2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 黒岩山(平成29年4月8日) | トップページ | 塩原渓谷歩道と三角点巡り(平成29年4月22日) »

2017年4月18日 (火)

三本槍岳残雪(那須甲子道路から)(平成29年4月16日)

週の初めには天気が悪そうだったこの週末もどこを歩こうかと直前まで決まりません。ふみふみぃさんが15日に大佐飛山を歩かれたのを見ても、今の体力気力でははるか遠くに感じられ黒滝山がせいぜいのような気がしてとても歩けるとは思えません。踏み抜きがなかったとの文章を見て、それなら三本槍岳あたりでも踏み抜きもそれ程ではないかなと甘い考えで、半ば恒例となっている残雪の三本槍岳に行ってみることにしました。いつもは北温泉から行っているのですが、今回はネット情報をみて那須甲子道路から歩くことにしました。日の出前から歩くのならともかく、すっかりお日様の上がった7時半ごろから歩き出しでは、雪も緩んで木の近くでは股まで踏み抜く有様で残雪の歩きは早出に限ると今更ながら再認識次第です。学習効果の一向に上がらない野球親爺でありました。

三本槍岳(1916.9M)

目星をつけていた所に停めて歩き出します。スキー場の管理道路らしきを過ぎて進んでいきます。初めて歩く場所は不安ではありますが、楽しみでもあります。途中でアイゼンを装着して進みます。それなりにいい雰囲気ではありました。

P4160016

P4160038

マウントジーンズの上の展望台に思ったより時間がかかってやっと到達。北温泉からの道を合わせます。2時間近くかかりました。

P4160047

中の大倉尾根はだいぶ雪は少なくなってまして、明らかに夏道が分かるくらいでした。

P4160069

トレースを見ると先行者はいるようないないようなはっきりしません。左手に茶臼岳や朝日岳を見て進みます。

P4160073

P4160072

だいぶ傾斜がきつくなってくると息も絶え絶えで休み休みの歩きになります。

P4160089

上のほうになり木のある近くでは踏み抜きが多くなりました。さらに進むと風が強くなり、雪が消えてます。この辺りはいつものことですけど。さらに登ると旭岳が見えてきました。

P4160122

右手には二岐山と大戸岳でしょうか。

P4160124

さらに右には大白森山と奥に霞んだ磐梯山が見えます。

P4160126

登り切って清水平分岐まで下ります。七ヶ岳や会津駒ヶ岳が見えます。

P4160134

左には遠く霞んで見えにくい燧ケ岳。

P4160135

分岐のところで少し息を整えて三本槍岳を目指します。夏道には行かずにまっすぐに進みます。このあたりにはトレースがありました。でも低い木の傍は踏み抜きまくりですね。三本槍への登りはどこを歩いても構いません。トレースを辿るのはあまり面白くないので適当に登ります。昨年は少し左に寄りすぎたので今回は真ん中あたりから進みました。

P4160154

登り切って右に進んでいくと踏み抜きまくり状態に陥りました。苦笑し這い上がりながら進んでいくと前方から下山する男性がやってきました。お互い早出しなきゃだめなことを確認し合います。山頂には雪はありません。てんくらC通り、風が強くてここで休む気にはなりませんでした。

P4160160

周囲を撮影して退散します。

P4160176

(流石山から大倉山、三倉山)

P4160178

(左 大佐飛山 右 男鹿岳)

P4160179

(黒滝山から大佐飛山)

多分大佐飛山はこの日は賑わっていたのではないでしょうか。

下って行くと3人のパーティに出会います。清水平分岐で休憩。あとは踏み抜きに少し消耗しながら下りて行きました。北温泉分岐の手前辺りで二人連れとすれ違いましたが、この時間では山でお泊りでしょうか。思ったよりも早く車に戻りました。北温泉からだと駐車場へ登り返さないとならないですが、このルートは展望台から下は登り返しが殆どないのがいいです。

駐車地(1時間50分)北温泉分岐(2時間10分)清水平分岐(30分)三本槍岳(20分)清水平分岐(1時間)北温泉分岐(50分)

Photo

« 黒岩山(平成29年4月8日) | トップページ | 塩原渓谷歩道と三角点巡り(平成29年4月22日) »

那須の山」カテゴリの記事

コメント

急に天気が良くなるとこれはこれで困りますよね。私も当初大佐飛山は諦めていたので気持ちを切り替え切れずなんか浮ついて歩いた気もします。
標高大して変わらないのに踏みぬきが多いのはやっぱり時間の関係ですかね。日当たりや当日の気温も関係はしているんでしょうが。夏道もはっきりわかりナゲ達もにょろりと顔を出して光合成していたんでしょう。
流石野球親爺さんはこの辺りから見える山々にお詳しいですね。私は大佐飛山から遠くにかすんで見えた真っ白な山は何だろうか?と思っていて野球親爺さんの記事であれは燧ケ岳だったかとようやく得心しました。ありがとうごさいます。

ふみふみぃさんのおっしゃる通り時間の関係と日当たりの関係でしょうかね。大佐飛山への道に比べて三本槍岳へは日当たりもだいぶいいですからね。
ナゲさんも顔を出してましたよ。まだ縮こまってましたけどね。
山座同定も長年歩いて何となく分かるようになりました。栃木と会津の一部限定ですけど。残雪期の歩きは山を眺めに行くのが主な目的です。

宇都宮から見る高原山もすっかり雪が無くなり、
日光連山も随分黒い所が多くなってきました。
でも、流石に那須から北はまだまだ残雪が
多いようですね。踏み抜きが多いのは辛そうですが、
この位の感じだとスノーシューだとどうなんでしょう。

まっちゃんさん こんばんは。
那須以北はまだ雪が多いですね。
低い木の周辺は下がスカスカになってますので、スノーシューでもお手上げのような気がします。重いだけで役立たないかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203554/70302382

この記事へのトラックバック一覧です: 三本槍岳残雪(那須甲子道路から)(平成29年4月16日):

« 黒岩山(平成29年4月8日) | トップページ | 塩原渓谷歩道と三角点巡り(平成29年4月22日) »

最近のトラックバック