶屋(2時間5分)三本槍岳(1時間)大峠(1時間5分)流石山(55分)大倉山(15分)三倉山三角点峰(1時間)流石山(35分)大峠(1時間25分)三斗小屋温泉(1時間5分)峰の茶屋(25分)峠の茶屋

Photo

2015年7月 5日 (日)

塩原渓谷歩道回顧コースと布滝見物(平成27年7月5日)

今週は仕事絡みでいつ呼ばれるか分からないので、携帯が確実に繋がる所でそう遠くない場所しか行けません。2週前のように那須にしようかとも考えましたが、ちょっと遠いなあと思い、30分ほどで行ける塩原渓谷歩道を歩いてみることにしました。色々なコースがあるようですが、まだ歩いたことのない回顧(みかえり)コースにしました。その後に車で移動して布滝を見に行ってきました。

塩原渓谷歩道回顧コース

小さなトンネルを抜けた左手にある駐車場に車を停め歩き出します。すぐ裏の急斜面を何の気なしにちょっと進むと滑りそうで危険です。ここは帰りに登りで来た方がいいやと引き返し先ほど通ってきたトンネルの方向に進みます。案内を見ればさっきの急斜面は間違いだと普通の人なら気づくはずですが、ここではまったく気がついていません。

P7050003

トンネルの南側に歩けるスペースがありました。

P7050005

しばらく進むと留春の滝への階段がありました。ここで最初に降りようとした場所が間違いだったことに初めて気がつきました。あんな危なそうな所が遊歩道であるはずがないですね。間が抜けていました。下まで降りなくて良かったです。

P7050007

階段を下って行くと吊り橋がありました。これを渡ります。

P7050010

振り向くと滝がありましたが、これは留春の滝ではありません。

P7050011

橋を渡り切り、ちょっと左に留春の滝がありました。水が落ちていく影響か風が滝の方から吹いてきます。なかなか豪快です。

P7050018

留春の滝の左手にも細い滝がありました。遊歩道は少し戻った方向にありますのでそちらに向かいます。結構急な所を登ります。道はしっかりと整備されていますが、歩幅と合わない階段がちょっと厄介ですが、文句を言うと単なるクレーマーになってしまいますので、大人しく階段を登っていきました。663Pから下りに転じ、杉の植林地を抜けてさらに下ると回顧(みかえり)の滝が見える場所に着きました。

P7050044

(枝が邪魔ですね)

さらに下ると観瀑台に到着。ここで初めて人に会いました。こちらの方が滝が見やすいようです。

P7050046

吊り橋を渡って対岸に着きました。

P7050050

(渡りきって撮影)

この先は道が二手に分かれます。左の傾斜の緩やかな方から登りました。登りきった蟇石園地の駐車場が終点になりますが、舗装道路で駐車地へ戻ります。がま石トンネルができたために車の往来の殆どなくなった旧道を所々にある滝を見ながら戻りました。

P7050065

(仙髯の滝)

P7050069

(連珠の滝)

トンネルができたためにこれらの滝を目にする人も少なくなりますねえ。

1時間45分

布滝

布滝という滝があるらしいので行ってみました。箒川ダムへ下りる所にある駐車場に停めます。ここは塩原渓谷歩道やしおコースの入口でもあるようです。箒川ダムというのがあると初めて知りました。もう数えきれないほど車でこのそばを通っていますが、あまり興味のないものは記憶しないのでしょうね。ダムのそばまで下りて行くと道が分かりにくくなりますが、どうやらここから先に進むようです。圧迫感があります。

P7050092

(帰りに撮影)

登ったり下りたりして観瀑台に到着。落差の小さな滝ですが、水量はかなり多くありました。

P7050085

丁度お昼時なのでここで大休止としました。滝を見ながら(滝という定義はどうなんでしょうか。落差が何メートルとか決まっているのでしょうか?)腹ごしらえですが、川の対岸には道路があるので車がひっきりなしに通って落ち着きませんでした。帰りは登り基調で疲れますね。このところ長い時間歩いていないので身体がなまってしまったようです。

やしおコースを辿って、今話題?の不動の湯にでも行こうかと当初は思っていましたが、以前に傍を歩いたことがあるのでやめました。

50分

しっかりと歩けるのは梅雨明けになってからでしょうか。まだまだのような気がします。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

最近のトラックバック