2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 百村山、三石山(平成29年12月17日) | トップページ | 雨巻山(堂ヶ入沢親水公園から尾根コースを適当に繋いで)(平成29年12月30日) »

2017年12月27日 (水)

黒岩(天狗沢左岸尾根から)(平成29年12月24日)

22日は夜遅くまで用事があり、折角の休みの23日には早起きする気が起きず山は24日に行くことにしました。少し長めに歩きたかったので行者堂から黒岩辺りまで歩こうと考えました。ピストンでもよかったのですが、少し変化をつけようかと、その筋の方々が歩かれている天狗沢左岸尾根を登りに使ってみることにしました。

黒岩(1913M)

滝尾神社の駐車場に停めさせていただきます。歩き出すものの忘れ物をしすぐに引き返します。よくあることです。舗装道路を歩いていくとハイキングコースの案内が出てました。

Pc240003

さらに進んでお目当ての尾根末端で防護ネットの左側を歩くとの情報がありましたので、林道側で少し身支度をしてから山に入りました。シカのものと思われる頭蓋骨やその他の骨が数個見られ、ネットに絡まって命を落としたものでしょう。そういえば三本松から男体山に登った時にもネットのそばで見たことを思い出しました。踏み跡はあるようなないような。

Pc240010

1303Pの手前では北側からのモノレールがありました。

Pc240031

1303Pはよく分からないところ。少し雪のある所を下って登り返しは急です。右が切れてます。大岩は左から進みますが、滑落に注意です。

Pc240045

(近接しすぎてよく分かりませんね)

ここを登るとなだらかな笹尾根になりました。

Pc240047

踏み跡はあまりはっきりしません。笹の低い所と高い所があり適当に進みます。天狗沢の源頭部付近の岩のある所で一休み。今日の天気は高曇り。雪が降ってきそうな雰囲気もありましたが雨も降りませんでした。右手に赤薙山の稜線が見えているのですが、どこが赤薙山かよく分かりません。当然上の方はガスの中。休み終えて進むと右手に凍ったような滝が見えました。

Pc240073

崩落地を過ぎると、左手の行者堂からの尾根がだいぶ近くなりました。

Pc240079

笹の斜面を歩きやすい所を進むと、「日光」の標識のある少し上で登山道に出合いました。

Pc240090

やはり整備された道は歩きやすいです。落葉松金剛の板を見てさらに笹の道を登ると黒岩に着きました。

Pc240098

風がちょっと強くて寒いです。長居無用です。向かい側の斜面を見ながら遥拝石のほうに下りていきました。

Pc240106

Pc240107

Pc240110

ガスってきてしまいましたが、幸いなことに風は少し和らぎました。ここで昼食休憩としました。カレーメシを食べましたがルーがなかなか溶けなくて参りました。帰りはトラバース道から。途中、登って来た尾根が見える場所がありました。

Pc240119

登山道はだいぶ幅が広くなった印象。

Pc240127

笹の所よりも登山道のほうに雪があってちょっと鬱陶しい所もありました。羽黒尾根を見送って白樺金剛。ここでも少し腹ごしらえ。さらに下って行くと眺めのいいところに出ます。夕日岳辺りが見えているのでしょうかね。今市辺りも。

Pc240137

Pc240138

Pc240139

Pc240140

稚児ヶ墓を過ぎ、深掘れの道を進みます。滑って危うく転倒しそうになりました。

Pc240146

殺生禁断の碑を過ぎてもなかなか着きませんね。いい加減飽きたころに女峰山登山口。

Pc240151

行者堂から石の階段を下っていくと大小べんきんぜいの碑。

Pc240154_2

すみません。禁を犯してしまったようです。そのためではないでしょうがその先の滝尾神社への道を何を思ったか間違えて右のほうに下ってしまいました。途中で気づき戻りましたけど、何をやっているんだかです。白糸の滝には寄らずに車に戻りました。

もう少し雪があるかと思っていましたが殆どありませんでした。このルートはやはりツツジの時季でしょうね。または紅葉?いずれにしても今の時期に歩く所ではないかもしれません。相変わらずちょっとピントのずれた歩きになりました。女峰山には10回くらい登っていますが、行者堂から登ったことはまだないのです。一度トライしましたが遥拝石の先の登りで足が攣りそうになり途中で引き返しました。来年こそはと今は思っていますけど多分無理のような気がします。

黒岩遥拝石まで 登り4時間 下り2時間10分

« 百村山、三石山(平成29年12月17日) | トップページ | 雨巻山(堂ヶ入沢親水公園から尾根コースを適当に繋いで)(平成29年12月30日) »

日光の山」カテゴリの記事

コメント

黒岩の標高なら,さぞ雪があるだろうと思ったら,まったくといって良いほど雪が無かったんですネ。
社山や松木山(大平山)もほとんど雪が無かったようですが,同じ日に黒滝山を目指していた自分からしたら意外でした。
天狗沢左岸尾根のモノレール,いつの間にできたんだろう。稲荷川林道から上がってきているようですが,一体何に使うのやら。
雲龍瀑も随分凍り始めましたネ。やはり今シーズンは,例年より早いようです。

瀑泉さん こんばんは。
県北に比べて日光は雪が少ないようです。意外でした。
モノレールは何なんでしょう?ですね。
最初の滝が雲龍瀑でしたか?よく分からないもので、目に付いたものを撮影しました。例年よりも早いのですか。あと1か月もすると渓谷には人が沢山入りますね。

初めまして、雪田爺と言います.
天狗沢左岸尾根からの雲竜瀑画像、初めて見ました.氷瀑が(上部)見事に写ってます.
今の時期、もうこの様に凍ってるのですね.黒岩の積雪はあまりないのに、、です.
この尾根は往復一度、下降一度ありますが、どちらもガスで展望が利かず雲竜瀑を拝む事は出来ませんでした.
今年は雲竜氷瀑は行かなくても良いかと思っていたのですが、やはり又行っても良いか、、と、思い始めています(笑)
貴重な画像見せていただきありがとうございます.
時々こっそり来ては参考にさせていただいてます.今後ともよろしくお願い、いたします.

雪田爺様 コメントありがとうございます。
私も雪田爺様のHPを度々拝見しております。
滝は好きなのですが沢歩きをしたことがないので、お選びになった滝の写真などを眺めては行った気になっております。

もしかしたらと思って写した滝が雲龍瀑でしたか?
10年以上前に凍った雲龍瀑を見に行ったことはありますが、雪田爺様が行かれるのはやはり凍っていない時ですよね。冬の時期は人がわんさかいそうですものね。

私の記事はそれほど参考にはならないでしょうが、また何かありましたらコメント下さればと思います。私も雪田爺様の撮影された滝の写真を心ゆくまで見たいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒岩(天狗沢左岸尾根から)(平成29年12月24日):

« 百村山、三石山(平成29年12月17日) | トップページ | 雨巻山(堂ヶ入沢親水公園から尾根コースを適当に繋いで)(平成29年12月30日) »

最近のトラックバック