2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 沼尻登山口から船明神山、篭山、鉄山、箕輪山(平成27年10月10日) | トップページ | 尾白山(平成27年10月18日) »

2015年10月13日 (火)

甲子温泉から甲子山、大白森山(平成27年10月12日)

3連休の最後の日。天気も良さそうな予報なのでまた紅葉を愛でに行こうと検討。取り敢えず甲子山に行ってみて、紅葉の状態によって旭岳へ登るか大白森山へ登るか決めようと出かけました。甲子トンネル手前に駐車するのが一番いいなあと思っていたのですが、前日にチェックしたサイトではその駐車地は緊急用の駐車場で一般車は停めてはいけないように書かれていました。大黒屋の傍に駐車地があるようなのでそこに停めることにしました。

甲子山(1549M)、大白森山(1642M)

大黒屋の敷地の手前には何か所か車を停められる場所があり、既に10台以上は停まっていました。少し上の方の空いている場所に停めて歩き出します。大黒屋の入口に登山届ポストがあり、先行の人が届を書いている最中で後ろで待っていました。書き終ったらしいので挨拶をするとどこへ行くのか問われました。甲子山から旭岳か大白森山に行くと話すと、大白森山について聞かれましたので、10年前の経験から様子をお話しました。この方とはこちらが大白森山へ登り始めて間もなく、下山してくるのにお会いしました。

Pa120002

大黒屋を抜けて山道に入ります。登るにつれて素晴らしい紅葉に出合います。思わず声が出ます。足は止まります。歩いているのか写真を撮っているのか分かりません。

Pa120030

Pa120056

Pa120077

つづら折りが終わり平坦になると猿ヶ鼻です。この先も紅葉です。

Pa120086

Pa120090

Pa120095

甲子峠の分岐に着きました。まずは甲子山です。

Pa120101

山頂まで0.4㎞とあったのですぐかと思ったら結構急で疲れました。山頂には10人ほど休憩中でした。

Pa120125

目の前に旭岳が屹立しています。圧倒されますね。

Pa120126

甲子山に来るまでにかなり疲れてしまったので、あの急峻な所を登るのはきつそうです。ルートの周囲には色づいた木々は少なそうです。それを口実に旭岳はやめました。大白森山の方は色づいていそうでした。というか、甲子山の西から北にかけてみえる山腹は綺麗に色づいていました。いいタイミングで登ったようですね。ほんの数分後に登って来られた方とお話しました。6日に安達太良山に行ったそうです。こちらは一昨日行ったことを話し、お互い鉄山の南面の紅葉の見事さを語りました。その方のデジカメに保存された写真を見ると6日の方が黄色が綺麗に見えました。

コーヒーとおにぎりで十分に休んで大白森山に向かいます。そうそう、2人ほど旭岳方面に下って行きました。岩の歩きにくい所を下って行きます。ロープがないと歩けませんね。周囲の色づきがここもきれいです。

Pa120132

分岐から甲子峠に向かいます。1.7kmだそうです。

Pa120135

甲子峠までも道もやはり綺麗でした。

Pa120138

Pa120146

途中、大白森山方面が見える場所がありました。手前のピークとともに色づいているのが分かります。

Pa120144

左後ろを見ると観音山でしょうか。山腹が染まってました。

Pa120148

ふたつほどピークを越えていくのがつらいですね。ここでも前方の山肌が綺麗です。

Pa120153

どうにか甲子峠に着きました。軽トラックが1台停まっていました。ここでちょっと休憩。250mほどの登り返しに備えます。取りつき付近に鮮やかな木がありました。

Pa120167

さて重い腰を上げて進みましょう。崩れた所を登っていきます。

Pa120169

しばらくは林の中を登っていきます。途中で多分軽トラの人と朝の先行の人とお会いしました。途中から涸れ沢の登りになります。ロープのつけられている所もありました。

Pa120178

傾斜が急なので高度を稼ぎます。息も絶え絶えですが山頂は大分近いです。涸れ沢が終わると色づいた木が出迎えてくれました。

Pa120188

小白森山からの道を合わせ右折すると大白森山山頂です。丁度3人連れが下りる所でした。小白森山登山口から来たようです。

Pa120192

360度の大展望です。遠くには猪苗代湖と磐梯山が見えます。目を転じると小野岳やたぶん神籠ヶ岳も見えています。もちろん近くには二岐山や小白森山が見えます。赤く色づいています。さらにぐるっと見回すと勿論旭岳も良く見えます。

