2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 尾白山(平成27年10月18日) | トップページ | 大戸岳(平成27年11月1日) »

2015年10月24日 (土)

ミツモチ(尚仁沢左岸尾根から)(平成27年10月24日)

今月に入って福島方面の紅葉を続けて楽しんでいます。今回もまた福島に行こうかと思っていましたが、24日の天気予報は前日の段階では微妙でした。23日の夜の野球が終わってから行先の検討をしましたが、疲れもあって翌日に早起きするのが面倒になり、24日は近場で済ますことにして寝てしまいました。24日朝起きてうだうだしているうちに時間が経ってしまい、結局ミツモチになりました。歩き終えて家に戻って確認すると今年の5月3日に歩いたコースを一部を除いて反対周りに歩いただけでした。すっかり忘れていましたが、ミツモチも今年3回目でした。4回目になる釈迦ヶ岳に行っても良かったかなあと今は思っています。

ミツモチ(1248.0M)

最近ミツモチを歩く時に駐車する県民の森の育樹祭跡の駐車場に停め歩き出します。南尾根の入口を見送って尚仁沢左岸尾根の取りつきに到着。ここから登りだします。

Pa240007

5分ちょっとで土塁を越えて行きます。踏み跡はあるようなないような感じです。笹の丈が以前に歩いた時よりも高く感じます。季節的なものでしょうか。所々で紅葉していますが、快晴ではないので映えません。

Pa240027_2

途中で突然すぐ前から鹿が飛び出して行きました。さらに進むと鹿の寝床?のような笹の倒れた空間がありました。1001Pにある陸軍用地の標石は笹にだいぶ隠されていました。

Pa240039

少し歩く方向が変わり下るとまた土塁を越えます。左右の谷側には紅葉した木々が見えますが、億劫なので近くまで行って撮影することはしませんでした。

Pa240058

さらに登っていき、傾斜が緩くなると登山道が近くなりますが、笹の丈は高くなって歩きづらくなります。登山道に出てミツモチ方面に進むと道端に色づいた木が目につきました。

Pa240065

そこから数分でベンチのある場所に到着。しばし休憩後すぐ上の岩のある所に登り、三角点の方に行ってみました。山部さんの板がないなあと思ってウロウロしたら展望台の案内板の所に掛かっていました。色々と場所が変わるようですね。

Pa240070

少し南に下ってミツモチ山頂の標柱のある場所でまた休憩し、何気なくズボンを見ると小さな虫が10匹ほどついていました。ダニでしょうか。丹念に見て払いのけました。下りは南尾根を直に進みます。リンドウが咲き残ってました。

Pa240077

南尾根も紅葉している木はありました。天気が良くなったために幾分生えているように見えます。

Pa240084_3

あっという間に林道に出て、駐車地に戻りました。ズボンを見たらまた5,6匹くっついてました。しつこいほどに何回も確認してすべて除去しました。

駐車地(35分)尚仁沢左岸尾根取りつき(1時間40分)ミツモチ(45分)駐車地

« 尾白山(平成27年10月18日) | トップページ | 大戸岳(平成27年11月1日) »

男鹿山塊・高原山」カテゴリの記事

コメント

尚仁沢左岸尾根とミツモチ山南尾根の周回も良さそうですね。
ダニはちょっと嫌ですが丈の短い笹原が気持ちよさそう。
積雪期の両尾根の感じはどうでしょうか。

まっちゃんさん こんばんは
尚仁沢左岸尾根は物好き以外は殆ど歩いていないと思います。
ミツモチ南尾根はしっかりとした道がありますからそれなりに歩いている人はいると思いますが、それほど多くはないように思います。静かな歩きはできるでしょう。
積雪期には歩いたことがないのでよく分かりませんが、今度の冬に歩いてみましょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/62199143

この記事へのトラックバック一覧です: ミツモチ(尚仁沢左岸尾根から)(平成27年10月24日):

« 尾白山(平成27年10月18日) | トップページ | 大戸岳(平成27年11月1日) »

最近のトラックバック