2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

男鹿山塊・高原山

2018年3月29日 (木)

西平岳(日塩道路から南西尾根を辿って)(平成30年3月25日)

昨年3月に鶏頂山に南西尾根から登った時に隣に見えた西平岳南西尾根を歩こうと思いました。たまたま、ヤマレコのshige‐ponさんの記事を拝見し参考にして歩いてみました。

西平岳(1712M)

西平岳はこの山だけを目指して登る人はあまりいないでしょう。釈迦ヶ岳へ登ったついでにとか釈迦ヶ岳、中岳と周回するとかといった歩きになると思います。今回はそんな訳で1年前からの思い通りにここだけを目指して登ってみました。(実はあわよくば中岳もと思ってはいましたけど、風が強いし雪の状態も自分には難しすぎました。)

日塩道路を鬼怒川温泉側から進み、釈迦ヶ岳林道入り口の脇のほうに停めて歩き出します。

P3250139

ゲートを越えて進むと上のほうに西平岳と思われるピークが見えました。

P3250002


P3250137

(帰りに撮影)

いったん下って橋を渡って登り返し、目指す尾根に取りつきやすい所から登ります。

P3250014

まあどこでも歩けますが、赤ペンキにつられると南寄りになってしまいます。適当に登っていくうちに雪も出てきます。道は部分的にあるようです。

P3250025

しばらく登って右手に伐採跡地のようなところがあったので行き振り返ると日光の山などが見えました。さらに登って雪が連続してくるようになり、上のほうを見るといい景色になります。西平岳の山頂部が見えていると思われますがなかなか着きません。うしろを振り返ると日光や会津方面の山が見えますが、残念ながら霞んですっきりと見えません。

P3250064

登るにつれ傾斜もきつくなり尾根も狭まってきて樹木が少し邪魔してくれます。踏み跡はあるようなないような。雪に隠れているのかもしれません。

P3250082

鹿のトレースは結構ありました。左に見える鶏頂山の高さにだいぶ近づいてきたと思う頃山頂部と思しきところに到着。

P3250091

山名板は見当たりませんでした。取りあえず少し中岳方面に行って景色を堪能。風が強いです。日光から会津の山、さらには日留賀岳、大佐飛山まで見えて大満足。

P3250102

P3250103

P3250104

P3250106

P3250107

P3250109

P3250110

戻って木を風よけに東を向いて休憩。帰りは自分のトレースを見ながら戻りました。林道に下りてから駐車地まで登り基調だったので疲れました。思い通りに歩けたので良かったです。

林道入り口P(30分)尾根取りつき(2時間50分)西平岳(1時間10分)林道(30分)P

Photo

2018年3月21日 (水)

大佐飛山(鴫内山経由ピストン)(平成30年3月18日)

4年振りに大佐飛山に行ってきました。過去3回は新登山口から大佐飛山へのピストンでしたが、今回は鴫内山経由で大佐飛山ピストンしました。長丁場で疲れましたが、雪質もよく、展望にも恵まれ、大満足の歩きでした。

今回は詳細はヤマレコに(手抜きです)。

大佐飛山(1908.4M)、鴫内山(1413.6M)

P3180019

(鴫内山への登りから)

P3180119

(剣先山頂から、以下続く)

P3180120

P3180121

P3180122

P3180123

P3180118

P3180117

P3180116

P3180115

P3180114

P3180144

(西村山への登り)

P3180164

(西村山の先から多分飯豊連峰)

P3180165

(同じく多分赤柴山)

P3180194_2

(大長山の先のいわゆる天空回廊)

P3180233

(大佐飛山)

P3180254

(大佐飛山山頂)

2018年2月28日 (水)

釈迦ヶ岳(守子ルート)(平成30年2月25日)

ここ数年、2月第4土曜日には釈迦ヶ岳の守子ルートを歩いてました。今年は別の所を考えていたのですが、天候が悪そうなので土曜日は羽黒山でお茶を濁しました。日曜日も思い描いていた所は荒天のようで、結局は恒例の釈迦ヶ岳を歩いてきました。先行者が一人いたお蔭でだいぶ楽をさせてもらいましたが、雪山登山靴は足にきました。スノーシューを持って行ったのですが、これも修行のためのグッズになっただけでした。天候が心配されましたが、山頂からの眺めは思いのほか良くて登った甲斐があったようです。

