2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 鶏頂山(リハビリ歩き)(平成30年11月24日) | トップページ | 赤薙山、丸山(平成30年12月16日) »

2018年12月 9日 (日)

黒滝山(百村本田からピストン)(平成30年12月8日)

脚もだいぶ良くなったため少し長く歩こうと思い、色々考えた結果、近場の百村地区へ。昨年も12月に雪の中、三石山まで歩きました。今年はもう少し先まで、時間と体力を見て行ける所まで行こうと少し早めに歩き出しました。数分で林道に入ってGPSを車に置き忘れたのに気づき戻って再スタート。それ以降は大きなトラブルなく何とか黒滝山まで無事往復できました。
黒滝山は残雪期の大佐飛山への通過点のイメージが個人的には強く、無雪期にここを目指して登るのは初めて歩いた14年前以来。サル山を越えると山深く感じます。残雪期のルートと微妙に違うことを再認識いたしました。
作業林道?は、何ヶ所かで尾根を分断して延伸し、もしかしたら現存の林道と先で合流しているのかもしれません。わざわざ確かめませんでしたけど。帰りに少しだけ横着して作業林道を歩きましたが、致し方ないとはいえ、こういう形で山が変わっていくのを見るのは寂しいですなあ。

百村山(1085.2M)、黒滝山(1754.1M)

Dscn2053

いつ見ても怖い板

Dscn2055

作業林道出合、昨年よりも延伸

Dscn2056

通行止めって尾根を分断してますけど

Dscn2065

分断された尾根から取りつきます

Dscn2073

並走?

Dscn2075

青空、風も弱く、絶好の日和

Dscn2083

よっちゃん板健在。何故に傷みが少ないのか?

Dscn2085

那須野が原

Dscn2089

青空

Dscn2090

比較的新しそうな板

Dscn2092

傷みの激しいよっちゃん板

Dscn2099

積雪期には見られない?

Dscn2105

多分赤柴山方面、上海岳は見えていない?

Dscn2106

裏那須の山々

Dscn2107

那須連山

Dscn2114


Dscn2121

高すぎます

Dscn2127

下りには必須

Dscn2131

シャクナゲ登場

Dscn2133

初めて見る板

Dscn2136

黒滝山登場

Dscn2141

三角点標石には小動物のお土産

Dscn2148

河下山へは右、直進すると道迷い

Dscn2151

大長山方面と思われます

Dscn2155

笹藪の上によっちゃん板発見。藪漕ぎせずに遠くから。

Dscn2165

白笹山、南月山方面。帰りには少し雪も舞いました。

Dscn2166

元々の登山口

登り4時間50分 下り2時間50分

Photo

« 鶏頂山(リハビリ歩き)(平成30年11月24日) | トップページ | 赤薙山、丸山(平成30年12月16日) »

男鹿山塊・高原山」カテゴリの記事

コメント

脚の回復。なによりですね。

自分は『大佐飛山 新登山口』から2度しか黒滝山方面へ向かったことがないので、
麓から百村山経由で登っていくというのが長丁場に感じられました。
でも、このエリアって奥深さが感じられてよいですね。

いよいよウィンターシーズン到来ですが、
相変らずなんやかんやで自分は停滞中です。
11月になったら・・・
12月になったら・・・
なんて書いてきましたがこの調子じゃ年越しか?
運動不足続きなのでマジ、リハビリからスタートしなきゃと思ってます(汗)

まっちゃんさん お気遣いいただきありがとうございます。
脚はだいぶ良くなりました。走るとだめかもしれませんが、歩く分には問題ありません。

私も下からの黒滝山は初めてでした。サル山を過ぎると流石に山深く感じました。しばらく長い距離を歩いていなかったので登りの途中から太ももの前面の筋肉痛をきたしていましたが、だましだまし往復しました。

相変わらずお忙しそうですね。年末年始はゆっくりできるのでしょうか?1,2度歩かれればすぐに元のように歩けると思いますよ。

野球親父さん,ご無沙汰しております。
黒滝山の情報,ここ数年毎年のように,この時季の記事を参考にさせていただいているのですが,未だ黒滝山の山頂が踏めていない話で,情けない限りですヨ。
それはさておき,百村山から黒滝山を往復されるのは,初めてだったんですか。まったく気付きませんでしたヨ。
ところで,参考までにお伺いしたいのですが,去年クリスマスに新登山口から向かったこともあり,今年も同じように考えているのですが,新登山口へは,南の大巻川沿いから入った方が,良いですかネ。
実は,木の俣川沿いは何度か走っているのですが,大巻川沿いは,走ったことが無いモノですから。

瀑泉さん こちらこそご無沙汰しております。
下から黒滝山は初めてでした。遠かったですね。
クリスマスあたりですと雪がもうちょっと多くなって面白そうです。

さて林道についてですが、大巻川沿いからは行ったことがありません。いつも木の俣川沿いからでした。ただ大巻川側には下ったことがありますので、その経験から考えますと、大巻川沿いに行ったほうが距離的にも短く済みそうです。落石などの状況は不明です。日当たりが悪いので凍結にはお気をつけ頂ければと存じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒滝山(百村本田からピストン)(平成30年12月8日):

« 鶏頂山(リハビリ歩き)(平成30年11月24日) | トップページ | 赤薙山、丸山(平成30年12月16日) »

最近のトラックバック