2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

釈迦ヶ岳残雪(平成29年2月25日)

当初はまた那須町伊王野辺りの低山を徘徊しようかと思っていましたが、ネットで釈迦ヶ岳に最近登った報告を見てみると、今の時期を逃すとまた昨年のように自在な残雪歩きができなくなってしまうのではないかと思い、久しぶりにちょっと早起きしていつもの守子ルートで釈迦ヶ岳に行ってきました。なんと!山頂でまっちゃんさんと1年振りの再会。山頂での会話、下りではご一緒し、最後には登山口から駐車地まで車で送っていただき、誠にありがとうございました。

釈迦ヶ岳(1794.9M)

いつもの駐車地に車を停めました。先着の方の車が一台停まっていました。スノーシュー、アイゼン、ピッケル、ストックと普段は持たないものを背負うのでザックが重くなり先が思いやられます。守子登山口までの林道はアイスバーン状態になっているところもありました。登山口には雪が殆どありません。

P2250003

少し登ると雪が出てきます。神社でお参りし進んでいくと雪は連続してきます。固く締まった雪なのでツボ足で進んでいきましたが、片足を足の付け根まで踏み抜いてしまったのでここでスノーシューを装着しました。

P2250014

いつも雪庇の発達する場所でもそれほどのものは見られません。前山の手前は傾斜が急になりますが、それほど難儀せずに進み前山と思われるところに到着。ほぼ同時に先の方からカシカシと音が聞こえてきて足早にスノーシューの男性がやってきました。もう釈迦ヶ岳から戻ってきたそうです。早いですねと声をかけますと、早く登り始めたのでとのお言葉。この方は昨年もすれ違ったwakasatoさんだったようです。あとで知りました。昨年も同じような会話したような気がします。山名板は雪の下なのでしょう。見当たりませんでした。少し先に行って富士山を眺めます。雲が少しかかっていました。

P2250034

この先もスノーシューの跡やツボ足の跡を辿ったり、適当に歩きやすそうな所を進んだりと自在に進んでいきます。勿論疲れてるので休み休みになりますけど。西平岳や中岳が同じくらいの高さになってくると山頂も近いです。最後のひと踏ん張りです。雪の量はちょっと少ない感じです。

P2250071

木に掴まったりして南の肩に着くと日光連山が近くに見えます。山頂に向かうとお休み中の方がいらっしゃいました。まっちゃんさんでした。顔を覚えていて下さったようで、お声をかけていただきました。勿論こちらも覚えておりました。1年ぶりの邂逅です。お互い当初は別のところに行くつもりが、ネット情報などからこの山に来ることになったようで、まさに奇遇でした。

P2250078

周囲の山を見ながら、腹ごしらえしながらお話しました。

P2250087

P2250116

P2250115

P2250114


P2250091

P2250092

P2250093

P2250110

P2250112

生憎、会津駒や燧ケ岳などは見えなかったようです。

帰りの歩き出しはご一緒します。下りの急傾斜はスノーシューで下りるのは難しいです。途中でまっちゃんさんが立ち止まりましたので先行させてもらい、勝手に下ってしまいました。前山から下った所でこちらが休憩している時にまた合流。そこから登山口までご一緒しました。木の階段を下りてお別れの挨拶をしようと思ったら、車でお送りしますよとの暖かいお言葉。お言葉に甘えて駐車地まで乗せていただきました。本当にありがとうございました。

思い出に残る歩きになりました。

駐車地(15分)登山口(2時間15分)前山(1時間45分)釈迦ヶ岳(50分)前山(1時間15分)登山口

2017年2月12日 (日)

波月山から木下山(こじったやま)(平成29年2月11日)

11日はお昼頃までに歩き終えないといけない事情があり、別に山歩きをしなくてもいいのですが、次週はイベントがあり山には行けないので、午前中だけで歩ける場所を探したところ、那須町の伊王野に良さそうなルートを見つけ行ってみました。

波月山(418.1M)、 木下山(459.2M)

路肩の広い所に停めて歩き出します。取りつこうと思っていた場所の手前に神社がありましたので、そこから登り、裏の水路を落ちないように渡り、結局、当初考えていた場所に出て山に入りました。

P2110003

踏み跡はあり、所々で廃作業道のようなものに出合います。適当に登っていくと二つの山名板のある場所に出ました。三角点の標石は殆ど雪に埋もれてました。

P2110022

(はつきやま?はづきやま?なみつきやま?)

P2110027

(辛うじて判読可能)

北に行き、廃作業道?を利用して進み、振り返ると今登った波月山が見えました。

P2110038

少し登ると小さな伐採跡地のようで振り返ると高原山が見えました。

P2110045

下をふと見たら薬莢があって、ここは禁猟区ではないのだと認識しました。

P2110047

動物のものと思われる足跡を追いかけるように尾根通しに進んでいくと、406Pの二つ手前(南側)のピーク付近は西側が伐採されてました。

P2110059

取りあえず景色を見に少し進みますが、進路は東に向かうのでここは要注意でしょうか?380m付近の鞍部から北西に登り返しましたが、ここはいったん北東に向かって西に登るほうが良かったようです。南から登ってくる破線路はきちんとした道のようでした。

P2110072

この先も歩きやすそうな所から登って、また下って林道に着地。

P2110079

(こちらから降りてきました)

この先も適当に登っていくと西側の伐採地から好展望。生憎の雲で遠くの山は高原山が見える程度でした。北に進んで三角点。

P2110090

多分カワスミさんの板だと思いますが、こちらは判読不能でした。

P2110093

休憩しているうちに多少ガスが取れ、安戸山あたりは見えるようになりました。

P2110108

P2110109

東側には八溝山。

P2110107

ここからは少し北に行って東に延びる尾根で下ることにしました。北の肩から東に下りていくところはちょっと痛い藪。笹なんかもありました。

P2110116

右手後方を振り返ると木下山。そのうち完全に裸山になりそうです。

P2110118

この先も踏み跡は何となくあってそれほど難儀せずに進めます。390m付近から少し道を外したようで篠竹藪に突入。

P2110129

西に軌道修正すると藪はなくなりました。尾根の末端手前で有刺鉄線が見えたので、すこし戻ると踏み跡があり、少し急な所をトラロープをつかんで下りて道路に出ました。駐車地まで思ったより距離があって時間がかかりました。

駐車地(35分)波月山(1時間50分)木下山(40分)木下集落(45分)

Photo

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

最近のトラックバック