釈迦ヶ岳(1794.9M)

今年は下界では雪が沢山降りましたが、山は想像していたほどは多くはないように感じました。一番緊張したのは風だよりの先の林道の走行でした。いつもの所に停めて歩き出し、靴の重さを感じながら守子登山口へ。雪は多いってほどではないかも。

P2250002

雪が断続的に出てきますが、西平登山口への分岐を過ぎて雪が途切れなくなってからアイゼン装着。先行者が一人いるようでそのトレースを外れるとだいぶ沈み込みます。靴も重いのでトレースを拝借。ゆっくりとしか進めず登山口から2時間以上かかって前山に到着。山名板は雪の下でしょう。

P2250010

トレースを辿って進んでいき中岳が近くなってふと右に日光白根山が見えました。

P2250022

山頂に近づき、トレースのない所を進んで行ったら木の傍で深く潜ってしまいました。致し方ないです。しばらくでトレースに合流。この日はどこまでも横着しました。

P2250024

山頂の一角に出てひと安心。

P2250030_2

ここでもトレースを辿り山頂へ。

P2250032

お釈迦様は全貌を見せてくれてました。

P2250057

天気が悪いと思ってましたけど日光から会津のほうは思いの外見えました。

P2250040

P2250041

P2250043

P2250045

P2250047

P2250048

P2250052

P2250053

P2250054

那須方面は見えませんでした。久しぶりにカレーメシ。風が冷たいです。30分近く滞在したのち来た道を戻ります。下りは早いです。前山付近に血痕が少しありましたが、鹿のものだったのでしょうか?前山から下る道にはトレースがだいぶ増えてました。前山までで引き返した人がそれなりにいたのでしょうか。

そうそう先行者の方には往きの前山のずっと手前ですれ違いました。山頂付近の情報をいただきました。ありがとうございました。

登山口から山頂: 登り4時間20分 下り2時間

2018年2月 4日 (日)

ミツモチ(平成30年2月4日)

今まで雪山用の登山靴を持っていなかったので、購入しました。少し慣れないといけないので那須辺りに行こうかとも思ってましたが、諸事情がありもう少し近い所のミツモチで足慣らしをしてきました。ミツモチは思った以上に雪がありトレーニングになりました。

ミツモチ(1248.0M)

いつもは育樹祭跡地の駐車場に停めるのですが、今回はキャンプ場のほうに行こうかと右折しようとすると通行止め。いつもの所へ直進です。以前育樹祭跡地の手前で通行止めになっていましたので、そこまでしか行けないと思って車を進めましたが、育樹祭跡地まで行くことができました。駐車場は一面雪で、一角に雪が溶けている所がありそこに停めて歩き出しました。

南尾根を登ることが多いのですが、今回は展望台経由で行ってみようと右に進路を取ります。ミツモチへの道標に従い進んでいき、途中で第2展望台への板を見ましたが、トレースのない左に進みました。

P2040007

多分ちゃんとした道なのでしょうが、水平移動するだけで疲れてしまうので、適当に斜面に取りつきました。鹿の鳴き声がうるさく、鹿煩いと怒鳴りながらの登りになります。鹿のトレースを追うと糞だらけなのでなるべく近づかないようにして進みます。

P2040018

急な所をしばらく進むと通常ルート。トレースがありました。

P2040026

トレースを外れるとだいぶ潜るので横着してトレースを拝借します。ワカンを背負ってましたが、面倒なのでツボ足で行きます。登って行くとやっと那須方面が見えてきました。

P2040033

今日はあまり遠望は利かなかったようです。山頂下のベンチにも雪が積もっていましたが、先行者が一部だけ雪をどかしてくれていたようで坐るスペースがありました。山頂の展望台へのトレースはなく、取りあえず登りづらい斜面を手をつきながら進み展望台に。

P2040052

椅子にも雪があって坐るのも大変。ここで休憩しようと思いましたがすぐに退散。下のベンチで腹ごしらえ。帰りは南尾根にしましょう。試しにアイゼンを装着。装着時両足とも足の裏が攣りました。適当に下るといつもより少し左に進んだようで、登るのも面倒なので適当に下って行きました。

