2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 鴫内山、古倉山、剣先(田舎ランド鴫内から)(平成28年11月26日) | トップページ | 秋葉山~赤雪山(平成28年12月24日) »

2016年12月14日 (水)

行道山西尾根(仮称)~石尊山見晴台~藤坂峠(平成28年12月11日)

11月26日に山歩きをした後からたぶん風邪だと思うのですが、体調が悪くなりしばらくは家で大人しくせざるを得ない状況が続きました。1週ほどで体調は戻りましたが、翌週は仕事がらみのイベントが夜に毎日のようにあって、まともに身体を動かす機会がありませんでした。やはりこの年になって2週間も怠惰な状態でいて、いきなりの山歩きは低山といえども危ないようです。今回身をもって実感いたしましたが、内実は胃腸炎だったようで、いささか安心するとともに体調管理の甘さを情けなく思った次第です。

今回のルートは当初の予定では行道山西尾根(仮称)から石尊山、藤坂峠、赤雪山と歩いて最後はバスで楽をしようと思っていたのですが、一つ目のつまずきは登り口近くに適当な駐車地を見つけられなかったこと、二つ目は事前に殆ど情報収集せずにそれほど時間もかからずに赤雪山まで行けるのではと思っていたこと、三つ目はいつもに増して体調が良くなく、歩くスピードが上がらなかったことでした。でもあとの二つっていつものことなんですよね。自分は学習能力のない人間だなあと改めて思いました。

行道山(石尊山)は織姫神社からか名草巨石群からかのどちらから歩くのが一般的でしょう。私も織姫神社から歩いたことがあります。名草巨石群はいまだかつて見たことがなく、かつて親がそんなもの見たってしょうがないよ的なことを言っていたので行こうとも思いませんでした。今回も予定には入っていませんでしたけど。

昨年だったか西側の彦谷湯殿山から深高山を歩いた時に行道山(石尊山)を西側から登れないかと思いました。行道山浄因寺と言えば月谷(つきや)となりますから、板倉や松田といったところはイメージしにくい所です(あくまで個人的です)。これは蛇足ですが、少し南にある大岩山は月谷でもなく板倉、松田でもなく、やはり南の大岩町ということになります。

皆さんと同じように尾根を繋ぐことが気になるので石尊山見晴台からさらに北側の尾根を今回歩いてみようと考えた訳で、昨年思い浮かんだ西尾根(仮称)を歩いて、うまい具合にバスがあるようなので、それを利用して周回できると踏んだ次第です。結果的には絵に描いた餅になっちゃったようです。

石尊山(441.7M)

241.4m三角点の西の尾根の突端の鳥居マークから登ろうと考え、車で近くまで行ってみましたが、路肩の広い所や適当な空き地が見当たりません。ウロウロして松田方面に行ってみたりして、郵便局の駐車スペースにでも停めるかと戻る途中に公民館の看板が見えたので行ってみました。運動場が併設され、駐車スペースがあったので失礼させてもらいました。支度して歩き始めてすぐに8時です。南下して鳥居マークを目指します。ゴルフ場へ向かう道に入りすぐに庚申塔や石碑のあるところから左に入りました。羽黒古墳の板がありました。踏み跡に従って進み登っていくとイノシシ除けの柵越しに鳥居が見えましたが、取りあえず柵に沿って右に進んでいくと羽黒古墳がありました。説明の板がありました。保存状態はどうなんでしょうという感じのものです。

Pc110008_2

柵は越えられそうにないので鳥居の方に戻って柵を外して中に入りました。勿論閉めましたよ。鳥居には「六之丞八幡」とありました。社にご挨拶して裏手から登っていきました。ここでもう8時半を回っています。目論見よりも1時間も遅くなってしまいました。

Pc110010_2

踏み跡はあるようなないような。篠竹の煩い所もあります。首にかけていたタオルがいつの間にかなくなってました。ネックウォーマーをしていたので気がつきませんでした。

Pc110016

Pc110022

少し眺めのいいところから彦谷湯殿山や深高山が見えます。赤雪山は遠いですね。もうこの時点で行けないと思いました。

Pc110023

(木が邪魔でした)

Pc110025

241.4m三角点には何もありません。

Pc110028

先に進むと富士山が遠目に見えるようになりました。赤城山は雲の中。榛名山は見ているようですが、浅間山は見えませんね。藪はだいぶ薄くなってきました。ツツジが咲いてました。

Pc110043

富士山の見える所では足が止まります。なかなかうまく撮れませんね。

Pc110058

行道山に近づいてくると岩っぽくなってきます。前方に岩が見えていやだなと思いましたが、そちらに足を踏み入れることはなく、危険な所はありませんでした。寄らなくてもいいと思った三角点の石尊山に行ってみました。やはり行かないほうが良かったようです。

Pc110066

頭のよろしくない中高年の8人くらいのパーティーがあずまやの中やベンチにザックを我が物顔において、別の場所で声を上げてはしゃいでましたよ。占領スペースは全部で25人分くらいでしょうか。胸糞悪くなる光景ですが、取りあえずおなかがすいたのでおにぎり1個食べて退散しました。来ないほうが良かったですよ。浄因寺からここまでは以前に来ていたので尾根繋ぎのためにここに来る必要もなかったのです。浄因寺への分岐までで良かったのでした。

Pc110073

(赤雪山方面?私のザックじゃありません)