Pa120226


(二岐山、右は大戸岳方面)

Pa120220

(小白森山)

Pa120229

(また旭岳、雲が多い)

Pa120228

(遠くに三倉山)

Pa120227

(観音山でしょうか)

景色をおかずに大休止ですね。実はNYAAさんが先日大白森山に登られたそうで、紅葉が良かったとおっしゃってました。便乗してしまいました。十分に休んで戻ります。甲子峠からの登り返しがちょっと気になります。

涸れ沢の下りは滑りやすいので要注意です。木の間から傍の山の斜面が見えました。疲れも幾分取れますね。

Pa120258

涸れ沢の下りが終わると歩きやすい道です。登りではちょっと曇りがちで映えなかった色も日の光が当たるといい感じになりますね。紅葉も太陽の光があってのものなんですね。

Pa120265

甲子峠に戻りました。向かいの道に進みます。

Pa120270

最初の登りをこなせばあとはそれほどの登りはありません。相変わらず写真を撮りながら進みます。

Pa120308

甲子山への分岐には大白森山から丁度1時間でした。ここからも登りで見たと思うのですが、見る方向と太陽の位置が変わると見方も変わるようで、初めて見るような感じでここでも写真を撮りまくりながら進みます。猿ヶ鼻を過ぎて下って行きます。今日の紅葉見物もいよいよ終わりでしょうか。

Pa120364

Pa120365

車やオートバイの音が大きくなってきました。トンネル傍の駐車地を見ながら進み、たぶん日帰り入浴の車で満杯状態の大黒屋の敷地を通り、ポストに下山届を提出して車に戻りました。

ずっと色づいた木々に囲まれて歩くことができて、非常に充実した1日になりました。また来週も紅葉がどこかで見られるといいのですが。

大黒屋入口(1時間)猿ヶ鼻(35分)甲子山(10分)甲子峠分岐(30分)甲子峠(35分)大白森山(25分)甲子峠(35分)甲子山分岐(1時間)大黒屋入口

Photo

« 沼尻登山口から船明神山、篭山、鉄山、箕輪山(平成27年10月10日) | トップページ | 尾白山(平成27年10月18日) »

会津の山」カテゴリの記事

コメント

連日の素晴らしい紅葉歩き。
溜息が出てくる美しさですね。
どうしたらこうやってドンピシャで歩けるのでしょうか。
つくづく羨ましいです。
来週あたりに訪れても既に色褪せてしまっているんでしょうね。

甲子山近辺は自分もぎりぎり遠征可能な山なので何時の日にか訪れてみたいものです。

まっちゃんさん こんばんは。
これほど紅葉が見事だとは思いませんでした。
自分としては今までで最高の紅葉だったような気がします。
たまたま当たっただけですけどね。
那須岳周辺の喧騒とは無縁の静かな歩きができますから、是非訪れてください。
紅葉のタイミングは甲子温泉大黒屋さんのブログが役立つかもしれません。

野球親爺さん、初めまして。
本当に撮影が忙しくて何度も立ち止まるほど見事な紅葉でした。
甲子山は初めてでしたので何かと情報不足。
最初から旭岳は無理と思ってますが、大白森山までなら行けそうかなと?
登山道の様子も参考になりました。
今後ともよろしくお願いします。

リンゴさん コメント有難うございます。
本当に見事な紅葉で、声が自然と出てしまってました。
大白森山は旭岳より多少時間はかかると思いますが、標高差は少なめです。
危ない所も殆どありませんので、是非歩いてください。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

光が差して良かったですね。10/10は、快晴の予報だったのですが、なんだか微妙でした。

まあ、快適に歩けて良かったです。

NYAAさん こんばんは。
大白森山の情報を下さり有難うございました。
旭岳に後ろ髪をひかれつつ、大白森に行ってしまいました。
紅葉はやはり日の光があってこそだと認識した歩きでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/62034903

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子温泉から甲子山、大白森山(平成27年10月12日):

« 沼尻登山口から船明神山、篭山、鉄山、箕輪山(平成27年10月10日) | トップページ | 尾白山(平成27年10月18日) »

最近のトラックバック