2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

茨城の山

2012年12月31日 (月)

奥久慈男体山(平成24年12月30日)

天気は良くない予想だが、30日が一番都合がいいので、行けそうな所を物色。茨城あたりなら午前中は天気が持ちそうだ。それほど遠くもない所として奥久慈男体山にした。色々なルートがあるようだが、天気も勘案して多分もっともポピュラーなコースにした。歩きだし数分と車に帰着前の数分雨に降られただけで何とか歩けた。

奥久慈男体山(653.8M)

西金駅の先から左折しどんどん狭くなる道を進んで古分屋敷集落に入る。直進して一番奥に駐車場があるものと思って行ってみるが、進入禁止マーク。バックで下るには危険すぎるのですぐそばの民家の庭に車の頭を突っ込んで方向転換した。すみませんでした。少し下がると駐車スペースあり。古分屋敷駐車場らしい。ここに停めた。ここまで大きいほうを我慢していたが対面にトイレを発見。さてとトイレに行って戸を閉めてしゃがもうとしたが真っ暗で何も見えない。仕方なしに車に戻ってヘッドランプを探すのも面倒なので、取り出しやすい懐中電灯を持ち出して、トイレで点灯しながら用を足した。

Dsc09415

案内図を見るがよく分からない。とりあえず少し戻ってみると男体山への案内がありそれに従って進む。広い舗装道路に出ると明るそうなきれいなトイレがあってそこには駐車場完備。(逆ですね。駐車場があってトイレ完備です。)これならここまで我慢しても良かったかもしれないが、我慢にもほどがありますので結果論にしかすぎません。(文法的にもいかがなものかというのが多いですが、お気になさらないように。)

案内に従いさらに大円地山荘脇を進んで健脚コースと一般コースの分岐に到達。この時点では雨は降ってはいないが、ついさっきまで降っていたので岩は濡れているだろうが、健脚コースに行ってみた。鎖場は何か所もあり、最初は鎖に頼らないでおこうと思っていたが、岩が濡れていて滑るのでどうしても頼ってしまう。仕方ない。途中で後ろを振り返ると雲海になっていた。

Dsc09427

稜線に出ると風が強い。思ったほどは寒くはない。鎖場は滑りやすい。

Dsc09430

また後ろを振り返ると雲が多くなって島が海の中に沈みそうだ。

Dsc09431

どうにかあずまやのある場所に到達。すっかり周囲は雲の中だ。方向を東にかえて登ると山頂。もう何も見えない状態。

Dsc09435_2

休むような状況にないので大円地越経由で下山。大円地越という名称からすると南の大円地側と北の集落との交流の道がかなり昔からあったのだろうか。道はしっかりして歩きやすい。大円地に戻ってさらに駐車地まで戻る登りがつらいかなと思ったが、そうでもなかった。あまり歩いていないからなあ。坂を登っている途中で雨が少し強くなりだした。いい時間帯に歩けたようだ。

古分屋敷P(15分)コース分岐(65分)男体山山頂(25分)大円地越(35分)P

Photo

最近のトラックバック