2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 前山(平成28年11月6日) | トップページ | 百村山、三石山(平成28年11月20日) »

2016年11月14日 (月)

三ノ宿山~薬師岳(細尾ドームリンクから周回)(平成28年11月12日)

福島の山に行こうと思っていましたが、風が強そうな予報で止めにしました。栃木県内で今の時期よさげな所はないかと考えたところ、以前starionさんや烏ヶ森の住人さんが歩かれた細尾地区からの薬師岳から三ノ宿への周回が浮かびました。その後もその筋の方々が歩かれているようで、皆様と同じように当初は時計回りに歩くつもりでしたが、薬師岳から三ノ宿山へは2回歩いていることもあり、今回は反時計回りに歩くことにしました。

三ノ宿山から大木戸山へのアップダウンで早くも太ももが痛くなってしまい、さらには薬師岳から下ってすぐに左足の裏が攣るという体たらくで、またもや体力の衰えを感じる歩きとなってしまいました。下りのルートはあまり人が歩かないだろうと思っていましたが、家に戻ってネットで見てみると、ふみふみぃさんが11月3日に同じように歩かれてました。記事を読んだような気もするし、読んでないかもしれないしとこちらも知力の衰えを感じずにはいられませんでした。今後に対する不安が増幅する一日でした。

三ノ宿山(1229M)、大木戸山(1286.6M)、丸山(1242M)、薬師岳(1420.1M)

駐車地を探しているうちに細尾ドームリンクまで来てしまいました。山に入るところに小さな鳥居があるのが目に入り、ここから登ることにしました。駐車場には車が結構停まっていたのですが、子供たちのアイスホッケーの練習が終わったようで、こちらが歩きの準備をしている間にだいぶ車は少なくなってしまいました。端っこに停めさせてもらい歩き出します。正面には丹勢山と男体山が見えます。鳥居のところから山に入りました。

Pb120003

階段を登ってすぐに祠があり、その裏から急な斜面を登っていきます。本日一番の危険地帯でした。登りついた820m付近に祠がありました。

Pb120009

1188Pまで尾根伝いに登って行けばいいだけ。それなりに紅葉も綺麗です。

Pb120014


Pb120034

そのうち笹が出てきます。

Pb120037

1188Pに着くと踏み跡が明瞭になります。

Pb120044

ここから進路は南に向かいます。歩いたことのある所なので気が楽になりました。一旦下って笹の斜面を登り返したところが平坦になっていて、以前何か建造物があったような場所に見えました。

Pb120051

さらに少し登って振り返ると男体山などが見える場所がありました。

Pb120054

Pb120055

平らになって三ノ宿山。山名板は二つほどありました。

Pb120063

東側はカラマツでしょうか、綺麗でした。

Pb120066

大木戸山へはいったん下ってから登り返します。鞍部付近には石祠が2つほどありました。左手には夕日岳らしき山も見えてきます。大木戸山の手前で北側の眺めの良い所がありますが、生憎女峰山は雲に隠れ気味でした。

Pb120081

大木戸山にも山名板は二つ。

Pb120084

既に筋肉痛になっていて先が長いのに思いやられます。次のピークへは下り基調なので頑張りましょう。紅葉を愛でながらでしょうか。

Pb120094

丸山は少し広い平坦地になっていました。山名板は先ほどと違うものが二つありました。RKさんの板ですね。少し休みました。

Pb120098

地形図を見ると薬師岳はまだずっと先ですね。まあ強烈な登りはないようですのでゆっくりと参りましょう。紅葉を愛でながら。

Pb120110

Pb120114

1159Pから下った鞍部付近から南正面に夕日岳が見えます。雲がちょっと残念。

Pb120125

近くには祠が二つと残骸が一つありました。

Pb120127

ここから300m以上を登り返します。緩やかな登りと思っていましたが、そうでもなかったです。薬師岳への登りは笹も少し深く疲れました。やっと薬師岳到着です。誰もいません。景色も悪いですね。

Pb120148

大休止。シャリバテかもしれないのでしっかりと食べました。少し先の展望の良さそうな所に行ってみました。皇海山や袈裟丸山が見えました。半月山は近いですね。

Pb120156

さあいよいよ下りです。薬師岳からは東のピークまで戻ります。この下りの途中で少し滑った時に変に力が入ったようで左足の裏側が攣ってしまいました。芍薬甘草湯を飲んでいるのに効果あまりないですね。靴を脱ごうかどうか迷っているうちにおさまりました。下り尾根が派生するピークの木にテープが巻かれていました。歩く人はあるようです。