P2040059

途中で本来の道と出合う所でトレースを発見。ジグザグに昇り降りしているようでしたが、こちらは適当にトレースのない所を直に下って行き、だいぶ下に行ったところで前方に先行者が見えました。林道にほぼ同時に到達。聞くと山頂へは行かず途中で引き返したとのことでした。駐車地までご一緒しました。この方は車は下のほうに停めたそうです。

新しい靴はうまく足に合うようで、痛むところもありませんでした。長い距離を歩くとどうなるかは定かではありませんが。

登り 2時間20分 下り 1時間

Photo

2018年1月23日 (火)

塩谷石尊山(平成30年1月21日)

1月13日に山に行こうとしていましたが、疲れからか起きられず14日に改めて山に行くことにしました。しかし14日朝、どうも気分がすぐれず中止。家で寝てました。その後も4,5日は調子が悪かったのですが、19日ごろからやっと体調が戻り、21日は足慣らしに少し歩こうかと近場に行ってきました。塩谷石尊山は今回で3回目ですが、初めて歩いた時と似たようなルートになりました。帰ってきてから1回目の時の記録を見てみたらその時も病み上がりで足慣らしのために塩谷石尊山に行ったと書かれてました。石尊山には何か申し訳ない感じです。

石尊山(480.6M)

塩谷町の総合運動公園の駐車場に停めて歩き出します。途中で鉄塔のある左に行くべきところを右に行ってみました。ここから尾根を行けば石尊山に行けるはずですから。途中少し藪で歩きにくいことろもありましたが、そのうち笹なんかも出てきます。かつてはしっかりと整備されていたように記憶していた石祠周辺は荒れてました。

P1210014


P1210018

その先も荒れ気味。尾根伝いに進み左手からの道を合わせて山頂に。山名板はみんな撤去されてしまったのでしょうか?

P1210023

今回は西側に進みます。小さな分岐はわかりづらいですが、思ったところをどうにかキープして進みます。401Pの一つ手前のピーク付近で左手に石尊山が見えました。

P1210029

401Pには杭がありました。

P1210033

ちょっとだけ休んで北に下ります。道路に下りたち向かいの390Pに行ってみます。途中に坑口跡のようなものがありました。確か鉄塔から石尊山に向かう途中にも同じようなものがあった記憶があります。

P1210040

390Pには特に何もなし。少し北に向かって東側に下り途中でやはり石を採った跡なのでしょうか、人工的に見える空間がありました。

P1210052

舗装道路に出てあとは戻るだけ。途中で橋を渡らずどうにかなると思って進んでいきましたが、他人の敷地に入っていきそうになったので自重。戻って橋を渡り駐車地に戻りました。

病み上がりの身としてはこのくらいがちょうど良かったかもしれません。

3時間弱

Photo

2017年12月17日 (日)

百村山、三石山(平成29年12月17日)

12月17日は夕方から仕事があり、あまり遠出もできませんので、近場の百村山に行くことにしました。時間が許せばサル山辺りまでと思っていましたが、もう山はすっかり冬でいつもよりだいぶ時間がかかり三石山で戻ってきました。百村山より先ではトレースもなく疲れましたが、気分のいい歩きができました。

百村山(1085.2M)、三石山(1257M)

いつもの路肩に車を停める頃には雪が降りだし、車内で支度をして歩き出します。

Pc170001

登山口からつづら折りの道を進み、林道に出ますが、最近できた道に出ました。通行禁止になってますが、踏み跡はこちらにしかありません。山に向かう道もできてましたが、いつもの石の階段から登りました。しばらく登ると雪庇ができてました。

Pc170014

ワカンによるものかトレースがある所は歩きやすかったのですが、少し外れるとだいぶ潜ります。歩きだして2時間くらいで百村山に到達。今まで見たことないような板が追加されてました。

Pc170033

少しだけ晴れ、那須野が原が見えました。

Pc170037

まだ時間に余裕もありますので先に進みましょう。この先ではトレースはなくなり、膝まで潜る所が多々ありました。トレースのない所を歩くのは気持ちいいものですなあ。一応ピッケルは持ってきてました。アイゼンは持ってきておらず、チェーンスパイクをザックに忍ばせてましたけど結局ずっとツボ足でした。

