2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

旅行・地域

2013年6月12日 (水)

山口へ(平成25年6月8日、9日)

学生時代の先輩の住まわれている山口県に行ってきた。先輩の計らいで同級生と後輩にも会うことができた。先輩の案内で色々巡ったがうまく写真に撮れているものがあまりなかった。すみません。

東北新幹線、東海道山陽新幹線を乗り継ぎ新山口へ。先輩と同級生がお出迎え。有り難い事です。同級生は九州からはるばるといっても新幹線で2時間もかからないらしい。先輩の車で移動となる。学生時代には考えられなかったことだ。積もる話を道すがら。火の山に行ってみたいとリクエストをしていたので、連れて行っていただいた。海なし県から来た者としては海が珍しい。瀬戸内海と日本海が見えるのが不思議だった。

P6080007

P6080008

(見える橋は本州と九州を結ぶ関門橋)

関門橋を渡り、関門トンネルで戻るという粋な計らい。その後は日本海を見ながら進み、1780mもあるという角島大橋を渡って角島へ。立派な燈台があった。この島は映画や天下のキムタクのドラマのロケ地でもあるようだ。

P6080014

このあとは先輩宅へ。ご馳走になった。そこで後輩と合流。夜遅くまで皆と語り合った。20数年ぶりとは思えなかったなあ。それにしてもあっという間に時間は過ぎますねえ。

翌朝はゆっくり起きて食事をしてから帰り支度。後輩はここでお別れ。また会えるでしょう。防府天満宮に寄ってから岩国の錦帯橋へ。昔何かで見た橋とちょっと違う気がした。

P6090018


P6090019

そのあとは広島まで送っていただく。途中原爆ドームを車から見た。広島駅で同級生ともども下ろしてもらい、先輩にお別れ。二日間本当にお世話になりました。このあとまた仕事があるとのこと。本当に頭が下がります。同級生とも駅でお別れ。さらに20年ではお互い生きていないかもしれないのでその前に会いましょう。

実質は1日と数時間の短い逢瀬?でもかなり濃密な時間だった。本当にありがとうございました。

最近のトラックバック