Pb120165

踏み跡はある所とない所とあります。急な下りですが、木に掴まったりして下りていきます。遠くを見て間違えないように下ります。どうにか1124Pへ向かう尾根に進めたようです。1124P付近では下に道のようなものが見えました。以前あった道なのでしょうか?その先で東に急に下って行くのですが、その手前の小さな尾根との合流部の木にテープが巻かれてました。これはトラップ?なのでしょうか。だまされずに正しい所を下りていきます。ちょっと急で慎重に下りていきます。紅葉は綺麗なんですけどね。

Pb120193

車の音が聞こえてどんどん大きくなってきました。結局この尾根を突端まで下りました。川の水量はそれほど多くはなく、渡れそうな所を探して左岸に渡りました。

Pb120221

(渡ってから撮影)

少しだけ登ると舗装道路に出ました。ここから道路歩きをして駐車地に戻りました。あの後は何とか足は攣らずに済んだようです。どうにか周回できて良かったです。

駐車地(1時間30分)三ノ宿山(30分)大木戸山(25分)丸山(1時間35分)薬師岳(1時間30分)舗装道路(20分)駐車地

Photo

« 前山(平成28年11月6日) | トップページ | 百村山、三石山(平成28年11月20日) »

安蘇・前日光の山」カテゴリの記事

コメント

足が攣るのは寒くなったからでしょうか。私もなんだか動きが鈍くなった気がしています。喉が乾かないからと水飲むのサボったら少し足が痙攣しかけたり。
下りの尾根は私はななころびさんの記事を参考にしてこの前歩きました。今回の野球親爺さんの歩き、ちょうど去年の今頃ななころびさんが逆コースで歩いたみたいですね。三ノ宿山から北には行ったことがないのでいずれ私も行こうかと。ただやしおの湯方向の尾根で周回すると車道歩きが長いのが難点で使いどころが難しいですね。
丸山の山名板、直近で2回行っているのにR・Kさんの山名板しかないと思っており、あれ?と自分で撮った写真を見たらしっかり2枚写っていました。私も自分の認識力が心配になりました。

細尾から三ノ宿山、
薬師岳からの下山ルートも静かな山歩きが期待できそうなルートですね。
車への復帰に手間取らないのも良いです。
また、ネタ帳に一つ仲間入りさせて頂きました。

ふみふみぃさん こんばんは。
私の足の攣りは年のせいか鍛錬不足のような気がします。

ななころびさんの記事もやはり山から戻って見ました。
三ノ宿山の北は周回を考えるとかなり悩ましい歩きになりそうです。地味尾根も残っているかどうか。

アラ還の私の場合は認知機能低下によるものと思われますが、アラサーのふみふみぃは単に勘違いだと思いますよ。ご心配なく。

まっちゃんさん こんばんは。
今回の歩きでは誰にも会いませんでしたよ。動物にも。
今度歩かれるとすれば、ツツジの時期が良さそうですが、その季節の縦走路は多くの人に会いそうです。静かなのがお好みであれば晩秋でしょうか。この辺りは禁猟区ではないのでしょうか。もう狩猟期間になりましたか。うっかり藪も歩けなくなりますね。

三ノ宿山は、バスで行くしかないかなあと思っていましたが、周回できるのだったらいいですね。

あと、中禅寺湖方面に行って、帰りにチャリをデポしておいて、次の日、下から縦走するとか。

夢はどんどんふくらみますが、その前に鳴虫山もまだ登っていないのです(^^;

NYAAさん こんばんは。
鳴虫山もまだでしたか。
チャリデポで一気に鳴虫山から三ノ宿山、薬師岳、中禅寺湖なんていうルートもありそうですね。時間がどのくらいかかるかは分かりませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/68426541

この記事へのトラックバック一覧です: 三ノ宿山~薬師岳(細尾ドームリンクから周回)(平成28年11月12日):

« 前山(平成28年11月6日) | トップページ | 百村山、三石山(平成28年11月20日) »

最近のトラックバック