2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 鷹飛山(平成27年11月28日) | トップページ | 東山(平成27年12月12日) »

2015年12月 7日 (月)

谷倉山(粟野側から)(平成27年12月6日)

昨年12月に粟野側から大倉山に行き、当初は谷倉山まで縦走する予定だったのですが、軟弱にも途中の林道で途中退場しました。最近は行くところもなかなか思い浮かばず、たまたま昨年の敗退を前日に思い出して、谷倉山をまた歩いてみるかと考えた次第です。昨年下りてきた林道を利用してそのまま登るのも味気ないので、林道の東にある500Pを経由して谷倉山に登り、さらに大越路峠の西の三角点まで足を延ばしてみました。山中では一人のハンターに会いましたが、近くでは発砲音は聞こえませんでした。

谷倉山(599.4M)

昨年林道を下りてきた所にあった地区の公民館の空き地に停めさせていただきました。誰もいなかったのでワイパーの所に谷倉山に登ってくる旨を書いた紙を挟んでおきました。地区の方々有難うございました。(帰りに近くの犬には吠えられましたけど。)

支度をして歩き出すとすぐに分岐です。取り敢えず右手に進みますが、左手の沢が渡りやすそうに見えたので分岐に戻り左に進みました。

Pc060003

少し進み渡りやすそうな所を見て対岸に渡りました。藪は殆どなく、踏み跡もあります。岩っぽい所もありますが問題ないレベルでした。ふと右手を見ると遠くの山が見える場所がありました。山は同定できませんでした。

Pc060016

途中に洞穴みたいな所にワイヤーが残置されているのを見ました。270m付近には金網状の建造物がありました。

Pc060022

さらに5分ほど歩くと右から林道のような道が合わさってきました。この道を歩いていくと少し藪っぽくなってきました。

Pc060026

それも長くは続かず5分ほどで終点になりました。地形図の実線は殆どあてになりません。そのまま高い所を進んで行きます。踏み跡はあると言えばありました。ひとつ西の尾根と合流して登ると大倉山と谷倉山を結ぶ縦走路に出ました。ここから林道までは昨年通っているところです。うっすらと覚えている所もありますが、あらかた忘れてますね。500Pで向きが変わり下って行くと林道に出ました。約1年ぶりですね。もう来ることはないでしょう。向かいの法面の登りやすい所をウロウロして探ります。やはりすぐ目の前の踏み跡がある所から登るのがいいようです。少し休んで登ります。

Pc060038

すぐに藪はなくなり進んで行くと右手に立派な作業道がありました。その左脇を登っていきます。徐々に笹が目立ってきます。景色が見えそうな所があったので少し北の方に進むと視界の開けた所から周囲の山々が見えました。この日の一番の眺望でした。

Pc060048

Pc060047

Pc060045

Pc060046

笹を避けて稜線より少し南を登っていきます。徐々に傾斜がきつくなり高い所に進むと登山道に出ました。北の方に進むと徐々に下がってしまいます。こりゃいかんと笹を掻き分けて、伐採地に出ようと思いますが、伐採地はかつてのそれではなくなっていて笹が生い茂っているようでした。先ほど眺めも少し見えたし、わざわざこれ以上藪漕ぎしなくてもいいだろうと道に戻りました。疲れました。南に進んで谷倉山の三角点を確認しました。9年近く前に来た時には木に囲まれて薄暗かったと記憶していたのですが、山頂部分の木は殆ど伐採されていました。横たわった木の上でしっかり休みました。

Pc060052

(平成27年12月6日現在)

ちなみに約9年前の山頂の様子です。

Dsc04433

(平成19年1月当時)

大越路峠へ向かうべく西の尾根を進みます。落ち葉がふさふさですが滑りやすいので慎重に歩いていきます。465Pまでは前回歩いているのですがすっかり忘れていました。348Pへは向かわずに西に進みます。昔の仕事道でしょうか、所々に少し掘れた道がありました。分岐は地形図で確認すれば間違えることはないでしょう。急降下などもありますが先が見えますので問題ありませんでした。420m級Pの手前だったでしょうか、前方から人が来るのが見えました。いでたちからハンターの方だとすぐに分かりました。だいぶ手前の所には鳥獣保護区の赤い看板がありましたが、この辺りは禁猟ではないのですね。鳥獣保護区と言っても鹿と猪は対象外だったでしたっけ?ハンターの方と少し言葉を交わしました。そういえば谷倉山の東で鹿が逃げて行くのを見ましたっけ。

まあハンターさんに打たれることはないでしょう。変な所を歩かなければ。気を取り直して?進みます。地形図と首っ引きでどうにか大越路峠に到着。かなり前の知事の名前の書かれた石碑がありました。後ろには芭蕉の句の書かれた石碑もありました。

Pc060080

ロープの張られたあずまやでまた一休み。向かいに見える山は三峰山でしょうか?ここで西はどこまで進むか考えます。三角点の先の410m級Pまで行くと下りる場所が結構難しくなりそうです。今回はあっさりと三角点の北西にある鞍部から旧道に出るのが簡単かなと思われましたので三角点から下った所で折り返すことにしました。