見晴台を後にしたのが10時半過ぎ。赤雪山まで14時までには着きたいなと思っていたのですが、名草巨石群への道標に書かれている距離を見て、そりゃ絶望的ですな。病み上がりで足もなかなか順調に出ませんわ。まあ兎に角藤坂峠までは歩きましょう。尾根通しに進みます。行道峠はうっかりすると見落とします。310Pを過ぎてまたふれあいの道と合流。ここからはふれあいの道を進むだけ。急降下で馬打峠。向かいに進みます。

Pc110085

高校の同級生は松田からこの峠を通って学校に通ってました。当時は舗装されてたのかなあ。夜は怖いですね。ちなみに彼は唯一のバイク通学者でした。

388.0m三角点にはベンチがあってびっくり。丁度お昼で腹ごしらえしましたけど、風が強くてゆっくりなんてできませんでした。

Pc110091

(三角点標石と白い杭の距離感が・・・)

どこだか忘れましたが、石祠がありその先にもベンチがありました。

Pc110094

藤坂峠が近くなると赤雪山もだいぶ近づいてきました。でも今日は行けません。無理です。

Pc110102

峠へは急降下が続きます。やっと着きました。峠などの碑でよく目にする元知事の名前。道路をだいぶ作ったんですねえ。

Pc110106

向かいの斜面に進むところを確認しましたが、木の階段の急傾斜。元気だったとしても行きたくない気分です。峠から駐車地まで1時間でした。いつもは軽快な道路歩きも進みが悪かったです。

2週間何もしてなかった影響かと思ったのですが、家に戻って夜になって寒気が襲い、気持ち悪くなってきました。翌朝下痢しまして、胃腸炎だったようです。その後3日ほど調子が悪かったのですが、15日になってどうにかおさまってきたようです。取りあえずこの週末は自重予定。少し体力向上の算段をして、次回に備えます。藤坂峠と赤雪山を繋がないことにはねえ。

駐車地(30分)六之丞八幡(40分)241.4m三角点(1時間20分)石尊山見晴台(35分)馬打峠(40分)388.0m三角点(50分)藤坂峠(1時間)駐車地

Photo

« 鴫内山、古倉山、剣先(田舎ランド鴫内から)(平成28年11月26日) | トップページ | 秋葉山~赤雪山(平成28年12月24日) »

安蘇・前日光の山」カテゴリの記事

コメント

体調不良の中お疲れ様でした。
石尊山の占拠グループ。解ります。
集団心理っていうんでしょうか、グループになると周囲の迷惑を鑑みない人って見かけます。

確かにスタート時間が早くていつもの野球親爺さんの脚力なら赤雪山は楽勝だったことでしょう。
それだけに残念な気持ちがよくわかりますよ。

それにしても、こだわりのルート。
自分も久しくこういう歩きをしていないので、この冬は少し知恵を絞って計画しようと思ってます。

・・・あ、でも色んなルートもネット見ると野球親爺さんが先に歩かれていて・・・
流石です(^_-)-☆

まっちゃんさん こんばんは。
私も団体で歩く時には気をつけたいと思います。

赤雪山まではやはり時間がかかりますね。若くない自分に気がつきませんでした。今後はもう少し慎重に計画します。

ルートはあまりこだわってはいないのですが、地形図を見て想像を膨らませる時が一番楽しいですね。私の歩いたルートは先人の後追いが殆どです。

こんにちは。
病み上がりとのことですが、さりげなく歩かれているようでも、結構なロングコースですね。
行道山の南西尾根って、今まで意識したことなかったです。よく思いつくものだと、いつも関心します。
これから、この周辺の尾根繋ぎが楽しいシーズン到来ですね。野球親爺さんの記事、たくさん参考にすると思います。

ななころびさん こんにちは。
確かに距離はありました。事前の調査不足でした。2週間も身体を動かしてなかったのに、簡単に歩けませんよね。
行道山の西側のほうがうまく周回できるような気がして西尾根から歩きました。
まさしく、尾根繋ぎの季節ですね。こちらもななころびさんのリポートを参考にさせていただきます。山中での出会いが理想です。

行道山の西尾根は駐車地に困るんですね。深高山の南方の尾根と併せて回ってみたいと考えたことはありました。いずれ両崖山から赤雪山を繋げたいのですが行道山に人がたまってなくてもあまり面白い歩きにはならなそうですね。一気に歩こうと思えば面白そうな西尾根は歩けませんし。
名草巨石群は去年見ましたけどああなんだか岩があるなという感想しかありませんでした。
尾根つなぎの季節ですがハンターが怖くて今週は引きこもりました。命を繋ぎつつ尾根を繋ぐにはどうしようか思案しています。

ふみふみぃさん こんばんは。
今週は山はお休みでしたか?尾根を繋いで命が絶たれてしまうのではねえ。先週も誤射の報道がありました。地味尾根だと危険性は高まりますね。土曜日のほうがハンターは少ないでしょうか?まあ、狩猟可能地域に立ち寄らないのが一番ですね。

両崖山から赤雪山まではまだでしたか?ふれあいの道が殆どなのでふみふみぃさんにとっては面白みに欠けるルートでしょう。私は今年中に藤坂峠から赤雪山まで繋ぎたいんですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/68844252

この記事へのトラックバック一覧です: 行道山西尾根(仮称)~石尊山見晴台~藤坂峠(平成28年12月11日):

« 鴫内山、古倉山、剣先(田舎ランド鴫内から)(平成28年11月26日) | トップページ | 秋葉山~赤雪山(平成28年12月24日) »

最近のトラックバック