Pc170041

平成ブナは健在というかだいぶお年を召したというか寒そうです。

Pc170053

ここから三石山までの登りがきついかなあと思っていましたが、それほどでもなく登れました。

Pc170057

時間的にサル山まではまだ1時間くらいかかりそうです。往復すると2時間弱。今日はここで引き返しましょう。風が強くて休む気分にもなれずにすぐに退散。平成ブナまでの下りは思いの外、軽快に進めました。百村山までの戻りは自分のトレースがあってもそれなりに潜ってしまい少し時間がかかりました。百村山で大休止。休憩後下りていく途中で二人組とすれ違い言葉を交わしました。こんな日に登る人もいるんですね。あとはピストンで戻りました。なかなか面白い歩きでした。

登り3時間10分、下り1時間50分

2017年11月16日 (木)

巻川林道から鴫内山、古倉山、剣先(平成29年11月12日)

昨年剣先からほんの少しだけ北に行ってみて刈り払いがされているようでしたので、どれくらい先まで刈り払いがなされているのかを見てこようと思い立ち歩いてきました。剣先(1723P)から下り、少し登り返した1700m付近までは刈り払われていましたが、その先は背丈ほどの笹薮で5分ほど進んだだけで戻りました。次回は黒滝山方面から探索してみようかと考えています。

鴫内山(1413.7M)、古倉山(1650M)、剣先(1723M)

昨年は鴫内の田舎ランドから。ここからだと剣先までだいぶ遠いので、今回は巻川林道の鴫内山登山口近くまで車で入り、少し楽をしました。少しだけ白いものが落ちてきます。

Pb120001_2

ここからは2回ほど残雪期に歩いてました。今の時期に歩くのは初めて。道は鴫内山まで整備されています。

Pb120143

登山口には四天王までのルートが書かれているのでここまでは整備されているのではと甘い期待をもって進みます。15分ほど歩くといよいよ本格的な登りになって、傾斜のきついところはロープがつけられています。登りではそれほどですが、下りで有効活用させてもらいました。しばらく登ると百村山側の尾根が見えてきて、適当にあのピークが百村山だとかサル山だとか思いながら進みます。鉄塔のほうからの道を合わせると道にうっすらと雪が残っていました。鴫内山直下は急な登りなのですが、左側に踏み跡があったので直登せずに進んでみましたら少し遠回りにはなりましたが楽に登れました。上に出ると流石に風が強くなって寒さを感じます。少し登って多分6度目の鴫内山に到達。数年前まであった山部さんの板は駆逐されてしまったようです。

Pb120032

寒暖計は零下2度でした。少しだけ休んで先に進みます。昨年は雪に動物の足跡がありましたが、今回はないようです。昨今、熊の出没などが目立つようでしたので登り始めから時々笛を吹きふき進んでいましたが、気配は感じませんでした。昨年まで古倉山の姿をはっきり目にした記憶がありませんでしたが、今回やっと見られました。

Pb120045

眺望はあまり良くないものの時折高原山などが見えます。

Pb120049

古倉山手前では遠目に筑波山らしき姿が見えましたが、写真では不鮮明でした。たぶん4度目の古倉山。ここも零下2度でした。

Pb120050

じっとしていると寒いので休まずに進みました。西からの風が冷たいです。この日は目出し帽は持ってきておらず、風に当たって顔が冷えてしまいました。タオルを頬かむりをするとだいぶ顔の冷たさは和らぎました。他の人が見たら笑ってしまうような出で立ちです。少し進むと初めて剣先を見ることができました。今回3回目ですが、今まではガスったりして見えなかったのです。

Pb120054

左手に見える山はどこだろうと考えましたが長者岳のようです。日留賀岳は見えませんでした。

Pb120056

登るにつれて晴れてきました。

Pb120061

後ろを振り返ったりして景色を見ながら登ると約1年ぶりの剣先。

Pb120062

ここから黒滝山方面を見るのも初。こんな風に見えるのですねえ。

Pb120064

ここでも少しだけ休んで先に進んでみましょう。下って登り返した少し先で刈り払いは終了。その先は笹藪です。

Pb120079

取りあえず藪入り。西側が幾分歩きやすいためそちらから進みます。5分ほど進んでちょっと藪がきつくなりました。

Pb120083

時間をかければ黒滝山まで到達できそうですが、夜にお仕事が待ってます。これを言い訳にして引き返しました。相変わらず軟弱ですなあ。剣先まで戻り小休止。古倉山へ戻る途中で日光の山々がどうにか見えました。

