2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 篠井冨屋連峰(平成29年12月9日) | トップページ | 黒岩(天狗沢左岸尾根から)(平成29年12月24日) »

2017年12月17日 (日)

百村山、三石山(平成29年12月17日)

12月17日は夕方から仕事があり、あまり遠出もできませんので、近場の百村山に行くことにしました。時間が許せばサル山辺りまでと思っていましたが、もう山はすっかり冬でいつもよりだいぶ時間がかかり三石山で戻ってきました。百村山より先ではトレースもなく疲れましたが、気分のいい歩きができました。

百村山(1085.2M)、三石山(1257M)

いつもの路肩に車を停める頃には雪が降りだし、車内で支度をして歩き出します。

Pc170001

登山口からつづら折りの道を進み、林道に出ますが、最近できた道に出ました。通行禁止になってますが、踏み跡はこちらにしかありません。山に向かう道もできてましたが、いつもの石の階段から登りました。しばらく登ると雪庇ができてました。

Pc170014

ワカンによるものかトレースがある所は歩きやすかったのですが、少し外れるとだいぶ潜ります。歩きだして2時間くらいで百村山に到達。今まで見たことないような板が追加されてました。

Pc170033

少しだけ晴れ、那須野が原が見えました。

Pc170037

まだ時間に余裕もありますので先に進みましょう。この先ではトレースはなくなり、膝まで潜る所が多々ありました。トレースのない所を歩くのは気持ちいいものですなあ。一応ピッケルは持ってきてました。アイゼンは持ってきておらず、チェーンスパイクをザックに忍ばせてましたけど結局ずっとツボ足でした。

Pc170041

平成ブナは健在というかだいぶお年を召したというか寒そうです。

Pc170053

ここから三石山までの登りがきついかなあと思っていましたが、それほどでもなく登れました。

Pc170057

時間的にサル山まではまだ1時間くらいかかりそうです。往復すると2時間弱。今日はここで引き返しましょう。風が強くて休む気分にもなれずにすぐに退散。平成ブナまでの下りは思いの外、軽快に進めました。百村山までの戻りは自分のトレースがあってもそれなりに潜ってしまい少し時間がかかりました。百村山で大休止。休憩後下りていく途中で二人組とすれ違い言葉を交わしました。こんな日に登る人もいるんですね。あとはピストンで戻りました。なかなか面白い歩きでした。

登り3時間10分、下り1時間50分

« 篠井冨屋連峰(平成29年12月9日) | トップページ | 黒岩(天狗沢左岸尾根から)(平成29年12月24日) »

男鹿山塊・高原山」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
百村山も,随分と雪が多いですネ。
そんな中を,チェーンスパイクも付けずにツボ足とは,恐れいります。
風は強かったみたいですケド,この雪の量なら昨日はこちらにすれば良かったかなぁ〜
結局,釈迦ケ岳でしたケド,無理やりスノーシューで遊んだ話で,一応,来週は候補にさせていただきますヨ。

瀑泉さん こんばんは。
こちらこそご無沙汰しております。
雪の量はそれほどでもありませんでした。
チェーンスパイクをつけるのも面倒でしたのでツボ足でしたが、ワカンなどがあればよかったと思います。
釈迦ヶ岳でスノーシューでしたか。あちらの方が風が強かったのではありませんか?山頂は風除けになるようなものがありませんからね。
釈迦ヶ岳も考えたのですが、今年すでに3回くらい登っているような気がしましたので、今年初の百村山にしました。瀑泉さんがいらしたのでしたら釈迦のほうが良かったですね。

黒滝山への稜線はもはやこんなにも積もっているのですね。
晴れていればの前提で自分も歩いてみたいものですが、
これからの期間、晴れる確率ってどうでしょう。

相変らずの会社の屋上でのラジオ体操で日光や高原山を
見ているのですが、未だ真冬には遠くといった趣で、相変わらず
真っ白なのは白根山のみ。残念なことに那須や塩那方面は見えません。
今朝は珍しく皇海山が白くなっていましたが、昼過ぎに見た時には
白いものはすっかり無くなっていました。

まっちゃんさん こんばんは。
今年はこの辺りの積雪量は多いようです。
ただ百村山までは雪が降らないとすぐに融けそうにも思えます。
塩那方面は日留賀岳辺りは幾分白いでしょうか。百村山あたりは遠目ではそれほど白くもないのですけど。
那須は例年通りでしょうかね。あまり気をつけて見てませんでしたので何とも言えません。すみません。注意力なくて。

県北はやはり寒さが違いますね。この標高でもしっかり積っていて。ノートレースで気持ち良さそうですがふかふか沈んで歩きにくそうではあります。
あまりふかふかの新雪を歩いたことが無いため分からないのですがこういう状態でもチェーンスパイクは役に立つんでしょうか。踏み固められていたり地面が凍ってるとよくブレーキが利くんだろうなとは思っているのですが。
百村山の山名板はなんか無機質な感じがしますね。そのうち誰かが撤去するんじゃないかと思ったりもします。

ふみふみぃさん おはようございます。
私もふかふかな雪はあまり経験がありませんでした。確かに歩きやすくはないですね。ただ踏み固められたところを歩くよりは何となく気分はいいようです。
固まっていない雪にはチェーンスパイクはあまり役立たないと思いますが、下りではちょっとだけ安心感が違うかなあと思います。今回の場合はワカンが良かったかなあと感じました。
山名板はどうなんでしょうか?この他にだいぶ前から設置されている二つのものがありますが、こちらも姿を消したりまた出たりしてます。百村山もポピュラーになっているので板は1個で十分かと。

しまった!日曜日ですよね。
道路のちょっと広いところに泊めてたのが、たぶん野球親爺さんだったのですね!林道入ったところでしばらく考え、降り出した雪を眺めながら少し考え・・・雪少ないかなとやめたのでした。その後の迷走を考えると腹を決めて歩けば良かったのですが、うーん残念、大失敗です。

みー猫さん ニアミスだったのですね。
林道入り口近くの路肩がいつもの駐車地なんです。
百村山ではみー猫さんには物足りなかったかも知れませんよ。
どこかでお会いできるでしょう、きっと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百村山、三石山(平成29年12月17日):

« 篠井冨屋連峰(平成29年12月9日) | トップページ | 黒岩(天狗沢左岸尾根から)(平成29年12月24日) »

最近のトラックバック