石碑の後ろから踏み跡に従って登っていきます。割とあっけなく三角点に到達しました。RKさんの山名板が「中継局舎」の囲いの所に掛かってました。白地でしたね。

Pc060093

その西のピークは岩のピークになっており、永野側を向いた石祠がありました。石祠の左右の面には太陽と月と思われるものが書かれていました。

Pc060103

振り返ると谷倉山がちょっと遠くに見えました。

Pc060106

北の鞍部に急降下します。少し藪が煩くなります。直には下りられないので少し西側から下りました。立派な石碑が建っています。ここは小越路峠というようです。

Pc060109

西側にも東側にも明らかな道がありました。ここから東に戻ります。

Pc060112

峠を越えて進むと道はあるようなないような。それほど藪は強くありません。すぐに舗装道路に出ました。ここから舗装道路を歩くのも何となくですので、東に見える実線を信じてカーブミラーの所から下りて行きました。少し藪っぽいですが何となく道があるようにも見えます。そのうちはっきりした道にはなりましたが、倒木が多くありました。

Pc060125

歩けないほどではないので屈んだり跨いだりして進みます。10分ほどで舗装道路に出ました。あとは道路を戻るだけです。下にトンネルの出口が見えました。

Pc060132

ここは橋になっているようで渡りきった所に小越路橋と書かれていました。駐車地に戻る途中、川べりにハンターが別々に二人坐ってました。何を狙っていたのかは不明ですが、対岸を狙っていたように見えました。対岸を歩いていなくて良かったです。

簡単に登れる谷倉山をわざわざ難しく登りました。野球親爺の本領発揮と言ったところでしょうか。こんな歩き方が自分には合っているのだなあと思いながら歩いてました。栃木百名山には興味がありませんが、谷倉山はそれに選ばれているようです。山頂は悲惨と言ってもいい状況ですが、特に北側から見た山容は存在感を十分に示していますので、百名山に選ばれて当然かもしれません。

駐車地(1時間5分)500P(5分)林道出合(40分)谷倉山(1時間15分)大越路峠(10分)393.2m三角点(10分)小越路峠(20分)小越路橋(50分)駐車地

Photo

« 鷹飛山(平成27年11月28日) | トップページ | 東山(平成27年12月12日) »

安蘇・前日光の山」カテゴリの記事

コメント

野球親爺さん こんばんは。最後の言葉の「わざわざ難しく登る谷倉山,こだわり親爺の背中見る」でしょうか。
谷倉山の山頂はすっかり伐採されてしまったんですね。確かアンテナがあったと記憶しています。前回登られたときでも私が行った時(1998年)と山名板も変わっているようですね。達筆がありました。9年前でももうなかったようですね。星野から行ったので印象は暗かった山と書いてありました。

自分が2年半前に訪れた時はまだ山頂は木に囲われていて鬱蒼としていました。
それが様変わりしてしまったのですね。
最近あちこちの山でとみに伐採が目立ちますが、谷倉山よお前もか?
ま、林業の方にとっては飯の種なので致し方ないですが・・・

以前、上星野の神社から348mP経由で谷倉山へ向かったことがありましたが、465から西側も是非歩いてみたいとは思っていました。
この辺のエリアは地図を眺めていると、色んなルートが楽しめそうな感じです。

ノラさん こんばんは。
特に拘りはないのですが、尾根を繋ぎたい気持ちはあります。
山頂のアンテナは健在です。遠くからも谷倉山と分かる目印のようなものになっています。
山名板も栃百の板がありました。
伐採されて暗いイメージが少しは払拭された感があります。
この山は登る山というよりも眺める山のような気がします。
2回も登って言うのもなんですが。

まっちゃんさん こんばんは。
伐採されたのは最近なのですね。
伐採されているのは山頂の平らな部分だけなんですけど、暗いイメージを拭い去るために伐採した訳ではないでしょうね。
まっちゃんさんのレポートを拝見しましたら、以前登られた星宮神社からのルートは実は約9年前に私の歩いたルートをほぼ同じでした。下りは339Pではなく、ひとつ南の枝尾根を下ったかもしれませんが、同じようなことを考えるものだと嬉しくなりました。

初めまして!ヤッホーと申しますm(__)m
12月6日に私も谷倉山に登りました!
もしかして帰りに私のことを車で送って頂いた方かと思いコメントしました。
もし、そうでしたらありがとうございました!お礼も出来ずにすみませんでした。
私は初心者ですがブログもやってます。http://ameblo.jp/hidetakecl/ よろしくお願いします。

先程のコメントですが、慣れていないもので・・・σ(^_^;)
ヤッホーとヨッホを間違えてしまいましたσ(^_^;)

ヨッホさん 拙ブログにご訪問有難うございます。
コメントも下さり有難うございました。
自分で好んでお送りしましたので、お気になさらないで下さい。
貴ブログを見させていただきます。
ドンドン山歩きしてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/62859895

この記事へのトラックバック一覧です: 谷倉山(粟野側から)(平成27年12月6日):

« 鷹飛山(平成27年11月28日) | トップページ | 東山(平成27年12月12日) »

最近のトラックバック