Pb120099

Pb120100

古倉山でやっと大休止。少し気温も上がったようです。戻っていくとだいぶ雪も溶けてきたました。。鴫内山でまた休憩。風も弱まりました。下りは整備された所を素直に下り、ロープの恩恵にあずかりながら戻りました。誰にも会いませんでした。

近いうちに百村山方面から黒滝山に登ってその先を探索してみようかとも思っていますが、雪が何回も降ってしまうと歩けなくなってしまいますね。

何かと評判のよろしくない刈り払われた道ですが、剣先まで来ると山深く来た感じがし、鴫内山から先は大きな登り下りもなく歩けるので個人的には嫌いではないルートです。

登り 3時間40分 下り 2時間20分 休憩込み

Photo

2017年11月 7日 (火)

ミツモチちょこっと黒沢(平成29年11月5日)

遠出しようかと思っていましたが、気象情報では風が強いとのこと。近場でお茶を濁すかということでミツモチに行ってきました。南尾根の局地的に紅葉がきれいなところがありました。少し物足りなかったので昨年の同時期に歩いた黒沢にちょこっと寄って紅葉を愛でてきました。

ミツモチ(1248.0M)

いつもと同じように育樹祭跡地の駐車場に停めて歩き出します。この日は南尾根は下りに歩こうと適当に歩いていくと途中で土塁のようなものを見ましたが錯覚かもしれません。少しだけ紅葉してました。

Pb050005

いつの間にか林道に合流し、いつもは林道を貫くようにある道を進むのですが、今回は林道を歩いてみました。カラマツでしょうか、もう少し先が見頃なんでしょうかね。

Pb050040

Pb050048

林道を歩くといつもは目にしないものが見えたりしてたまにはいいかもと歩きます。下のほうに車を停めた場所が見えました。今まで気が付かなかったように思います。ミツモチの展望台に到達し、そのすぐ後に3人ほどがちょうど登ってきました。

Pb050053

下のベンチには行かずに少し脇にある岩のある所で休憩。展望も冴えませんな。南尾根を下りましょう。上のほうは紅葉はおしまい。下に行くにつれ少しずつ色づく木々が目につくようになります。局地的でしたが見事な紅葉が見られました。下ってまた登り返したり、太陽が雲から出てくるのを待ったりして過ごしました。

Pb050087

Pb050092

Pb050104

Pb050119

Pb050120

Pb050139

Pb050147

それなりに満足し車に戻りました。まだ11時前なので昨年歩いた黒沢に行ってみましょう。釈迦ヶ岳への守子ルートを歩く時に車をよく停める場所から黒沢に進みます。紅葉を求めて右左。少し斜面を登ったりして。結局左岸から守子ルートの道に出たのですが、そこから下っても大した景色は見られないと思われましたので、また斜面を下って黒沢に戻って下流に進み車に戻りました。この辺りはたぶん人があまり入らないのではないかと思われますので、なかなかにほくそ笑んでしまう場所ではあります。ヤマビルはいなかったようです。

Pb050160

Pb050164

Pb050168

Pb050176

Pb050181

Pb050187

Pb050200

Pb050211

Pb050214

Pb050220

Pb050223

Pb050235

Pb050244

Pb050254

Pb050260

3時間と1時間20分とでした。

2017年9月20日 (水)

大間々から釈迦ヶ岳(平成29年9月18日)

台風が去ってどうにか山に行ける状況になりそうでしたので、近場に足慣らしに行ってみようかと思いました。風がかなり強そうな予報でしたので、強風でもそれほど影響を受けないであろう釈迦ヶ岳に大間々から行くことにしました。最近何となく歩いたことがあったような気がしたので、調べてみたら昨年夏に歩いていました。釈迦ヶ岳は今年もう3回目です。
 
釈迦ヶ岳(1795.0M)
大間々の駐車場は3台止まっていました。山道も雨の後でぬかるんだり、水が流れていたり。稜線に出ると今日のお目当ての一つである富士山が見えました。山頂でまたみられるかと思いましたが、雲が多くなり目にすることはできませんでした。
 
P9180028_2
風は予想していたよりは強くなかったもののかなり冷たく感じ半袖では寒いくらいでした。春に大入道に行った時にも風が冷たかったのを思い出し、学習能力のないことを改めて認識しました。笹の少し生い茂ったところがあったり、既に紅葉し始めている木などもありました。
 
