2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 追分山(平成27年11月22日) | トップページ | 谷倉山(粟野側から)(平成27年12月6日) »

2015年12月 1日 (火)

鷹飛山(平成27年11月28日)

前回に引き続き、栃福県境を歩いてきました。昨年しぼれさん&Pさんの歩かれたルートを参考にして、というかそのまんまに近いルートを辿りました。

鷹飛山(549.5M)

前回のルートに接続する所ではなく、今回はちょっと離れた境の明神を含めた県境を歩くことにし、報告に従って泉田の一里塚の傍の駐車地を目指します。一里塚の所はチェーン脱着場になっていますが、生憎侵入を拒む処置がなされていました。仕方ないのでウロウロしてちょっと先にスクールバスの停留所のような所があり、休日なのでバスは来ないだろうと失敬して停めさせてもらいました。

歩き出して舗装道路を北進します。412.1m三角点を南から歩こうと社の裏から行こうとしたら、ロープが張られ進入禁止の看板が建っていました。1万円を聴取するとのことです。お金を取られるのは別にかまわないのですが、トラブルは避けたいのでここから進むのは断念しました。

Pb280004

東隣りの鳥居をくぐって、北側から三角点を見ようかと進みますが、有刺鉄線が何か所かで見られたので、あきらめて県境方面に進みました。県境に達するものの目印は小さな杭だけ。432P近くにはピンクテープがありました。

Pb280019

この先は東に進み、すぐ南東に県境の向きは変わります。ここの下りは藪が濃かったです。

Pb280022

登り返してひと息入れます。東には作業道がありました。さらに下って行くと用水路があり、渡れないかとウロウロしましたが、水量も多くなさそうなので用水路をそのまま渡りました。

Pb280029

その先の455.9m三角点までは栃木側は笹薮があるので福島側を歩きます。三角点は四等三角点でした。

Pb280032

境の明神までの間、栃木側は伐採されています。アンテナなども建っていました。境の明神に下りてしばし休憩です。

Pb280041

休んでいると、舗装道路を栃木県側から福島方面に歩いていく二人連れと言葉を交わしました。徒歩でそのまま道路を白河まで行くようです。車の往来が多いのでお気をつけてですね。神社は福島側にもあるようですが、今日はパスしましょう。

再び歩き出した向かいの斜面はかなり急で登りきってそのまま勢い余った訳ではないですが、県境を行きすぎてしまい戻ります。戻ると屋根の落ちた石祠を見ます。元禄の文字がありました。行きでは気がつきませんでしたね。どこを見ていたのでしょうか。

Pb280051

この石祠が目印ですね。ここから東に下りて行くのが県境になります。藪が見えたので最初は避けてしまったようです。下に行くにつれて藪が酷くなっていきます。

Pb280056

歩きやすそうな所を探して進むと小さな沢に出てしまいました。竹が倒れてどうも歩けそうにない場所になってしまいました。

Pb280057

仕方ないので戻り、適当に格闘してどうにか抜けました。この辺りは湿地帯のようです。この後は鷹飛山まで藪はありませんでした。踏み跡もあるようです。

Pb280060

木の間から見えるのが鷹飛山でしょうか。

Pb280064

途中には伐採地などもあり、右や左と登っていくと三角点がありました。山名を示すものは何もありませんでした。

Pb280068

しばし休憩の後歩き出します。踏み跡というよりしっかりとした道があります。

Pb280073

鞍部にある実線の道は分かりませんでした。この前後では栃木側は伐採されていました。舗装道路を見送って進んで行くとまた藪っぽくなります。避けようにもなかなか避けられませんので強引に進みます。ザックがほんのちょっと破れてしまいました。

Pb280096

所々で展望が利くところが出てきて、那須連山や高原山らしき山容が見えました。ただ那須は雲がかかって一部しか見えませんでした。

Pb280109

Pb280110

法面の途切れたところを探して林道豆沢線に出て、県境歩きは終わりました。何か所かあった藪は仕方ないですね。今日も傷が沢山つきました。あとはテクテクと駐車地に戻りました。

駐車地(1時間20分)432P(40分)455.9m三角点(15分)境の明神(1時間15分)鷹飛山(1時間)林道豆沢線(40分)駐車地

Photo

« 追分山(平成27年11月22日) | トップページ | 谷倉山(粟野側から)(平成27年12月6日) »

八溝山系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/62769201

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹飛山(平成27年11月28日):

« 追分山(平成27年11月22日) | トップページ | 谷倉山(粟野側から)(平成27年12月6日) »

最近のトラックバック