P9180062
 
P9180027
 
P9180065
 
P9180119
 
P9180126
 
P9180140
 
山頂からの眺めは150度くらいでしょうか。
 
P9180093
 
P9180105
 
P9180098
 
日光の山は辛うじて。
 
P9180096_2
 
北のほうの山はある高さ以上は雲がかかってしまってました。
休み終わって戻ろうとするあたりから雲行きが怪しくなって一時的に小雨が降りました。帰りは見晴コースを下ったのですが、途中から左のほうに適当に進んでいくと初めて目にするような静寂な場所がありました。
 
P9180150
 
さらに適当に進んでいくと道らしきところに出て、変なところに道があるなあと思っていたら、何のことはない林間コースに出てしまっていたのでした。5分ほどで大間々の駐車場に着きました。
 
往路2時間半 復路2時間

2017年8月20日 (日)

須巻富士、新湯富士(平成29年8月16日)

お盆休みの最後の16日もあまり天気は良くなさそうです。遠出して天気が悪いと落胆度も大きいので、近くの山をちょこっと歩いてきました。

須巻冨士(710M)、新湯富士(1180M)

15年前の夏に塩原温泉ビジターセンターから大沼まで歩いていますが、その殆どは記憶に残っていません。今回は新湯富士まで行ってみようかということで歩いてみました。

ビジターセンターに車を停め歩き出します。道標に従い富士山園地を目指します。舗装道路を登って行くと道標がありそれに従って進みました。幟が沢山ありました。

P8160004

少し登ると富士山園地の文字。

P8160009

さらに階段を登って須巻冨士の山頂に到達。

P8160014

(見づらくてすみません)

ここから塩原自然研究路を大沼まで歩きました。大きな登りもなく植林地を進み、水場のようなところや滑りやすい橋などもありました。

P8160031

P8160033

P8160036

大沼近くになると石畳の道。

P8160042

前方に先行者がお二人。今日歩く人がいるとは思いませんでした。大沼の東端に到達。

P8160045

P8160052

西側に進んであづまやで腹ごしらえ。

P8160059

何となく疲れてますが、新湯富士まで行きましょう。西に進むと立派な板がありました。

P8160074

ここから新湯富士に登ります。こちらからは初めてです。新湯側からは2回。黙々と登って山名板の所まで進みました。

P8160068

東に三角点があるはずですが、以前に訪問済み。天候も雰囲気もよろしくないのですぐに引き返しました。またさっきのあづまやで小休止。大人しく来た道を戻るつもりでしたが、大沼東端から少し下りた道標の所で左側に踏み跡があったのでそちらに進んでみました。

P8160084

明瞭は道です。しばらく続きます。

P8160087

何となく違う方向に行っていると思い、GPSで確認すると西に進んでました。道を無視して東に進路変更。そのうち左側に建造物や柵が現れ、近づかないように並行して進みます。藪はまったくなく、所々に樹木のない場所がありました。

P8160090

自然研究路の北側の破線路を辿る形で進んでいくと、880m付近からは急降下。振り返ると結構岩が見えました。水槽の所で自然研究路と合流。往路では見逃した三角点も西側からは多少分かりやすいようで、難なく発見。

P8160098

帰りは須巻冨士には寄らずに小太郎ヶ淵側へ下りました。滑りやすい舗装道路に出て、右側の草のある方に移動したら木に滑り転倒。道を歩けばよかったようです。

P8160102

小太郎ヶ淵で前回は草団子を食べたような記憶がありますが、今回はちょっと太ったような気がしてパス。

P8160105

道路を歩いて戻ろうと思いましたが登りになりそうなため、カーブするところで道をはずれ適当に下りていくと、鹿の警戒音がうるさく聞こえました。そのせいではないと思いますが、ここでも滑って右手を強打。慎重さに欠けるようです。かつての道らしきところを少し歩いて下って行くと毘沙門橋の所に出ました。その後は滑らないように歩道を戻りました。

塩原温泉ビジターセンター(35分)須巻冨士(1時間10分)大沼東端(20分)あづまや(35分)新湯富士(30分)あづまや(10分)大沼東端(1時間10分)小太郎ヶ淵(20分)塩原温泉ビジターセンター

より以前の記事一覧

最近のトラックバック